貸株サービスって何のことですか?

更新日 2017年10月6日

このページの概要

詳しく解説

貸株サービスとは, 株式を他人に貸し出すことで ”金利収入を得られるサービス” のことです。 貸し出した日数に応じた金利を得られるとあって, 長期保有をしている投資家に人気があります。 証券会社に対して貸し出すだけなので, 実際に株式を借りる方と交渉する必要はありません。

この貸株サービスを利用していても, 原則的にいつでも売却できます。 株式そのものを貸し出すのですが, あくまで最終的な決定権は所有者本人にあるのです。証券会社が責任を持って仲介しているので, 安心して株式を貸し出せます。

とても便利なサービスなのですが, 株式を貸し出している間はリスクがあります。 貸株サービスを提供している証券会社の管理となる関係上, 万が一倒産してしまったら 株式の時価相当額の返還を求めるしかできないのです。 最終的に貸し出された相手方と契約を結んでいるわけではないので, 仲介した証券会社に対してのみ 請求できます。

どのような内容であるのかは, 証券会社が提示する 「株式の貸借取引契約書」 に記載されています。 ノーリスクで金利収入を得られるわけではないので, よく理解してから始めましょう。 本来ならば証券会社が倒産しても守られるのですが, 貸株サービスによって 一時的に貸し出された株式は少し扱いが異なります。

情報展開のご協力をお願いします!

記事が役に立つと思ったらシェアして下さい

「貸株サービス」の関連リンク