逆日歩とは何ですか?

更新日 2017年12月22日

このページの概要

「逆日歩とは?」のイメージ画像

詳しく解説

逆日歩(ぎゃくひふ・ぎゃくひぶ)とは, ”証券取引所のルールに従っている制度信用取引の売りにおいて発生するコスト” のことです。 制度信用取引では 株式を所有していなくても売ることが可能であり, 株価の下落局面でも収益チャンスを得られます。

通常は 証券会社から株式を借りるのですが, 株式が不足した場合は調達コストも負担しなければいけません。 その上乗せされる調達コストが逆日歩であり, 制度信用取引の売り手にとっては投資判断を左右するほどの存在です。

この 逆日歩 の 発生と金額 は その銘柄の売買のバランスによって翌営業日に決定されます。 売り建てが多すぎる銘柄については高額の逆日歩が発生する恐れがあるので, 予め投資情報を確認しておくべきです。 逆日歩は 「1株につき1日いくら」 と設定されるため, 売り建てを持ち越しする場合は注意しましょう。

証券会社との間で行う 一般信用取引であれば ”逆日歩が発生しない” ので安心です。 一般信用取引を扱っている証券会社としては, 魅力的な信用取引の提供に取り組んできた 松井証券 と, 豊富な銘柄を対象としている カブドットコム証券 を挙げられます。

逆日歩がなくなるだけで, 売り建ての持ち越しリスクを大きく抑えられます。 信用取引を検討しているのならば, この2社への口座開設から始めてみましょう。