IPOって何ですか?

更新日 2019年10月7日

このページの概要

「IPOとは?」のイメージ画像

詳しく解説

IPOとは「Initial Public Offering」の略称であり, ベンチャー企業などが取引所に新規上場する際に発行されます。 新規公開株とも呼ばれ, これから成長していく企業の株式が証券会社を通じて 個人投資家でも簡単な手続きで購入を申し込めるため, 多くの投資家が応募する人気サービスです。

人気の理由は, IPO株のほとんどの銘柄が上場後に値上がりするため, 利益が出やすい という点です。

例えば, 2018年4月に上場したHEROZという会社の銘柄は 発行価格が4,500円でしたが, 上場後の初値は49,000円もの値がつきました。
IPOでは, 基本的には購入単位は100株単位となるので, 購入価格4,500円×100株=450,000円分の購入株が, 上場後には初値49,000円×100株=4,900,000円。これを上場後に売却すると, なんと445万円もの利益が発生したという結果になりました。

ここまで上がるIPO株はなかなかありませんが, 値上がりしやすいというのがIPOの最大の魅力です。
もちろん, 中には値下がりする銘柄もありますので, IPO株は必ず利益がでる というわけではないので注意が必要です。

過去の実績については、ネット証券取扱実績No.1のSBI証券のIPO実績をご覧ください。

そして, IPOの注意点は, 抽選によってしか買えないという点です。事前の申し込み・抽選を経て, 当選者のみが購入できる権利を得れます。抽選方法は, 証券会社によって異なり, 公平なところもあれば 過去の取引実績によって有利になる口座もあります。
※参考:ネット証券のIPO当選ルール比較

また, 各証券によってIPO銘柄の取扱も異なります。IPOを狙うのであれば, 複数の口座から応募するのがおすすめです。

どのようなIPOが出てくるのかは 証券会社のホームページ上に掲載されています。 各銘柄にはそれぞれ申込期限が設定されているので, 自分の希望するIPOを入手できるように計画的に行動・狙った口座からの応募をしましょう。
ネット証券のIPO取扱・抽選ルールを比較&ランキング