信用取引銘柄が多い証券会社はどこですか?

更新日

このページの概要

「信用取引の銘柄数が多いネット証券」のイメージ画像

詳しく解説

信用取引の中でも一般信用取引では, 各証券会社によって取扱の銘柄が異なります。
※参考:信用取引が出来る銘柄はネット証券会社ごとに違います

信用取引銘柄が多い証券会社は、SBI証券, 楽天証券, auカブコム証券 が挙げられます。
この3社については、信用売りができる取扱銘柄が多いので 信用売りを好んで行う方にとってはおすすめの証券会社です。

また、SBI証券の「HYPER空売り」楽天証券の「特別空売り」松井証券の「プレミアム空売り」マネックス証券の「スペシャル空売り」は、通常空売りできない銘柄などが空売りできるサービスなので 積極的に利用してみましょう。

それぞれ 別途コスト(銘柄によって異なる)が発生する というデメリットもありますが、他所では売りできない銘柄を信用売りできるというのは 大きなメリットだと思います。
例として SBI証券のHYPER空売り について詳しく見てみましょう。

SBI証券の「HYPER空売り」

通常 空売りができないような銘柄(上場したての銘柄や、マザーズ・JASDAQなどの新興市場銘柄)が空売りできるSBI証券の信用取引サービス。(銘柄はSBIが選定)
返済期限は当日のみで、売建て時の貸株料に加え HYPER料が発生する。

株価が不安定な 上場後(最短で上場翌日から信用取引可能)のIPO銘柄に 信用売りができるのはおすすめです。

信用取引を始めるなら 取扱銘柄数をチェックしよう

制度信用取引と一般信用取引を使い分ければ その時に最もお得な取引方法を選べます。 すでに いくつかの株式を保有しているが, これから値上がりしそうな銘柄を見つけた場合でも, 低金利の一般信用取引で買い建てを持てるのです。

信用取引銘柄が多ければ それだけ株式投資での選択肢が豊富になります。

信用取引を開始する時点で 新たに口座開設をしても良いのですが, 初回から信用取引銘柄が多い証券会社を選択した方がスムーズです。 せっかく口座開設をするのですから, 信用取引についても比較しておきましょう。

詳しい取扱銘柄数(一般信用取引の売り立て銘柄数)は 一般信用取引口座の金利・手数料を比較で紹介しています。毎月 銘柄数を更新していますので よろしければ定期的に訪問してみてくださいね!