複数証券会社で特定口座の損益通算をしたいです

更新日 2016年7月22日

このページの概要

詳しく解説

複数証券会社で特定口座の損益通算をしたい場合は, それぞれの年間取引報告書によって確定申告をしましょう。 各証券会社では利益分の納税しか行わないので, 1つの証券会社の年間損益だけでは過剰な納税になってしまう恐れがあります。

複数証券会社で特定口座の損益通算をした方が有利になるのならば 「源泉徴収あり」であっても確定申告をするべきです。

その時点の見込み金額で行うのが源泉徴収なので, 確定申告によって正しい金額を伝えましょう。 税金を払いすぎている状況であったら, 後日還付金として銀行口座に振込まれます。

証券会社は自社で行われた取引しか把握していない為, 投資家本人が全体を統括する必要があります。 また 損失の繰越についても, 確定申告によって行うことになります。

複数の証券会社に口座開設をしておけば, キャンペーンといったお得な制度を利用しやすくなります。 しかし 証券会社によって年間損益が偏ることは珍しくなく, 賢い投資家として特定口座の損益通算を知っておかなければいけません。

納税は国民の義務ではありますが, 払いすぎた税金については正当な手続きで取り戻しておくべきです。 投資家のスキルには こういった正しい納税ができることも含まれています。

情報展開のご協力をお願いします!

記事が役に立つと思ったらシェアして下さい

「株の税金」「証券会社の特定口座」の関連リンク

「業者のサービス比較&ランキング」の関連リンク