投資運用における株式投資

更新日 2017年3月29日

投資運用を始めましょう!

このページの概要

「投資を始める」のイメージ画像

詳しく解説

年功序列と終身雇用はすでに無くなり, 今後は自分自身でもお金を稼ぐ手段を持たなければいけません。

自分でお金を稼げるようになれば, 多くの選択肢の中から選べるようになります。 しかし お金を稼ぐということは簡単ではなく, 大きな初期費用がかかるケースばかりなのです。 飲食店の開業となれば 物件と設備の用意だけで100万円単位の初期費用がかかってしまいます。

そこでお金でお金を増やす 投資運用にチャレンジしてみましょう

現在の投資運用は自分の意思だけで判断できる環境であり, オンライン取引ならば いつでも自由に行えるのです。 金融商品取引法などの法律によって投資家保護がなされており, 営業マンによる強引な勧誘は禁止されています。

投資の王道「株式投資」

投資運用における王道といえばやはり株式投資です。 株式投資とは上場企業が発行した株式を売買するものであり, 誰でも気軽に始めることができます。 日本の投資運用としては歴史が古く, 信頼性という点では他の追随を許しません。

ただし 毎月の支払いに使用している銀行口座では扱っておらず, 株式を売買できる証券会社の総合口座を開設する必要があります。

証券会社の2つのタイプ:ネット証券と総合証券

証券会社には大きく分けて2種類あり, 古くから 営業マンが対面取引を行う老舗の証券会社 (総合証券) と 新しく登場した ネット専門の証券会社 (ネット証券) のどちらかとなります。

前者については 豊富なノウハウがあるので 安心して大切な資産を預けられます。 例えば, 松井証券 では オンライン取引にも積極的に取り組んでおり, 総合的に高い評価があるのです。

多くの証券会社が合併して誕生した マネックス証券 なら 株式から先物・オプションまで色々な金融商品を取引できます。 また よく知らない証券会社に口座開設をしたくない場合は, メガバンクのグループ企業である カブドットコム証券 を選ぶのも1つの考えです。

情報展開のご協力をお願いします!

記事が役に立つと思ったらシェアして下さい

「株式投資」全般についての関連リンク

「業者のサービス比較&ランキング」の関連リンク