少額投資向きの投資方法とおすすめのネット証券

更新日 2020年2月27日

「少ない資金で投資する方法 と それができる おすすめ ネット証券比較」のイメージ画像

皆さんの投資金額はいくらぐらいでしょうか。
1万円? 10万円? 100万円?

証券会社は色々な株のサービスを用意していますが、投資額の違いによってオススメの証券サービスは異なります

では、株や投資を少ない元手で始めるにはどうしたらいいでしょうか?

このページでは投資額1~10万円から始める株式投資の方法や少額投資向きのおすすめネット証券のサービスを比較してみたいと思います。お小遣い感覚で投資を始めたい方も、ぜひご覧ください。

少額投資の種類・方法と注意点

株の少額投資では、それなりに資金がある方とは違い少ない資金で始める場合、投資方法・対象銘柄が大きく異なります。いくつかの注意点もありますので、まずそれから説明していきます。

少額投資の方法:投資資金10万円から株を始める場合

まずは、投資資金が10万円の場合の投資方法を説明します。

当然、投資額が10万円のわけですから、投資額が10万を超える銘柄を買うことができません。

通常、株を買う時の必要な投資額は「 株価 × 単元株数 」で計算できます。例えばトヨタ自動車の株を買うには、現在の株価が7,487円だとすると 7,487円 × 100 = 748,700円 が必要になります。
トヨタのような大型の株ですと、100万円ほどの資金が必要となりますので。しかし、銘柄によっては単元株で10万円以下で買えるものも多く存在します。

ちなみに SBI証券 の銘柄スクリーニングツールで調べた限り、10万円の投資額で買える銘柄は約1700銘柄あります。(東証一部,二部,マザーズ,ジャスダック,ETF・REIT,地方市場など) ※上記はいずれも2019年10月24日調査時点のものです。

SBI証券 の「 スクリーナー 」

このように、10万円以下の銘柄を探して投資するというのも少額投資の方法の一つです。

少額投資の方法:投資資金1万円から株を始める場合

では、10万円の資金がないと株を買えないのかというと、そうではありません。

100株単位(単元株)を購入するのではなく、単元未満株(1株~)を購入するという方法があります。ミニ株ともよばれる単元未満株は3,000円以下のものも多く、中には500円から購入できる銘柄もあります。ミニ株での投資(株式ミニ投資)では、1万円もあれば数種類の銘柄も購入できますね。

ただし、ミニ株はすべての証券で購入できるわけではなく、一部の証券会社でしか取扱がありませんのでご注意ください。

少額投資向きのネット証券を比較

少額投資でおすすめの証券会社の条件とは?

では、少額投資の場合ネット証券のどこに注目していけばよいでしょうか。まずは比較表を用意したのでご覧ください。

証券会社名 取引所 10万円以下の銘柄検索 取引金額10万円の手数料 ミニ株
(単元未満株)
NISAでの
手数料無料
名称 手数料

SBI証券

東証/名証
福証札証
0円(アクティブプラン) S株 約定代金×0.550%
最低手数料55円

楽天証券

東証/名証 0円(一日定額コース) ×

auカブコム証券

東証/名証
福証/札証
99円 プチ株 約定代金×0.55%
最低手数料52円
×

マネックス証券

東証/名証
福証/札証
110円 ワン株 約定代金×0.55%
最低手数料52円
×

松井証券

東証/名証
福証/札証
0円 ×

GMOクリック証券

東証 × 96円 ×

ライブスター証券

東証 × 88円 ×

岡三オンライン証券

東証/名証
福証/札証
× 0円(定額プラン) 単元未満株 220円~

DMM株

東証/名証
福証/札証
88円 ×

ネオモバ

東証/名証
福証/札証
220円(月額) S株 220円(月額)

比較表の項目をそれぞれ解説していきます。

少ない投資金額・資金でも買える銘柄が多い証券会社

東証1部などは投資家からの人気も高い銘柄が多く、10万円以下で買える銘柄 (+今後上昇が見込める銘柄)を探すのは容易ではありません。
そこで、東証以外の取引所も選択肢に入れるべきです。

証券会社比較.tokyo でご紹介しているネット証券10社のうち、国内の4取引所 (東証・名証・福証・札証)が取引できる証券会社は以下の7社です。
SBI証券
auカブコム証券
マネックス証券
松井証券
岡三オンライン証券
DMM株
ネオモバ(SBIネオモバイル証券)

投資額10万円以下を探せる証券会社

ネット証券各社で、株式銘柄を探せる スクリーニングアプリ を用意していますが、少額投資の場合、以下の2つの条件をクリアしなければ 銘柄検索として十分と言えません。

「 10万円以下で買える 」 銘柄を探す機能があること
スクリーニング結果の銘柄一覧に「 投資金額 」の項目があること

こちらの条件をクリアしたネット証券は以下の7社です。
SBI証券
楽天証券
auカブコム証券
マネックス証券
松井証券
DMM株
ネオモバ(SBIネオモバイル証券)

ミニ株 ( 単元未満株 ) ができる 証券会社

先ほども説明しましたが、単元株以下で買えるミニ株(単元未満株)は、限られた証券でのみ取扱があります。

ミニ株サービスは SBI証券 , ネオモバ(SBIネオモバイル証券) , auカブコム証券 , マネックス証券 , 岡三オンライン証券 の5社で利用でき, それぞれ以下の呼び方で呼ばれています。

・SBI証券 , SBIネオモバイル証券(ネオモバ): S株
・auカブコム : プチ株 (※関連:auカブコムのプチ株サービスを解説
・マネックス : ワン株
・岡三オンライン : 単元未満株

手数料が安いネット証券を探す

そして、手数料が安い業者を探すを利用するのも、少額投資において重要な点です。現物株10万円の手数料を比較表に掲載しているので、参考にしてみてください。

また、NISA口座を解説して取引するのもおすすめの方法です。ネット証券の中にはNISA口座なら売買手数料無料のサービスを行っている業者もあります。

SBI証券
楽天証券
マネックス証券
松井証券
GMOクリック証券
上記の5社はNISA口座の株式手数料を全て無料にしてくれているのでオススメです。

株の少額投資におすすめのネット証券は?

1. 少ない投資金額でも買える銘柄が多い証券会社
2. 投資額10万円以下を探せる証券会社
3. ミニ株(単元未満株)ができる証券会社
4. 手数料が安い・NISA口座の手数料が無料な証券会社

以上の比較から 「少額投資を始める株式投資」におすすめのネット証券は…

SBI証券 』となります!

同社は、口座数No1の人気ネット証券で、当サイトの比較ランキングでもおすすめ1位の業者です。さまざまなサービスの質が高く、総合力のある証券会社なので安心して長く利用できると思います。

番外編:ポイント投資もおすすめ

少額投資をお考えなら、ポイント投資という手段もおすすめします。

現金を使わず、Tポイントや楽天ポイントなどを投資に使うポイント投資は、少額投資の手段の一つと言えます。貯まったポイントで現物株・投資信託などを購入し、売却することで間接的にポイントを現金化できるという事にも繋がります。

少ないポイントからでも始めることができるので、少額投資の新たな手段の一つとしてネオモバ(SBIネオモバイル証券)のTポイント投資楽天証券のポイント投資などを中心に、今話題の投資サービスとなっています。
おすすめのポイント投資は?ネット証券のポイント投資比較一覧!

番外編2:少額投資用ロボアドバイザーを利用する

入金するだけで、商品選定から買付・運用までを自動で行ってくれるロボアドバイザーを利用する方法もあります。

ネオモバで利用できる「Wealthnavi(ウェルスナビ) for ネオモバ」や「THEO+docomo(テオプラスドコモ)」といったロボアドバイザーは初期金額・月の積立金額も小額から利用が可能となっています。貯金感覚で行えますし、(預金ではないので元本保証はありませんが)実績もあるロボアドなので安心して利用できます。

「株の少額投資」に関するQ&A

株の少額投資をするにはどんな方法がありますか?

少額で買える銘柄を探す、もしくはミニ株(単元未満株)を購入して投資を始めるという方法があります。通常、現物株は単元株(100株)からの購入となるので、1銘柄の買付でも少額と言える値段ではありません。しかしミニ株だと1株から購入できるので多くの銘柄が1万円以下で購入できます。
※ミニ株については、購入できる証券会社が限られていますので、詳しくはミニ株とは?|ミニ株(単元未満株)取引ができるネット証券を比較をご覧ください。

その他にも、現金を使わずポイントで投資する方法や、1万円から積立できるロボアドバイザー「THEO+docomo(テオプラスドコモ)」を利用するという方法もあります。

株はいくらからできますか?

上述したミニ株(単元未満株)であれば、中には500円以下で購入できる銘柄もあるので、500円~1000円からでも株式投資は可能です。

また、現在の資金が少なくてもauカブコム証券のプチ株積立のようにミニ株を毎月積立てながら購入という方法もあります。
※参考:株式投資はいくらから始められるの?

少額投資におすすめの証券会社はありますか?

ミニ株の取扱がある+取扱の銘柄が多い・検索機能が充実している(安い銘柄を探しやすい)という面でみると、どちらにも長けているSBI証券がおすすめです。単元株であれば、手数料においても国内現物株の取引が50万円まで無料(アクティブプラン・2019年12月23日より)なので、コストを抑えての投資が可能です。

もっと資金を抑えての投資であれば、手数料を気にせず(月額制)ミニ株+Tポイントで投資ができるネオモバ(SBIネオモバイル証券)もおすすめです。500~3,000円以下で買える 銘柄があり、1株から買えるIPO、定期買付機能など少額投資をメインとした、スマホ特化の初心者向けネット証券です。アプリで管理でき、初心でも気軽に投資ができる点もおすすめです。

この記事を書いた人

瓜生 勝(うりう まさる)

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
みんなの株式 ネット証券比較プロデューサー
みんなの株式,Yahooファイナンス,株探,株マップ,IFISの比較コンテンツ作成。その他 JPX,TFX,インヴァスト証券,マネックス証券,岡三オンライン証券などの特集記事作成も経験。