サラリーマンでも可能なスイングトレード

更新日 2017年12月22日

スイングトレードとは?

このページの概要

「スイングトレードとは?」のイメージ画像

詳しく解説

1日の値動きに一喜一憂するのは嫌だという方は, 長期間かけて利益を伸ばしていく スイングトレード をしてみましょう。

半年から1年かけて株式を保有するので, 終値ベースで判断をしていくだけで済みます。 その上 目先の値動きを気にしない投資スタイルだから, 初心者であってもすぐに理解できるのです。

スイングトレードの基本的な流れ

スイングトレードの一番のメリットは 長期的なトレンドにのせられる点です。 チャートにおいて, 直近の高値を上抜けした銘柄などを探して その流れに素直についていきましょう。

銘柄によって値動きの癖が違いますが, 大きな時間軸のチャートを見ることで全体を把握できます。 例えば チャートにおいて底値に近ければ 株式を購入して気長に値上がりを待つのです。

ただし, その株式を発行している企業に悪いニュースが出たりしたら 底値を割って下がり続けることもありえます。 株式を購入した根拠がなくなったら, 短期投資と同じように早めに損切りをしなければいけません。

スイングトレードはサラリーマン向け?

忙しいサラリーマンであっても, スイングトレード であれば自由に投資運用を行えます。 立会い時間中の株価が気にならないから 仕事と投資運用を両立できるのです。

加えて 権利付最終日を含めた長期保有になりやすいので, 配当 と 株主優待 をもらえるメリットもあります。 値上がりして高値近辺になった時の売却益と, 企業からもらえる収入 の2種類が主な収益源となります。

信用取引でスイングトレードを行う方法

売りから入れる信用取引であれば, チャートにおいて高値であるケースでも取引チャンスとなります。 ひとまず売っておけば, 全体的に安値になってきたタイミングで買い戻せるのです。

株式を借りてくる分のコストがかかるものの, 株価 が下がっても 利益確定できるメリットは見逃せません。 しかし 売買状況によっては逆日歩が発生することもあるので, 極端な値動きをしている銘柄は避けるべきです。

信用取引によってレバレッジを効かせれば, 数日から1ヵ月程度で利益確定をすることも可能です。 当日中に決済しないことから スイングトレードの1種類として扱われますが, どちらかといえば 短期投資よりの投資スタイル と言えるでしょう。

つまり スイングトレード主体であっても 信用取引は欠かせないのです。

スイングトレード+信用取引に向いたネット証券会社は?

スイングトレードと信用取引を並行したいのならば, 信用口座を持っていても 貸株サービスの利用ができる カブドットコム証券 です。 貸株によって金利収入を得る選択もできるので 取引しない状況であってもお金を増やせます。

それから SBI証券 でも, 同じく貸株サービスをしながらの信用取引ができます。 保証金維持率に注意しながら うまく貸株サービスを活用してみましょう。
関連:貸株サービス比較

情報展開のご協力をお願いします!

記事が役に立つと思ったらシェアして下さい

「株の投資スタイル」についての関連リンク

「業者のサービス比較&ランキング」の関連リンク