口座開設数推移の一覧 | 証券口座のシェアが多いネット証券は?

更新日 2017年11月10日

ネット証券の口座開設数比較のトップ画像

証券口座は自分の資金を預ける先です。 皆さんはサービス面だけではなく, 信用のある証券会社で口座開設するはず。

当サイトは機能面・サービス面の比較を得意としていますが, 口座数や業界内でのシェア率も大事な比較ポイント! と言うことでネット証券の口座開設数・シェアを比較します。

ネット証券会社の口座開設数を比較

COMPARISON

口座開設数を比べるポイント

証券会社比較.tokyoで掲載している業者8社のうち, HPや適時開示に公開されている7社の証券口座総数と口座増加数を比較しました。

口座数比較のポイントは何と言っても「 総口座数 」と「 口座増加数 」ですので, どちらもちゃんと比較しましょう。

なお「 ライブスター証券 」は 口座数を公開していないようでしたので 口座開設推移から除外しています。

ネット証券の口座数一覧 (年度別の推移)

ネット証券の口座開設推移
会社名 口座数/
シェア
年度別別 の 口座数 推移
2017/3 2016/3 2015/3 2014/3 2013/3
「SBI証券」の企業ロゴ

SBI証券

【口座数】 3,839,883 3,563,881 3,246,363 2,943,969 2,608,716
(増加数) +276,002 +317,518 +302,394 +335,253
(シェア) 37.89% 37.59% 37.41% 43.81% 43.54%
「楽天証券」の企業ロゴ

楽天証券

【口座数】 2,250,038 2,039,530 1,838,630 1,673,081 1,462,267
(増加数) +210,508 +200,900 +165,549 +210,814
(シェア) 22.20% 21.51% 21.19% 24.90% 24.41%
「カブドットコム証券」の企業ロゴ

カブコム証券

【口座数】 1,048,720 1,002,268 920,998 869,044 810,069
(増加数) +46,452 +81,270 +51,954 +58,975
(シェア) 10.35% 10.57% 10.61% 12.93% 13.52%
「松井証券」の企業ロゴ

松井証券

【口座数】 1,094,240 1,056,072 1,002,439 942,005 870,552
(増加数) +38,168 +53,633 +60,434 +71,453
(シェア) 10.80% 11.14% 11.55% 14.02% 14.53%
「マネックス証券」の企業ロゴ

マネックス証券

【口座数】 1,460,986 1,411,807 1,324,878
(増加数) +49,179 +86,929
(シェア) 14.42% 14.89% 15.27%
「GMOクリック証券」の企業ロゴ

GMOクリック証券

【口座数】 311,078 284,648 241,985 204,353 165,817
(増加数) +26,430 +42,663 +37,632 +38,536
(シェア) 3.07% 3.00% 2.79% 3.04% 2.77%
「岡三オンライン証券」の企業ロゴ

岡三オンライン証券

【口座数】 129,897 122,135 101,746 87,629 73,878
(増加数) +7,762 +20,389 +14,117 +13,751
(シェア) 1.28% 1.29% 1.17% 1.30% 1.23%

口座開設シェア

ネット証券の口座数シェア ※ネット証券口座のシェア(2017年3月末)

証券口座の開設数・シェア率でネット証券を語るなら SBI証券 は外せません。

主要オンライン証券の中で初めて400万口座を超える(2017年9月)など 口座数は圧倒的No1! 個人投資家向けのアンケートでも回答者の2割以上が SBI証券の口座を持っている ということでした。

機能やサービス面で 比較・ランキングした当サイトの総合ランキング でも1位に輝いた SBI証券ですが, 多くのユーザが口座開設している 点も考えると信頼もある証券会社というのがわかります。

【当サイト内のSBI証券1位のランキング】
ネット証券ランキング:総合1位
NISA比較ランキング:1位
IPO向けネット証券ランキング:1位
ニュース・アナリストレポート比較ランキング:1位

高サービスで信頼性も高いネット証券。まさにメイン証券口座として申し分ありません!

今後の口座開設数推移について

最後に今後のことも考えておきたいと思います。

インターネット普及に合わせるようにオンライン証券の口座数はウナギ登りで増えており、上昇率は店頭証券と比べ物にならないほどです。

NISA口座もそうですが未成年口座などにもフォーカスが当たっていますし、オリンピックが近づき本格的な日本株上昇に対する期待感などで今後もネット証券の口座数は益々増えていくと思われます。

これから逐次、最新の口座開設数を更新していきますので、たまにはこちらのページも覗いて頂けますと幸いです。