主な投資スタイルを知っておこう

更新日 2017年12月22日

このページの概要

「主な投資スタイルを理解しよう!」のイメージ画像

詳しく解説

個人の投資運用は 取引ルールの範囲内であれば自由に行えます。 そのため ”自分自身がどういった方針で投資運用を行っていくのか” を決めなければいけません。

自分の投資スタイルを確立させることが, 投資運用の初心者にとって第一に行うべきことなのです。 自分に合った投資スタイルを身につければ 自信を持って投資運用を進められます。

投資運用に割り当てた資金は 証券会社を通して様々な金融商品に変わります。 その金融商品は需要と供給のバランスによって値段が決まり, うまくいけば反対売買によって利益確定をできるのです。

しかし 金融商品として保有している間は 銀行の口座に戻すことはできません。 せっかく含み益が伸びているのに, 自分の資金繰りのせいですぐ手仕舞いするのはもったいない話です。

金額だけではなくどれだけの期間にするのか, が投資運用における重要なポイントとなっています。

初心者に理解しやすいシンプルな投資法「長期投資」

長期投資とは

初心者でも理解しやすい投資スタイルが, 1年単位で考える長期投資です。 投資運用では年間損益によって成否を判断するのが一般的であり, 時間をかけて取引を行う投資家も多くいます。

配当 と 株主優待 をもらいながら 長期間保有することが基本で, 期待できる値上がり幅などによって銘柄選定をします。 複数の株式を保有して 1年以上かけてじっくり値上がりを待つ投資スタイル は一番シンプルです。

長期投資におすすめの証券会社

貸株サービスがある マネックス証券 に口座開設をすれば 保有している株式を貸し出して 貸株料 を受け取る選択ができます。
※参考: ネット証券の貸株サービス比較

なお 長期保有に向いている証券会社としては, 「顧客中心主義」という経営理念を掲げている 松井証券 もあります。

資金効率重視の方は「短期投資」

短期投資とオススメの証券会社

長期投資は時間がかかるので, その間は資金を動かすことができません。 もっと資金を有効に使いたい方は, ポジション発生から 1日程度で株式売買を完結させる 短期投資 を検討してみましょう。

信用取引を多用するので, できるだけ手数料がかからない証券会社を選ぶ必要があります。

短期投資において人気があるのは IPOも扱っている SBI証券 と, 信頼性の高い取引ツールを使用できる GMOクリック証券 です。

長期投資 と 短期投資 のどちらを選ぶのかによって 株式投資は大きく変わります。

非課税となるNISA口座の決定もあるので, まず自分の投資スタイルを ゆっくり考えてみましょう。

オンライン取引のおかげで 投資家の選択肢は大幅に広がりました。 例えば 自動売買を利用することによって, 証券取引所の立会い時間中に張り付いていなくても短期投資ができます。

情報展開のご協力をお願いします!

記事が役に立つと思ったらシェアして下さい

「株の投資スタイル」についての関連リンク

「業者のサービス比較&ランキング」の関連リンク