米国株・中国株など海外株を購入できるネット証券

更新日 2020年9月17日

★2020年9月版★

米国株などの外国株比較のトップ画像

外国株には、デメリットやリスクも少なからず存在しますが、日本株に比べ配当が高い・世界的な大企業に投資ができる などといったメリットがあります。

リスク分散の観点においても資産を国内だけに集中するよりも様々な国に投資をしてみましょう。

このページでは米国株(アメリカ株)・中国株を中心とした 世界各国の外国株の取扱がある証券会社を比較・ランキング してみたいと思います。

海外株(米国株・中国株)がおすすめの口座ランキング

RANKING

比較一覧はこちら

米国・中国などの外国株は、一部の証券でしか取扱がありません。比較の前に、まずは 証券会社比較.tokyo で 紹介しているネット証券の中で、 オススメの外国株取扱の口座をランキングで紹介します。取扱数・手数料の他、アプリなどでの管理のしやすさを基にランキングしています!

【2020年9月】外国株(米国株・中国株) おすすめ口座 ランキング

取扱銘柄最多!

評価ポイント

外国株式の取扱数が、圧倒的最多!

米国株はもちろん、中国株の取扱も豊富!注文方法も多く、米国株専用アプリなど、さすが「米国株ならマネックス証券」と言われるほどの充実内容。

<マネックス証券の外国株データ>
外国株式合計
6,332銘柄
米国株式 中国株式
3,810銘柄 2,522銘柄
売買手数料 上限手数料 最低手数料
0.495% 22ドル 0ドル
マネックス証券の外国株

40代男性のクチコミ (一部抜粋)

『外国株』が充実している為, 米国株, 中国株 などを一括管理したい場合, 便利だと思います。

今すぐ口座開設
マネックス証券:詳細
  • ネット証券会社 の 米国株・外国株 比較ランキング 第2位
  • DMM株
  • 口座開設で手数料1ヶ月無料+抽選で2,000円キャッシュバック

WEBツール&アプリが◎

評価ポイント

1つのアプリで取引!

取扱銘柄数は多くはないものの、1つのアプリで国内・米国株が取引できる点がグッド!更に手数料が完全無料なのも さすがDMM株といったサービスです。

<DMM株の外国株データ>
外国株式合計
1,046銘柄
米国株式 中国株式
1,046銘柄
売買手数料 上限手数料 最低手数料
無料 0円 0円
DMM株の米国株

40代男性のクチコミ (一部抜粋)

手数料が安いですね。また、米国株が0円というのも魅力ですね。少し米国株に興味が湧きました。

40代男性のクチコミ (一部抜粋)

あまり関心がなかった米国株が一つのツール(スマホアプリも)で取引が出来るので、少しづつ興味が湧いてきて、今では昼は国内株、夜は米国株の取引を楽しんでいます。

今すぐ口座開設
DMM株:詳細
  • ネット証券会社 の 米国株・外国株 比較ランキング 第3位
  • SBI証券
  • 口座開設でTポイント100Pプレゼント

海外株の種類が豊富

評価ポイント

韓国株なども取扱あり

米国・中国以外にも、韓国・ロシア・ベトナム・シンガポールなどといった外国株の取扱が豊富!ネット証券では唯一の韓国株に投資できるのが人気の一つ。外国株でも さすが総合力No.1証券のサービスですね。

<SBI証券の外国株データ>
外国株式合計
5,626銘柄
米国株式 中国株式
3,596銘柄 1,393銘柄
売買手数料 上限手数料 最低手数料
0.495% 22ドル 0ドル
SBI証券の外国・米国株
今すぐ口座開設
SBI証券:詳細

ネット証券会社の外国株(米国株・中国株)を比較

COMPARISON

当サイトで調査している大手ネット証券10社のうち、現在米国株を中心とした外国株を取扱っている業者はSBI証券マネックス証券DMM株楽天証券の4社がありましたので各データを比較してみました。

証券会社名 外国株式合計 米国株 中国株 NISAでの買付 スマホ
アプリ
銘柄数 手数料 銘柄数 手数料

SBI証券

5,626銘柄 3,596銘柄 約定金額の0.495%
(最低0米ドル~最高22米ドル)
1,393銘柄 約定代金の0.286%
(最低51.7香港ドル~最高517香港ドル)
×

楽天証券

4,642銘柄 3,453銘柄 約定金額の0.495%
(最低0米ドル~最高22米ドル)
931銘柄 約定代金の0.55%
(最低550円~上限5,500円)

マネックス証券

6,332銘柄 3,810銘柄 約定金額の0.495%
(最低0米ドル~最高22米ドル)
2,522銘柄 約定代金の0.275%
(最低49.5香港ドル~上限495香港ドル)

DMM株

1,046銘柄 1,046銘柄 0円

※調査日:2020年9月3日

外国株(米国株・中国株)比較_SBI証券

ネット証券ランキングNo1のSBI証券は海外株式でも強さを発揮しています。韓国株など、取扱国数がネット証券で一番多く 銘柄数も多い点は高評価です。

SBI証券:外国株の取扱一覧
会社名 外国別の取扱株式数
「SBI証券」の会社ロゴ

SBI証券

外国株式
合計
中国株式 ロシア株式 インドネシア株式 タイ株式
5,626銘柄 1,393銘柄 30銘柄 73銘柄 76銘柄
米国株式 韓国株式 ベトナム株式 シンガポール株式 マレーシア株式
3,590銘柄 65銘柄 311銘柄 44銘柄 44銘柄
米国株の内訳 米国株の手数料
ニューヨーク株式市場 ETF・
REIT
約定金額の0.495%
(最低0米ドル~最高22ドル)
1448銘柄 286銘柄
NASDAQ ADR
1918銘柄 167銘柄
中国株の内訳 中国株の手数料
香港証券取引所 ETF・
REIT
約定代金の0.286%
(最低51.7香港ドル~最高517香港ドル)
1,393銘柄 30銘柄
スマートフォンでの外国株の取引
×
※SBIスマートフォンサイト・スマホアプリ「SBI証券 株アプリ」は外国株取引非対応

外国株(米国株・中国株)比較_楽天証券

米国株の取扱数も増えてきた楽天証券では、スマホアプリ「iSPEED」に米国株取引機能を追加!銘柄情報の閲覧はもちろん、注文から管理までが可能になります。

DMM株に続き、日本株と同じアプリで管理できるようになる点は楽天証券で米国株取引を行うメリットだと思います。

楽天証券:外国株の取扱一覧
会社名 外国別の取扱株式数
「楽天証券」の会社ロゴ

楽天証券

外国株式
合計
中国株式 ロシア株式 インドネシア株式 タイ株式
4,642銘柄 931銘柄 72銘柄 73銘柄
米国株式 韓国株式 ベトナム株式 シンガポール株式 マレーシア株式
3,453銘柄 70銘柄 43銘柄
米国株の内訳 米国株の手数料
ニューヨーク株式市場 ETF・
REIT
約定金額の0.495%
(最低0米ドル~最高22ドル)
1,667銘柄 310銘柄
NASDAQ ADR
1,786銘柄 212銘柄
中国株の内訳 中国株の手数料
香港証券取引所/上海証券取引所(A株市場) ETF・
REIT
約定代金の0.55%
(最低550円~上限5,500円)
696銘柄/235銘柄 30銘柄
スマートフォンでの外国株の取引

※スマホアプリ「iSPEED」で外国株取引対応

外国株(米国株・中国株)比較_マネックス証券

マネックス証券と言えば米国株・中国株の取扱数がNo1のネット証券です。手数料も安く米国株・中国株を取扱にはGoodな証券会社ですよ!
参考: 米国株は約3,500銘柄!|マネックス証券の外国株取引口座

MONEX:外国株の取扱一覧
会社名 外国別の取扱株式数
「マネックス証券」の会社ロゴ

Monex証券

外国株式
合計
中国株式 ロシア株式 インドネシア株式 タイ株式
6,332銘柄 2,522銘柄
米国株式 韓国株式 ベトナム株式 シンガポール株式 マレーシア株式
3,810銘柄
米国株の内訳 米国株の手数料
ニューヨーク株式市場 ETF・
REIT
約定金額の0.495%
(最低0米ドル~最高22ドル)
1,740銘柄 303銘柄
NASDAQ ADR
2,063銘柄 176銘柄
中国株の内訳 中国株の手数料
香港証券取引所 ETF・
REIT
約定代金の0.275%
(最低49.5香港ドル~上限495香港ドル)
2,522銘柄 29銘柄
スマートフォンでの外国株の取引

スマホサイトにて米国株・中国株ともに対応。米国株は専用アプリ「トレードステーション米国株スマートフォン」もあり。

外国株(米国株)比較_DMM株

米国株のみですが、DMM株も海外株に力をいれだしてる証券の一つです。DMM株の米国株メリットとしては、国内株式と同じ一つのアプリで取引が可能という点です。更に2019年12月9日(現地約定分)より、米国株取引の手数料が完全無料となりました!DMM株での米国株メリット大です。

DMM株:外国株の取扱一覧
会社名 外国別の取扱株式数
「DMM」の会社ロゴ

DMM株

外国株式
合計
中国株式 ロシア株式 インドネシア株式 タイ株式
1,046銘柄
米国株式 韓国株式 ベトナム株式 シンガポール株式 マレーシア株式
1,046銘柄
米国株の内訳 米国株の手数料
ニューヨーク株式市場/NASDAQ ETF・
REIT
0円
844銘柄 88銘柄
ADR
114銘柄
スマートフォンでの外国株の取引

スマホアプリ「DMM株」にて取引可能

初心者でもすぐわかる!「海外株」に関するQ&A

米国株のメリット・デメリットを教えて下さい

米国株のメリット・デメリットは以下が挙げられると思います。

米国株のメリット

米国株のデメリット

米国の投資家は PER(株価収益率)PBR(株価純資産倍率)などより ROE(自己資本利益率)や配当性向などを重要視する傾向にあるため、米国株は日本株に比べて株主配当などで有利と言うメリットがあります。 ※ただし外国株には株主優待の制度はありません。
その反面、株式配当などの企業利益の放出で、結果的に企業成長が阻害される、という場合もあります。

※参考:米国株投資の魅力とリスクを分析

海外株・米国株の買い方を教えてください

各ネット証券の総合証券口座開設後、外国株式取引口座の開設が必要です。開設後、日本株と同じような流れで買付・取引が可能です。

決済については、事前の為替取引不要で日本円で決済する「円貨決済」と、自分で為替取引を行って現地通貨を準備して決済する「外貨決済」があります。

NISA(ニーサ)で米国株は買えますか?

SBI証券 , マネックス証券 , 楽天証券 で可能です。

NISAでの米国株投資は 非課税面や長期保有・配当などでの相性も良く おすすめの投資手段です。
また、マネックス証券ではNISA口座の米国株買付手数料無料(キャッシュバック)というメリットもあります。

NISAと米国株についてはNISAで米国株投資を始めよう!3つのメリットを解説!をご覧ください。

東南アジアの株式に投資したいです

ASEAN地域の株式に投資するならSBI証券・楽天証券の外国株が良いかと思います。

SBI証券なら米国中国韓国ロシアベトナムインドネシアシンガポールタイマレーシアの計9カ国、楽天証券なら米国中国シンガポールタイマレーシアインドネシアの計6カ国で外国株の取引が可能です。

米国の株式市場にはどんな種類があるのですか?

米国株には主にニューヨーク証券取引所(NYSE)とナスダック(NASDAQ)の2つの市場があります。

その中で個別株・ETF・ADRが取引されています。
ちなみにADRは「米国預託証券」と呼ばれるもので、メイン国の株式市場に上場しながら米国市場にも上場するもので、日本でもトヨタ自動車などがADRに該当します。

米株用のツールでオススメを教えてください

最近米国株の取扱を始めたDMM株では国内株と同じWebツール「DMM株PRO/DMM株PRO+(プロプラス)」と「スマホアプリDMM株」を使って、1つのツールで取引ができます。国内株・米国株と同じツールで取引できるのは、気軽に使えて便利だと思います。

また、楽天証券のスマホアプリiSPPEDも、2020年3月28日から米国株取引機能の追加を予定しています。

外国株のおすすめサービスはありますか?

SBI証券の外国株口座には「米国貸株サービス」があります。国内の貸株サービスのように株式を貸し付けることで金利を受け取れるサービスです。

マネックス証券なら日本での夜間PTS取引に該当する「米国アフターマーケット」で取引ができるため、トレードのチャンスが広がると思います。

DMM株では2019年12月9日(現地約定分)より、米国株取引の手数料が完全無料になりました。手数料を安く抑えたいという方にはおすすめの証券です。

この記事を書いた人

証券会社比較.tokyoの著者

瓜生 勝(うりう まさる)

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
みんなの株式 ネット証券比較プロデューサー
みんなの株式,Yahooファイナンス,株探,株マップ,IFISの比較コンテンツ作成。その他 JPX,TFX,インヴァスト証券,マネックス証券,岡三オンライン証券などの特集記事作成も経験。

情報比較
IPO比較へ →