米国株投資信託は「どの指標をベンチマークとしているか」を知っておこう

米国株投資信託にはどんな種類がある?このページでは「米国株投信」を買う前に知っておきたい「S&P500」 , 「NASDAQ」 ,「ダウ平均」の違いをわかりやすく解説。投資信託はどの指標に沿って どう運用されていくのかを知っておこう!各指標に連動する代表的な投資信託と、取扱のあるネット証券も併せて紹介しています。

株のいろいろ

株の疑問

当サイト「証券会社比較.tokyo」に掲載している 株の疑問についての記事一覧です。

株式投資の上で疑問に思ったことや専門用語、NISA(ニーサ)などの制度などを詳しく、わかりやすく解説しています。
ネット証券 総合力ランキング

米国株の投資信託とは?どれがおすすめ?買う前に知っておきたい米国の経済指標の違いを解説!

Twitter Facebook Google はてブ コロナ禍による株価の暴落と暴騰で 今後の株価の動きが注目を浴びている「米国株市場」。 投資家たちもその動きを見逃さまいと 日本国内でも米国株投資

NISAで米国株投資はおすすめ?ニーサ+米国株3つのメリット

Twitter Facebook Google はてブ NISA(ニーサ)は一定の投資枠が非課税となる口座のことで、現物株式や投資信託、IPOなどが対象となっています。 対象商品は証券会社によって異な

新NISAとは?いつから始まる?2階建て投資枠「新NISA」の仕組みをわかりやすく解説!

Twitter Facebook Google はてブ 新NISAとは? -このページの概要- ・「新NISA」は2024年から始まる新制度 ・「一般NISA」と「つみたてNISA」を合併したような2

つみたてNISA(積立NISA)のメリット・デメリット

Twitter Facebook Google はてブ つみたてNISA(積立NISA)とは、2018年スタートの長期投資を支援する非課税口座です。 つみたてNISAを利用する上でのメリットやデメリッ

【2019年】株式上場の初値・騰落率とネット証券の取扱一覧

Twitter Facebook Google はてブ このページでは 2019年のIPO (新規公開株)の ネット証券の取扱実績 と 新規上場時の初値・騰落率 を一覧で掲載します。 別年の証券会社別

iDeCo(イデコ)の加入資格・条件は?

Twitter Facebook Google はてブ このページの概要 ● iDeCo(イデコ)は20歳以上60歳未満ならほとんどの方が加入できます ● 雇用形態などにより拠出限度額が異なります 私

iDeCo(イデコ)とは?

Twitter Facebook Google はてブ このページの概要 ● iDeCo(イデコ)は節税対策にもなる私的年金制度 ● 原則60歳までは資金の引き出しができない 「コロナショック」による

「つみたてNISA(積立NISA)」「NISA」「iDeCo」の違いは?3つのお得な制度を徹底比較

Twitter Facebook Google はてブ このページの概要 ● NISAは投資に対しての、つみたてNISAは長期の積立を支援する非課税制度、iDeCoは私的年金積立を支援する制度 ● そ

【2017年】株式上場の初値・騰落率とネット証券の取扱一覧

Twitter Facebook Google はてブ このページでは 2017年のIPO (新規公開株)の ネット証券の取扱実績 と 新規上場時の初値・騰落率 を一覧で掲載します。 別年の証券会社別

NISA口座でIPO投資するのにオススメのネット証券は?

Twitter Facebook Google はてブ このページの概要 ● NISA口座でIPOが出来る/出来ないは証券会社しだい ● おすすめはSBI証券とマネックス証券 IPOをNISA口座で取

【2016年】株式上場の初値・騰落率とネット証券の取扱一覧

Twitter Facebook Google はてブ このページでは 2016年のIPO (新規公開株)の ネット証券の取扱実績 と 新規上場時の初値・騰落率 を一覧で掲載します。 別年の証券会社別

住民票など「NISA口座開設」に必要な準備物は何ですか?

[2018年11月19日追記] 現在はNISA口座に住民票は必要なくなりました。 (本人確認書類のコピー+マイナンバーの提示は必要) このページの概要 ● NISAの口座開設に必要な準備物は5つ ●

NISAのデメリット・注意点

このページの概要 ● NISA口座は通常の証券口座と違うデメリットが存在 ● 他の口座と損益通算ができない, 代用有価証券が利用できない など 詳しく解説 NISA(少額投資非課税制度)は, 個人投資

るいとう(株式累積投資)で オススメのネット証券を教えてください

Twitter Facebook Google はてブ るいとう (株式累積投資) とは? このページの概要 ● るいとうは初心者にオススメの投資法 ● ”自然”と「ドル・コスト平均法」になる 詳しく

株式投資家から見た「株とFXの違い」

Twitter Facebook Google はてブ このページの概要 ● 株式とFXは全く別物 ● 株式投資家がFXをするなら注意が必要 詳しく解説 株とFXは日本では人気の金融商品ですが, 両者

スマホで詳しく銘柄分析ができるネット証券のアプリは?

Twitter Facebook Google はてブ 詳細な銘柄分析ができるおすすめのスマホアプリ このページの概要 ● スマホで詳細な銘柄分析するなら四季報がオススメ ● SBI証券,楽天証券,G

PER ( 株価収益率 ) をわかりやすく説明

PER とは? PER (株価収益率) とは、上場企業の「 利益 」と「 株価 」の関係がわかる 企業財務の分析指標 です。 株価 (≒ 株式市場が決める企業の価値 ) は 現在価値 + 将来価値 (

PBR(株価純資産倍率)をわかりやすく説明

PBRとは? PBR(株価純資産倍率)とは、上場企業の「現在価値」と「株価」の関係がわかる企業分析指標です。株価(≒株式市場が決める企業の価値)というのは現在価値+将来価値(期待値含む)を加味して市場

2015年株式上場の初値・騰落率とネット証券の取扱一覧

Twitter Facebook Google はてブ このページでは 2015年のIPO (新規公開株)の ネット証券の取扱実績 と 新規上場時の初値・騰落率 を一覧で掲載します。 別年の証券会社別

2014年株式上場の初値・騰落率とネット証券の取扱一覧

Twitter Facebook Google はてブ このページでは 2014年のIPO (新規公開株) の ネット証券の取扱実績 と 新規上場時の初値・騰落率 を一覧で掲載します。 別年の証券会社

etf (上場投資信託) とは?

Twitter Facebook Google はてブ ETFとは? このページの概要 ● ETFとは,上場されている投資信託のこと ● コストオブキャリーやコンタンゴ,バックワーデーションに注意 詳

リアルタイムで値上がり数・値下がり数が見れるネット証券会社

Twitter Facebook Google はてブ 値上がり数・値下がり数・新高値数・新安値数を見るには このページの概要 ● 値上がり数, 値下がり数は重要バロメータ ● SBI証券・マネックス

株価とは?

Twitter Facebook Google はてブ このページの概要 ● 株価は株式市場における人気度合いを表したもの ● 株価 × 発行株式数 で 時価総額 になる 詳しく解説 株価とは 上場企

証券会社を投資スタイルで選んでみよう|証券会社を選ぶ基準

Twitter Facebook Google はてブ このページの概要 ● どの商品に投資するか,投資スタイルを決めてから選ぶ ● 口座開設は慎重になり過ぎないこと 投資する金融商品を決めて証券会社

投資信託(ファンド)とは?

Twitter Facebook Google はてブ 投資信託とは? このページの概要 ● 投資信託とは,ファンドが運用する金融商品パッケージのこと ● ファンドは「ベストな運用をする」わけではない

株主優待はどんな種類があるのですか?

Twitter Facebook Google はてブ このページの概要 ● 自社商品やサービス,金券などが主流 ● 長期保有で優待内容が変わる場合もある 詳しく解説 株主優待の種類としては, 企業で

株主優待はどの企業でもあるのでしょうか?

Twitter Facebook Google はてブ このページの概要 ● 株主優待は全ての上場会社にあるわけでは無い ● 優待検索 や つなぎ売りを活用しよう! 詳しく解説 株主優待はどの企業でも

色々な地域の海外株を取引できる証券会社の口座を開設したいです

このページの概要 ● SBI証券なら,世界9か国に投資できる ● 楽天証券などもアジアを中心に取扱いが多い 詳しく解説 色々な地域の海外株を取引できる証券会社としては, 海外に注目している SBI証券

韓国株を取引できる証券会社はどこですか?

このページの概要 ● ネット証券会社では唯一,SBI証券が韓国株を取扱い ● 韓国ETFであれば 他の証券でも取扱あり 詳しく解説 韓国株については SBI証券 で取引できます。 注文が約定するのは

米国株を取引できる証券会社はどこですか?

このページの概要 ● SBI証券,楽天証券,マネックス証券などが米国株を取扱い ● マネックス証券がオススメ 詳しく解説 日本とも関係が深い米国は投資先の1つとしても人気があります。 世界的な大手企業

証券会社で募集するIPO銘柄に違いがあるのですか?

Twitter Facebook Google はてブ このページの概要 ● IPO銘柄の募集は証券会社によって違う ● SBI証券は2019年のIPO取扱い実績NO1 詳しく解説 証券会社によって、

ノーロードファンドとはどんな商品ですか?

Twitter Facebook Google はてブ ノーロードファンドとは? このページの概要 ● ノーロードとは,購入手数料が無料の投資信託のこと ● コストが下がるため,NISAや積立に向いて

IPOが当選しやすくなる方法

Twitter Facebook Google はてブ このページの概要 ● 複数の証券会社で申し込むべし! ● 抽選方法を考えるとマネックス証券がオススメ 詳しく解説 一昔前まで IPO (新規公開

IPOって何ですか?

Twitter Facebook Google はてブ このページの概要 ● 取引所に新規上場する際に発行される ● IPOの取扱い,抽選方法などは証券会社によって異なる 詳しく解説 IPOとは「In

口座開設について相談に乗ってくれる店舗なんかは無いのでしょうか

Twitter Facebook Google はてブ このページの概要 ● 口座開設の相談は基本的にメールor電話 ● SBI証券なら口座開設の相談ができる店舗がある 詳しく解説 ネット証券での口座

電話サポートが受けれるネット証券はありますか?

Twitter Facebook Google はてブ このページの概要 ● 電話サポートは基本的にどの証券会社でも受けれる ● 電話サポートの評判が良いのはカブコム証券、松井証券など 詳しく解説 電

貸株サービスを利用した個別銘柄では配当は受け取れないのですか?

Twitter Facebook Google はてブ このページの概要 ● 権利確定日に貸株をしておくと配当を受け取れない ● 優待配当自動受け取りサービスを活用しよう! 詳しく解説 貸株サービスを

貸株サービスが受けれる証券会社はどこですか?

Twitter Facebook Google はてブ このページの概要 ● 貸株サービスは全ての証券会社で提供しているわけでは無い ● マネックス,カブコム,SBIには貸株サービスがある 詳しく解説

信用取引口座を持っていると貸株サービスは受け取れないのですか?

Twitter Facebook Google はてブ このページの概要 ● 信用口座を開設すると貸株できない証券会社もある ● SBI証券,カブコムは信用口座と貸株サービスを併用可 詳しく解説 信用

貸株サービスって何のことですか?

Twitter Facebook Google はてブ このページの概要 ● 貸株は証券会社に保有株を貸し出すこと ● 貸株サービスを利用することで金利を受け取れる 貸株サービスとは? 貸株サービスと

ネット証券会社で一番の大手はどこですか?

Twitter Facebook Google はてブ このページの概要 ● 口座数,取引高ともSBI証券がネット証券No1 ● SBI証券はネット証券で唯一店舗がある 詳しく解説 ネット証券会社で一

チャートの基本中の基本!ローソク足の見方・使い方

Twitter Facebook Google はてブ このページの概要 ● 国内チャートはローソク足が基本 ● ローソク足の形で今後のトレンドが読める!? 詳しく解説 国内の証券会社のチャート足は「

店頭証券とネット証券の違いを簡単に説明して下さい

Twitter Facebook Google はてブ このページの概要 ● 総合証券は店舗がある,営業マンがいる証券会社 ● ネット証券会社は上記が無い代わりに手数料が安い 詳しく解説 店頭証券とネ

株取引を始めたいのですが、面倒臭いのは嫌です。良い方法は無いですか?

Twitter Facebook Google はてブ 証券会社には豊富な注文方法が揃っており, 細かい条件を指定しての注文も可能です。株取引は各証券取引所の立会い時間中に約定する仕組みですが, 多く

特定口座で取り過ぎた税金は自動的に戻ってきますか?

Twitter Facebook Google はてブ このページの概要 ● 取られ過ぎた税金は基本的に戻ってくる ● 複数の証券口座の場合は確定申告が必要 詳しく解説 特定口座で取り過ぎた税金は,

一般口座から特定口座への変更は出来ないのですか?

Twitter Facebook Google はてブ このページの概要 ● 一般口座から特定口座への変更はいつでも可能 ● ただし源泉徴収は変更後からの分しか計算されない 詳しく解説 一般口座から特

特定口座を持っていれば確定申告はしなくてもOKですか?

Twitter Facebook Google はてブ 特定口座において 「源泉徴収あり」 を選択していれば, 原則的に確定申告は不要です。 その証券会社で行われた取引であれば, 利益が発生した時点で

複数証券会社で特定口座の損益通算をしたいです

Twitter Facebook Google はてブ このページの概要 ● 複数口座で損益通算するなら確定申告が必要 ● 特定口座(源泉徴収あり)でも複数口座なら要確定申告 詳しく解説 複数証券会社

特定口座とはどのようなものですか?

Twitter Facebook Google はてブ このページの概要 ● 特定口座(源泉あり)は納税を自動的にしてくれる口座 ● 上記以外の口座の場合は自分で確定申告が必要 詳しく解説 特定口座と

FXをNISA(ニーサ)でやりたいと思っているのですが出来ますか?

このページの概要 ● どの証券会社でもNISA口座でFX取引はできない ● 税法上, FXは「雑所得」で株式と所得区分が違うため 詳しく解説 FXをNISAでやることは, 現行の制度では不可能です。

NISA(ニーサ)に向いた商品ってどんなものですか?

このページの概要 ● 長期で値上がりする可能性が高い銘柄 ● もしくはイチかバチかの銘柄がNISA向き 詳しく解説 NISAに向いた商品は, 長期的に値上がりしていく可能性が高い商品, または大きな配

NISA(ニーサ)口座を作る場合、どんなことに気をつければ良いのですか?

このページの概要 ● 1.NISA口座は原則一人 1口座しか作れない ● 2.配当の受取り方法を株式数比例配分方式にしなければ課税される 詳しく解説 NISA口座を作る場合, 気をつけることが2点あり

NISA (ニーサ) とは何ですか?

このページの概要 ● 年間120万円まで投資が非課税になる制度 ● 証券会社によってNISA対象の金融商品が違うため, 要チェック! ● 現行のNISAは2024年から「新NISA」へ! 詳しく解説

取引が有利になるキャンペーン情報がほしいです

Twitter Facebook Google はてブ このページの概要 ● 手数料キャッシュバックならコストを安く抑えれる ● キャッシュバックと言っても現金,ポイントなどがある 詳しく解説 取引が

キャンペーンってどんな種類があるのですか?

Twitter Facebook Google はてブ このページの概要 ● 口座開設,取引などキャンペーンの種類は様々 ● 証券会社や時期によって違うので要チェックが必要 詳しく解説 証券会社では

一般信用と制度信用で何が違うのですか?

このページの概要 ● 制度信用はどの証券会社も共通のルール ● 一般信用は証券会社が独自にルールを定めるため,各社違う 制度信用と一般信用の違いを解説 信用取引には, 一般信用取引と制度信用取引の2種

信用取引銘柄が多い証券会社はどこですか?

このページの概要 ● 信用売り建て可能銘柄が多いのは SBI・楽天・auカブコム ● HYPER空売りなどのサービスでは 特殊な銘柄も信用取引が可能 詳しく解説 信用取引の中でも一般信用取引では, 各

信用取引が出来る銘柄はネット証券会社ごとに違うのですか?

このページの概要 ● 制度信用取引なら,どの証券会社でも同じ銘柄しか信用売りできない ● 一般信用取引は 各証券会社によって銘柄が異なる=制度信用で売れない銘柄も売り建て出来る 詳しく解説 信用取引に

信用売りが出来る証券会社はどこですか?

このページの概要 ● 制度信用取引なら、貸借銘柄を信用売りすることができる ● 信用売りなら SBI証券がおすすめ 詳しく解説 信用取引を行っている証券会社であれば, 信用売りが可能です。 信用取引は

信用取引とは何ですか?

このページの概要 ● 信用取引とは証券会社から”資金”を借りて取引すること(信用買いの場合) ● 信用売りは証券会社から”株”を借りて取引すること 詳しく解説 信用取引とは ”証券会社から必要な資金や

初心者向けの取引ツールを用意している証券会社はありますか?

Twitter Facebook Google はてブ このページの概要 ● マネックス証券や楽天証券の取引ツールが初心者向け ● ただ好みもあるため,色々な証券会社のツールを試してみよう! 詳しく解

自動売買に対応している取引ツールはありますか?

Twitter Facebook Google はてブ このページの概要 ● auカブコム,マネックスなどに自動売買ツールがある ● 非公式の自動売買Toolはトラブルの原因 詳しく解説 自動売買に対

比較チャートが使いやすい取引ツールがほしいです

Twitter Facebook Google はてブ このページの概要 ● カブコム,SBI,松井などの比較チャートがおすすめ ● 比較チャートによっては個別銘柄と指数などの比較も可能 詳しく解説

「カギ足」チャートが無料で見れる取引ツールはありますか?

Twitter Facebook Google はてブ このページの概要 ● カギ足チャートが見れる取引ツールは多くない ● ライブスター,カブコムのツールならカギ足チャートが使える 詳しく解説 「カ

海外のレートなどもチェックできるツールはあるのでしょうか?

Twitter Facebook Google はてブ このページの概要 ● SBI,楽天,カブコム,松井,岡三などで海外レートを見ることができる ● 証券会社の取引ツールには海外レート以外でも様々な

取引ツールは証券会社ごとに何が違うのでしょうか?

Twitter Facebook Google はてブ このページの概要 ● 取引ツールは業者によって大きく違う ● 自分にあった取引ツールを見つけよう! 証券会社ごとの取引ツールについて, 詳しく解

セミナーは口座開設していないと受講できないのですか?

このページの概要 ● 基本的には口座保有者向けのセミナーが多い ● 証券会社によっては口座未保有でも受けれるセミナーもある 詳しく解説 証券会社が企画するセミナーは一般向けに開催されることもあります。

株式セミナーをたくさん開催している証券会社はどこですか?

このページの概要 ● SBI証券,楽天証券,auカブコム証券などが会場セミナーを開催 ● 自社アナリストがいる証券会社が比較的 セミナー開催が多い傾向 詳しく解説 セミナーをたくさん開催している証券会

証券会社ごとに独自ニュースなどはあるのでしょうか?

このページの概要 ● 所属アナリストによるレポートが代表例 ● その他にも独自の動画やメルマガなど多様な情報がある 詳しく解説 各社独自ニュースは, ”証券会社に所属しているアナリストによる投資情報”

株式のニュース配信会社はどんな企業がありますか?

このページの概要 ● ロイター,モーニングスター,フィスコ,時事通信社などが有名 ● それぞれ得意な株式ニュースの分野がある 詳しく解説 株式のニュース配信会社としては, リアルタイムの市場動向などを

手数料は現物取引と信用取引で違いますか?

このページの概要 ● ほとんどの証券会社では, 現物取引と信用取引の手数料が違う ● 信用取引の場合は手数料以外に金利や貸株料がかかるので注意 詳しく解説 株式投資には ”自分の資産を対象とした現物取

株取引の手数料に消費税はかかるのでしょうか?

このページの概要 ● 売買手数料には消費税がかかる ● 手数料は頻繁に変わるため, 定期的なチェックが必要 詳しく解説 証券会社に支払う手数料にも, 通常の購入と同じように ”消費税” がかかります。

手数料はどんなときにかかりますか?

このページの概要 ● 売買手数料は約定時にかかる ● 分割して約定されると2重に手数料がかかることがある点に注意 詳しく解説 手数料は 原則的に証券会社に仲介してもらった時にかかります。 株式を証券取

逆日歩とは何ですか?

このページの概要 ● 逆日歩とは,制度信用取引の売り建て時に発生するコスト ● 一般信用取引では逆日歩はかからない 詳しく解説 逆日歩とは 逆日歩(ぎゃくひふ・ぎゃくひぶ)とは, ”証券取引所のルール

「貸株料」とは何ですか?

このページの概要 ● 貸株料とは信用売りの場合に必要になるコストの一つ ● 逆に証券会社に貸株を行うことで金利を受け取るサービスもある 詳しく解説 貸株料とは? 貸株料 (かしかぶりょう) とは, ”

ネット証券のサービスで有料のものはありますか?

このページの概要 ● 証券会社によってはトレードツールが有料の業者がある ● その他、情報ツールやレポートなども有料のものがある 詳しく解説 各証券会社の有料サービスについては、主に、取引環境を更に使

口座保有に費用は発生しますか?

このページの概要 ● 取引しなくても証券口座の保有にコストは発生しない (※例外の証券もあり) ● リスクヘッジで複数口座を持っておくのがオススメ 詳しく解説 原則的に、口座保有に費用は発生しません。

株の取引費用はどんなものがありますか?

このページの概要 ● 約定代金に応じて取引手数料がかかる ● 証券会社ごとに手数料が異なるなど、独自のプランもあり 詳しく解説 金融商品の種類によって、取引の費用は異なります。 証券会社を通して売買で