自分自身が成長するほど有利になる

更新日 2017年3月29日

このページの概要

「株式投資で可能性を拡げる」のイメージ画像

詳しく解説

他人任せの収入だけでは いつどうなるのか分かりません。 1つの収入が消失しても対応できるように, できるだけ収入を複数化しておくべきです。

証券会社の総合口座などには 自分の判断で自由に金融商品を売買できるフィールドがあります。 複数の事業を運営するのは大変なので, 少額からの投資運用によって収入の複数化 をしてみましょう。

事業の資金運用の視点から考える株の優位性

仕事においては 取引先との関係が大切です。 事業の運営を行っていくには 様々なコストがかかり, それを上回る収益を得なければいけません。

そういった事情があるので 商取引を継続している取引先に合わせることが一般的です。 また, すぐに現金を受け取れないケースがよくあり, 運転資金の調達も重要になってきます。

お金でお金を増やす投資運用では, 保有している金融商品を売却するだけで現金に変えられます。 約定日から受渡日までのタイムラグはありますが, 原則的に数日程度で済むので問題ありません。

そのため, 一度余剰資金を用意すれば 資金調達に悩まされることなく行えるのです。

株式投資は事業運営と違い「試行錯誤」が可能

取引先の都合に振り回されないので, サラリーマンの副業 としても人気です。 株式投資であれば 各証券取引所と証券会社のルールの範囲内で自分のアイディアを試せます。

また自分に合った投資スタイルを選択でき, 本業と並行して進めていける点もポイントです。
※参考: 投資スタイルでおすすめ業者を比較

更に取引先に振り回されないことには, もう1つのメリットがあります。 それは 自分の判断だけでパフォーマンスが変化することです。 正しい投資知識を身につけ, 投資運用の経験を積むことで, 全体的な収益を向上させられます。

自分自身が成長するほど有利になるので 多くの方が試行錯誤を重ねているのです。

株式投資運用で自分の可能性広げよう

証券会社に信用口座を開設すれば, 自己資金を超えた取引にもチャレンジできます。 少ない資金であっても 幅広い株式投資が可能になり, 副業の域にとどまらない利益を獲得することも夢ではありません。

信用取引についての関連記事はこちら
信用取引にチャレンジしてみよう
信用取引とはどんなものですか?

投資家として一人前になれば, リスクの高い信用取引についても安定して扱えるようになります。

オンライン取引のおかげで, 株式投資の手数料はリーズナブルになりました。 しかも 証券会社の営業マンを通さなくても発注できる仕組みになった為, 純粋に自分の判断だけで損益が決まるのが特徴です。

自分の可能性を試す意味でも, 証券会社に口座開設をしてみましょう。 証券会社に口座があれば その時の経済動向に合わせた資産の振り分けができます。

またNISA口座も開設できるようになったので, 学費などの積立資金の節税対策としても効果的です。

情報展開のご協力をお願いします!

記事が役に立つと思ったらシェアして下さい

「信用取引」の関連リンク

「株式投資」全般についての関連リンク

「業者のサービス比較&ランキング」の関連リンク