リスク管理ができれば信用取引は怖くない

更新日 2017年12月22日

このページの概要

「信用取引のリスク管理」のイメージ画像

詳しく解説

投資運用では, 主に元本保証されていない金融商品の売買を行います。 当然 リターンを得る為に行うのですが, 想定したのとは反対の方向へ進んでしまうケースもあるのです。

そうなってしまうと 時間が経つほどに含み損が膨らんでいく恐れがあります。 自分にとって不利な展開になってきたら, 含み損が小さいうちに損切りすることも検討してみましょう。

リスク管理の重要性

自分が預けた資金より大きな金額を扱う信用取引となれば, 現物取引よりも迅速な判断が求められます。 少しの値動きでもリターンを狙えますが, それは同時にトレンド的には誤差の範囲内であってもリスクがあることを意味しているのです。

したがって 証券会社での信用口座開設時の規約には 「価格変動によって損失が生じる恐れがある」 と明記されています。 それに同意しなければ信用口座を開設することができないので, リスク管理ができるようになってから申し込むべきです。

正しいリスク管理手法「損切り」

正しいリスク管理とは 含み損になってしまったポジションを損切りすることです。 予め決めておいた値段に到達したら, その時点で機械的に損切りをしなければいけません。

損切りによって自分の投資用資金を守り, 次の取引につなげましょう。 このリスク管理をきちんと行えるようになれば, 大きな損益が発生しやすい信用取引にもチャレンジできます。

リスク管理のフォローをしてくれるネット証券会社

ところが 確実なリスク管理をしたくても 忙しいサラリーマンにとっては難しい話です。 各証券取引所の立会い時間は平日午前9時から午後3時であり, 昼の休憩時間ぐらいしか株式投資ができません。

リアルタイムで株価のチェックができない為, 別の方法でリスク管理を行う必要があるのです。

そこで 自動売買ができる マネックス証券 に口座開設をしてみましょう。 複数の注文を組み合わせることで自動売買になり, マネックス証券のシステムが投資家の代わりに指定した条件で取引を行ってくれます。

豊富な注文方法があるから リスク管理についても万全です。

「カブドットコム証券」ならリスク管理におすすめ

信用取引を本格的にやっていくのならば, 自動売買についての特許を多く取得している カブドットコム証券 です。

リスク管理としての自動売買にこだわっており, 細かな条件づけができる注文方法が揃っています。 そのおかげで リスク管理を徹底しつつも, 含み益を伸ばしていくことが可能なのです。

損失を抑えるリスク管理ができれば 信用取引であっても怖くありません。