IPOで将来有望な株式を入手してみよう

更新日 2017年12月22日

このページの概要

「IPO (新規公開株) の始め方」のイメージ画像

詳しく解説

すでに安定した経営である大手企業の株式は魅力的ですが, これから成長していく新興銘柄も見逃せません。 急成長を遂げたベンチャー企業の中には より効率良く資金を集める為に 上場することがあるのです。

IPOで将来有望な株式を入手して, 大きく成長していく過程を共に体験してみましょう。 規模が拡大していく企業については 上場後に株価が上昇するケースが多く見られます。

しかし IPOを申し込む投資家は多く, 原則的に証券会社の抽選によって最終的な購入者が決定されます。 それまで未上場だった企業の株式だけに 証券会社によって取り扱っているIPOが異なります。

自分の希望する新規公開株を購入する為にも, IPOに強い証券会社を知っておくべきです。

IPOに有利な証券会社

証券業界のリーディングカンパニーである 松井証券 は, IPOにも力を入れています。 定期的に募集が出ているので 希望する新規公開株を見つけやすいメリットがあります。 公平な抽選なのですが, 需要申告期間に申告しておくことで優先順位を上げられるのが特徴です。

ところで よくある質問で「取引実績が大きい投資家に優先的にIPOが配分されるのですか?」があります。 その点については, 全ての投資家を公平に扱っている証券会社を選択することで 過去の取引実績がなくても購入できる可能性があるのです。

投資家1人につき 1抽選権が与えられる マネックス証券 であれば, 希望するIPOを購入するチャンスができます。

それに 同じく公平な抽選方法をとっている カブドットコム証券 でも, IPOを入手できるでしょう。 メガバンクのグループ企業である為, 豊富な種類のIPOを取り扱っている点も魅力です。

何回もIPO購入を目指すつもりならば IPOチャレンジポイントによって どんどん当選しやすくなる SBI証券 に口座開設をしておきましょう。

抽選に外れてもポイントが加算されていくので, IPO中心に株式投資をする方にとって外せない証券会社の1つです。 ネット証券の代表格ともいえる証券会社なので, IPO以外でも役立ちます。 逆に IPOカテゴリによって明確に当選確率が違ってくるのが, 楽天グループの 楽天証券 です。 取引における支払手数料が大きいほど有利になる仕組みなので アクティブに株式を売買する方などに向いています。

情報展開のご協力をお願いします!

記事が役に立つと思ったらシェアして下さい