オススメのNISA (ニーサ)口座を比較&ランキング

更新日 2018年9月11日

★2017年最新版★

NISA (ニーサ) 比較 & ランキング のトップ画像

NISAは120万円までの銘柄売買に対して非課税 になる制度で 投資初心者の方に広く株式に触れてほしい と言う思いがあるようです。

そのため, 証券会社によっては NISA枠は 採算度外視で「 手数料無料 」を実施 している業者もありますが 同じ手数料無料でも「 今年だけ無料 」や「 買付だけ無料 」など 一定条件下での無料サービスだったりもします。

また取引する方法(使える取引ツール)などにもネット証券各社によって違いがありますのでその辺りを比較してみたいと思います。

NISA(ニーサ)がおすすめの口座ランキング

RANKING

比較一覧はこちら

証券会社のNISAのサービスについてはページ下部で比較しますが,まずは 証券会社比較.tokyo で オススメする NISA口座ランキングを掲載します! ご紹介する ランキング 上位3社は いずれもNISA口座での手数料無料キャンペーンを実施している企業でオススメです。

NISA (ニーサ) おすすめ ランキング

  • ネット証券会社 の NISA(ニーサ) 比較ランキング 第1位
  • SBI証券
  • 最大150,000円プレゼントキャンペーン

NISAでも総合的なサービスの高さが目立ちます!

評価ポイント

IPO銘柄もNISA対象

国内現物はETF、REIT含めて 売買手数料が無料 と言う手厚さが良いですね。 またIPO銘柄がNISA対象なのもGood! さすが総合力No1のネット証券会社ですね~

<SBI証券のNISA(ニーサ)口座データ>
取引所 国内現物手数料
東証 名証 福証 札証 手数料 恒久無料
米国株式 中国株式 外国株手数料
取扱◯ 取扱◯ ETF買付のみ無料
PC取引 スマホ取引 電話取引

Web:◯

アプリ:◯

Web:◯

アプリ:◯

取引可
SBI証券のNISA(ニーサ):メリット

30代男性のクチコミ (一部抜粋)

手数料などは他にも安いところがあるが, 情報量やシステムの安定性を考えて SBI証券の口座を選んだ。 PTS (夜間取引) や IPOの取り扱いがあるもの良い。 ※補足: SBI証券のNISA口座なら夜間取引やIPOも取引可能です!

今すぐ口座開設
SBI証券:詳細

国内現物(ETF含む)の手数料は完全無料!

評価ポイント

人気の取引アプリも使えます

取扱は東証と名証の2場だけですが、国内現物取引の手数料は新規・決済とも無料です。NISA用の投資信託に力を入れているようでですので、どの銘柄を買っていいかわからない方は投資信託もオススメです!

<楽天証券のNISA(ニーサ)口座データ>
取引所 国内現物手数料
東証・名証 手数料恒久無料
米国株式 中国株式 外国株手数料
取扱◯ 取扱◯ ETF買付のみ無料
PC取引 スマホ取引 電話取引

Web:◯

アプリ:◯

Web:◯

アプリ:◯

×
楽天証券のNISA(ニーサ)ページの画面サンプル
今すぐ口座開設
楽天証券:詳細

東証・名証・福証・札証の4取引所を取扱!

評価ポイント

投資信託も銘柄多数

東証・名証・福証・札証のいずれの取引所でも取引可能で且つ、国内現物の新規手数料が無料と言う嬉しい証券会社です。グループ企業を連携したNISA向け投資信託も扱っているようでそこもチェックしたいところですね。

<カブコムのNISA(ニーサ)口座データ>
取引所 国内現物手数料
東証・名証・福証・札証 買付のみ無料
米国株式 中国株式 外国株手数料
× ×
PC取引 スマホ取引 電話取引

Web:◯

アプリ:×

Web:◯

アプリ:◯

取引可
カブドットコム証券のNISA(ニーサ)ページの画面サンプル

40代女性のクチコミ (一部抜粋)

初心者だったが, 分かりやすく口座が開設できてよかった。 スマホ取引も便利。プチ株が初心者向けで 取引しやすくて 良いと思う。ホームページが全体的に分かりやすくて初心者にも安心できる。お客様サポートが充実していて初めてでも不安がなくなった。

今すぐ口座開設
カブドットコム証券:詳細

ネット証券別のNISA(ニーサ)のサービスを比較

COMPARISON

ランキングはこちら

NISAは様々なサービスが含まれていますのでネット証券会社ごとに比較します。NISA(ニーサ)には思わぬサービスや無料キャッシュバックなどがありますので是非チェックしてみて下さい。

NISA(ニーサ)比較_SBI証券

最初はネット証券比較の総合ランキング No1 SBI証券のNISAサービス です。国内4取引所に対応しており手数料もずっと無料で外国株取扱数も多く、海外ETFも豊富とNISAでもネット証券最大手の名に恥じないサービスを展開してます。

SBI証券のnisaサービス
業者名

SBI証券

国内株式 取引チャネル
手数料
(2018年)
取扱の取引所 PCツール 電話取引
新規・決済とも無料 東証,名証,福証,札証 電話で
注文可能
手数料恒久無料 NISA口座のIPO取扱 スマホ
アプリ
電話注文
手数料
IPOもNISA対象 無料※ただし条件あり
投資信託 外国株(現物) 海外ETF
投資信託の取扱 NISAで取引できる外国株 海外ETFの取扱
米国,中国(香港),韓国,ロシア,ベトナム,インドネシア,シンガポール,タイ,マレーシア NISA口座で海外ETF取引可
投資信託
手数料
外国株の手数料無料 海外ETFの手数料無料
×
(ノーロード除く)
× 米国・香港・韓国ETFの買付手数料が実質無料

NISA(ニーサ)比較_楽天証券

国内株はもちろん外国株の取扱が多い楽天証券。 特に投資信託は積立向きのミニ投信などもNISA口座向きと言えます。
参考: 楽天証券の投資信託

楽天証券のnisaサービス
業者名

楽天証券

国内株式 取引チャネル
手数料
(2018年)
取扱の取引所 PCツール 電話取引
新規・決済とも無料 東証,名証 電話で
注文可能
手数料恒久無料 NISA口座のIPO取扱 スマホ
アプリ
電話注文
手数料
× ×
投資信託 外国株(現物) 海外ETF
投資信託の取扱 NISAで取引できる外国株 海外ETFの取扱
米国,中国,インドネシア,シンガポール,タイ,マレーシア NISA口座で海外ETF取引可
投資信託
手数料
外国株の手数料無料 海外ETFの手数料無料
×
(ノーロード除く)
× 買付手数料が実質無料

NISA(ニーサ)比較_カブドットコム証券

カブドットコム証券のNISA口座はPCツール, スマホアプリ, 電話注文など取引チャネルが豊富な点がポイントです。どんな注文でもNISA取引ができるのは助かりますね。

更にカブコムのニーサ口座は「ミニ株の積立が可能」です。これは他のオンライン証券には無いサービス。ご興味ある方は↓をご覧ください
※参考:

カブコムのnisaサービス
業者名

カブドットコム証券

国内株式 取引チャネル
手数料
(2018年)
取扱の取引所 PCツール 電話取引
買付けのみ無料 東証,名証,福証,札証 電話で
注文可能
手数料恒久無料 NISA口座のIPO取扱 スマホ
アプリ
電話注文
手数料
× IPOもNISA対象 買付け手数料無料
投資信託 外国株(現物) 海外ETF
投資信託の取扱 NISAで取引できる外国株 海外ETFの取扱
投資信託
手数料
外国株の手数料無料 海外ETFの手数料無料
×
(ノーロード除く)
開催中のNISAキャンペーン

・NISA口座開設で証券通常口座の手数料が最大5%割引「NISA割」

NISA(ニーサ)比較_マネックス証券

マネックス証券と言えば米国株・中国株の取扱数がNo1のネット証券ですが、NISA口座ではどちらも取引可能で非課税の強みを活かせる点はGoodです。
参考: マネックス証券の米国株・中国株

マネックス証券のnisaサービス
業者名

マネックス証券

国内株式 取引チャネル
手数料
(2018年)
取扱の取引所 PCツール 電話取引
新規・決済とも無料 東証のみ ×
手数料恒久無料 NISA口座のIPO取扱 スマホ
アプリ
電話注文
手数料
IPOもNISA対象 ×
投資信託 外国株(現物) 海外ETF
投資信託の取扱 NISAで取引できる外国株 海外ETFの取扱
米国、中国 NISA口座で海外ETF取引可
投資信託
手数料
外国株の手数料無料 海外ETFの手数料無料
買付け無料 買付けのみ無料 買付けのみ無料

NISA(ニーサ)比較_松井証券

松井証券のnisaサービス
業者名

松井証券

国内株式 取引チャネル
手数料
(2018年)
取扱の取引所 PCツール 電話取引
新規・決済とも無料 東証,名証,福証,札証 ×
手数料恒久無料 NISA口座のIPO取扱 スマホ
アプリ
電話注文
手数料
IPOもNISA対象

NISA(ニーサ)比較_GMOクリック証券

GMOクリックのnisaサービス
業者名

GMOクリック証券

国内株式 取引チャネル
手数料
(2018年)
取扱の取引所 PCツール 電話取引
新規・決済とも無料 東証のみ ×
手数料恒久無料 NISA口座のIPO取扱 スマホ
アプリ
電話注文
手数料
IPOもNISA対象 ×

NISA(ニーサ)比較_ライブスター証券

ライブスターのnisaサービス
業者名

ライブスター証券

国内株式 取引チャネル
手数料
(2018年)
取扱の取引所 PCツール 電話取引
手数料無料サービスはありません 東証のみ ×
手数料恒久無料 NISA口座のIPO取扱 スマホ
アプリ
電話注文
手数料
× × ×
投資信託 外国株(現物) 海外ETF
投資信託の取扱 NISAで取引できる外国株 海外ETFの取扱
投資信託
手数料
外国株の手数料無料 海外ETFの手数料無料
×

※調査日:2018年6月6日

初心者でもすぐわかる!「NISA」に関するQ&A

NISA(ニーサ)にはデメリットがありますか?

可能性としてはあります。

NISA枠の中で取引した銘柄の利益は非課税となりますが、仮に損失を出した場合も非課税となるため、「損益通算(利益と損失を相殺すること)」ができません。

例としては通常の証券口座で年間100万の利益、NISA口座で年間100万円の損失を出した際に通常の証券口座の利益100万円分にのみ約20%の税金がかかり、20万円納税する必要があります。

つまり、NISA口座の損失100万円+通常口座の税金20万円が年間の損失になってしまうと言うことです。かなり極端な例ですが、NISA口座で取引することでこう言ったリスクがかかる可能性がある点は踏まえて置く必要があると思います。

NISA(ニーサ)のロールオーバーの意味を教えてください

2014年にスタートしたNISAですが、最初の年にNISA枠を使って購入した銘柄を持っている方は2018年末に以下の3つのうち、どれかを選ぶ必要があります。

ロールオーバーをすることで、2018年末期限の非課税対象の銘柄を2019年分のNISA枠に移し替える事ができるわけです。

つみたてNISAとは何ですか?

2018年にスタートした新たな少額投資非課税制度のことで、これまでのNISA口座とは併用することはできません。どちらかを選択する必要があります。
通常のNISA口座とは違うつみたてNISAのポイントとしては、以下の事が挙げられます。

ちなみにどの投資信託でも買えるわけではなく、金融庁のHPに掲載されている対象銘柄のみが購入できます。

NISA口座でおすすめのネット証券はどこですか?

NISAランキングで1位のSBI証券がまずはオススメです。

このようにSBI証券はNISA口座でも購入できる大小様々な金融商品を扱っているため、投資家として選択の幅が広がります。また、SBI証券ならNISA口座に取引手数料もかからない点も大きなメリットです。

あとIPO当選した場合、NISA枠での購入を考えている方にはIPO抽選ルールは公平なマネックス証券もオススメです。