取引ツールは証券会社ごとに何が違うのでしょうか?

更新日 2017年12月22日

このページの概要

「ネット証券会社の取引ツールの差別化ポイント」のイメージ画像

詳しく解説

取引ツールは, ”ネット証券における顔” ともいえる存在です。

オンライン取引が中心になった株式投資では 使いやすい取引ツールがあるか, 否かで大きな差がついてしまいます。 そのため 各社とも独自開発した取引ツールを 口座開設者に提供しているのです。

株式投資の取引ツールについては 各社とも投資家が使いやすいシステムになるように日々改善を繰り返しています。 チャートだけではなく, リアルタイムの投資情報なども一画面で確認できるのが特徴です。 自分の好みに応じてカスタマイズできるから 使いながら調整してみましょう。 パソコン版とスマートフォン版の両方を提供している ネット証券が多く, 外出先でも 株価 のチェックができます。

株式を長期保有するスイングトレードの場合は, どの取引ツールでも大きな差はありません。 なぜなら 瞬間的な株式売買をするわけではなく, 投資情報の確認だけが求められるからです。 長期投資の方は 取引ツールよりも 「貸株サービス」 のような保有銘柄を有効活用できるサービスの方が良いと思います。

逆に 少しの値動きによって利益を狙うデイトレードでは, 1秒の遅れが機会損失につながってしまいます。 スピード注文機能を始め, 株価ボードやチャートから直接注文ができる ライブスター証券 や 豊富な投資情報を一度に確認できる SBI証券 などの証券会社に口座開設をしておきましょう。

注文速度が早い, 約定力が高い, などウワサの カブドットコム証券 や マニア一押しの 「岡三ネットトレーダーシリーズ」 を有する 岡三オンライン証券 などもオススメです。

情報展開のご協力をお願いします!

記事が役に立つと思ったらシェアして下さい

「株の取引アプリ・トレーディングツール」について関連リンク

「業者のサービス比較&ランキング」の関連リンク