るいとう(株式累積投資)で オススメのネット証券を教えてください

更新日 2019年12月9日

るいとう (株式累積投資) とは?

このページの概要

「るいとう(株式累積投資)で おすすめのネット証券」のイメージ画像

詳しく解説

るいとう(株式累積投資)とは, 特定の株式銘柄を毎月「一定額」購入する長期投資向きの投資手法です。また比較的 少額から気軽に始められるため, 特に初心者にオススメしたい方法です。

積立預金の株式版と理解してもらえればわかりやすいと思います。

るいとう(累投)のメリット

1. 預金積立の感覚で株式投資を始められる

るいとう(株式累積投資)は銀行積立など, 他の積立と同じ感覚で株式投資ができます。

少数の銘柄を最初に選ぶだけで後は毎月決まった金額分だけ株式を購入するだけのため, 株式投資の初心者でも入りやすいメリットがあります。

2. ”自然”と「ドル・コスト平均法」になる

ドル・コスト平均法とは『価格が変動する商品を毎月一定額購入することで ”価格が高いときに購入数が少なく” ”価格が安いときに購入数が多く” なる投資手法』です。

長期的に見ると有利な価格で商品を持つことができる非常に効果的な投資手法ですが, るいとう (株式累積投資)は毎月一定額の銘柄を購入する投資方法のため, 自然にドル・コスト平均法になると言うことです。

『株式るいとう』の注意点

るいとう のメリットをこれまで解説していきましたが, るいとうには注意点もあります。
それは「購入銘柄と積立額」

積立預金の感覚で株式投資ができると言っても 人気の銘柄は毎月2,3万円で購入することはできません。 例えば2016年3月時点の株価で見ると トヨタ自動車(7203)では約60万, ソフトバンクグループ(9984)では約55万が必要です。

さすがに この金額では「気軽に積立」とはいきませんね?
….ご安心ください。

先ほどお話しした金額は単元株での購入方法。 ネット証券の中には 単元未満でも株を買える「ミニ株サービス」を実施している業者があるため, そこを利用すれば数千円~数万円でも積み立てが可能です。

証券会社比較.tokyoで紹介しているネット証券の中では、SBI証券 , カブドットコム証券 , マネックス証券 , SBIネオモバイル証券がミニ株サービスを行っています。
※単元株やミニ株サービスについては『 ネット証券のミニ株サービス比較 』をご覧ください。

るいとう(累投)ができるおすすめのネット証券

auカブコム証券(旧カブドットコム証券)のプチ株

『ミニ株サービス+るいとう』で筆者がオススメするネット証券は auカブコム証券のプチ株。 このサービスを利用すると銀行の定期積立と同じく, 指定銘柄を引き落としで自動購入してくれるため とても便利です!

更に、プチ株での積立だと買付手数料が0円になるサービス(2019年12月16日約定分より)もあるので、お得に積立ができる点も便利です。

ネオモバ(SBIネオモバイル証券)のS株

また、2019年4月にサービスを開始したネオモバ(SBIネオモバイル証券)S株もおすすめです。
ネオモバ口座の保有で利用できるスマホアプリ「ネオモバ株アプリ」では、注文日と金額をあらかじめ指定することで、自動で株式の発注が可能となっています。

注文は100円から可能で、通常の取引と同じくTポイントも利用可能です。ネオモバもミニ株とは相性がよい、おすすめのネット証券だと思います。

「ミニ株(単元未満株)」の関連リンク

「証券会社(ネット証券)」の関連リンク

SBI証券の特集ページ一覧

楽天証券の特集ページ一覧

auカブコム証券の特集ページ一覧

GMOクリック証券の特集ページ一覧

DMM株の特集ページ一覧

マネックス証券の特集ページ一覧

松井証券の特集ページ一覧

livestar証券の特集ページ一覧

岡三オンライン証券の特集ページ一覧

ネオモバ(SBIネオモバイル証券)の特集ページ一覧

LINE証券の特集ページ一覧