お得な株主優待を理解しておこう

更新日 2017年10月6日

株主優待って何?

このページの概要

詳しく解説

権利付最終日まで株式を保有していると株主優待を受けられます。 その株式を発行している企業が, 株主に対して自社の製品・サービスを提供するのです。

配当と違って現物支給ではありますが, その内容は多岐に渡っています。 小売店であれば自社の商品券や商品の詰め合わせといった内容が多く見られます。

この株主優待は株式投資においてチェックしておくべきポイントの1つです。 自分の日常生活に関わっている企業の株主になっておけば 家計を節約できる可能性があります。

その銘柄の権利付最終日から権利落ち日まで単元株を持っていることが条件なので, 無理なく株主優待を獲得できるでしょう。 お得な株主優待を理解しておけば 株式投資のバリエーションを増やせます。

株主優待に関するいくつかの注意点

株主優待における注意点は 全ての上場企業で実施されているわけではない点です。

証券会社の取引画面には「株主優待検索」機能があるので, どのような企業でどういった株主優待が実施されているのかを簡単に調べられます。 株主優待の内容はもちろんのこと, 通常の銘柄検索とも組み合わせられるのが特徴です。

株式市場においては 株主優待の権利を得られる最終日が重視されます。 そのため 権利落ち日になると, その銘柄の株価がある程度下がるのです。

この株価下落に対応するには, 信用取引で売り建てをしておく「つなぎ売り」があります。 ただし, 信用取引では色々な手数料がかかるので 十分に注意しましょう。 ちなみに 信用取引で買い建てをしているだけでは, 株主優待の権利を得ることはできません。

貸株サービスを利用している間も 原則的に株主優待を受けられません。 これは 貸し出し先に株式の所有権が移転するからです。 もしも株主優待を希望するのならば 権利付最終日になる前に貸株から外しておきましょう。

株主優待に有利なネット証券会社

松井証券では, QUICK企業研究所が取材した株主優待の情報を閲覧できます。 日付から調べられる 「カレンダー検索」 を利用すれば, 権利付最終日からの銘柄検索も可能です。

多くの投資家が注目している銘柄が分かる「株主優待アクセスランキング」をチェックすれば, お得な株主優待をすぐに見つけられます。

「株主優待検索」機能をバージョンアップした SBI証券においては, 「つなぎ売り」ができる株主優待の銘柄が一目瞭然です。

投資家からの意見を積極的に取り入れており, 株主優待を狙った株式投資に向いている証券会社となっています。 豊富な検索結果を見ながら, じっくり自分に適した銘柄を考えてみましょう。

情報展開のご協力をお願いします!

記事が役に立つと思ったらシェアして下さい

「株主優待」の関連リンク

「業者のサービス比較&ランキング」の関連リンク