信用取引とはどんなものですか?

更新日 2017年4月24日

このページの概要

「信用取引とは?」のイメージ画像

詳しく解説

信用取引とは ”証券会社から必要な資金や株式を借りて取引すること” です。 本来ならば 自分が預けた資金によって株式を購入するのですが, 証券会社から借入をすることでより大きな金額の取引が可能になります。

信用取引の買い建てにおいては 借入金の金利が費用としてかかってくるので注意しましょう。 買い建てを全て売却した時点で, 口座の資金から損益分が調整されます。

証券会社から株式を借りてくれば, 株式を保有していない状態でも売れます。 売り建てにおいては 貸株料 を支払うのですが, 証券会社が株式を調達しにくくなったら 逆日歩 が発生する仕組みです。 ただし 証券会社から直接株式を借りる一般信用取引であれば, 逆日歩の発生を防げます。
【逆日歩の関連リンク】
逆日歩とは何ですか?

諸費用がかかってくる以上, 早めにポジションを決済する方がリスクを抑えられます。 松井証券 では, デイトレードの為の 「一日信用取引」 があり, 低コストでの信用取引を行えます。 これに加えて 長期間の保有をしたい方に対しては 「無期限信用取引」 という信用取引によって応えているのです。

初心者へ丁寧な説明をしている カブドットコム証券 ならば, 信用取引について一から学べます。 一般信用取引で売り建てができる銘柄数は, 約2,300銘柄という業界トップクラスの水準です。 自動売買ができる取引環境なので, 信用取引を積極的に行っているサラリーマンも見られます。