マネックス証券のIPO(新規公開株)

更新日 2018年2月16日

マネックス証券のIPO(新規公開株式)

完全抽選の公平性↑

「マネックス証券のIPO」のイメージ画像

「マネックス証券の新規公開株」と言えば、IPO狙いの投資家には有名です

取扱実績が多いと言うのも理由の一つですが何よりも「IPOに当選しやすい」ことが理由です。

マネックスのIPOはどのようなルールなのか、このページで説明したいと思います。

マネックス証券のおすすめ「IPO(新規公開株式)」

マネックス証券IPO取扱数を年々増加させています。2017年はSBI証券の82銘柄に次いでネット証券2位のIPO取扱実績(49銘柄)がありました。
※PO(公募・売出)は除きます。

オンライン証券の年度別IPO取扱実績(2011年~2017年)
証券会社名 NISA口座 IPO(新規公開株)の取扱上場会社数
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年
SBI証券 83社 76社 78社 65社 44社 37社 26社
楽天証券 × 7社 8社 8社 2社 2社 6社 15社
カブドットコム証券 14社 20社 16社 21社 16社 26社 18社
マネックス証券 49社 47社 50社 38社 34社 14社 10社
松井証券 8社 11社 14社 5社 2社 11社 14社
クリック証券 0社 1社 1社 2社
岡三オンライン証券 23社 6社 8社 11社 未調査 未調査 未調査
ライブスター証券 7社

IPOならマネックス証券」と言う個人投資家の声が徐々に浸透していることを受けて取扱実績を増やしているのかも知れませんね。マネックス証券のIPOは公平性が非常に高いルールですので取扱数を増やしているのは当選の可能性が上がりますので大変たすかりますね。

マネックス証券のIPO実績

次にマネックス証券の2017年IPO取扱実績を掲載します。

マネックス証券:2017年のIPO取扱実績まとめ

マネックス証券:2017年のIPO取扱実績一覧

2017年IPO取扱い実績(公募価格・初値・騰落率・損益)
上場日 上場銘柄名 発行価格 初値 騰落率 損益
1月27日 シャノン 1500円 6310円 321% 48.1万円
2月16日 日宣 1600円 3000円 88% 14.0万円
2月23日 ユナイテッド&コレクティブ 1620円 4500円 178% 28.8万円
2月23日 レノバ 750円 1125円 50% 3.8万円
3月7日 ロコンド 1850円 2625円 42% 7.8万円
3月9日 ピーバンドットコム 1650円 3530円 114% 18.8万円
3月16日 ほぼ日 2530円 5360円 128% 30.1万円
3月16日 うるる 3000円 3330円 11% 3.3万円
3月17日 ビーグリー 1880円 1881円 0% 0.0万円
3月21日 インターネットインフィニティー 1320円 5040円 282% 37.2万円
3月21日 力の源ホールディングス 600円 2230円 272% 16.3万円
3月24日 ソレイジア・ファーマ 185円 234円 26% 0.5万円
3月24日 オロ 2070円 4750円 129% 26.8万円
3月29日 オークネット 1100円 1300円 18% 2.0万円
3月30日 スシローグローバルホールディングス 3600円 3430円 ▲5% ▲1.7万円
4月6日 テモナ 2550円 8050円 216% 55.0万円
4月10日 ウェーブロックホールディングス 750円 721円 ▲4% ▲0.3万円
6月27日 Fringe81 2600円 6060円 133% 34.6万円
6月30日 ツナグ・ソリューションズ 2130円 4515円 112% 23.9万円
7月12日 ソウルドアウト 1200円 2113円 76% 9.1万円
7月20日 クロスフォー 730円 1051円 44% 3.2万円
8月3日 シェアリングテクノロジー 1600円 2990円 87% 13.9万円
8月9日 トランザス 1300円 3510円 170% 22.1万円
8月30日 UUUM 2050円 6700円 227% 46.5万円
9月13日 エスユーエス 2300円 4970円 116% 26.7万円
9月20日 ニーズウェル 1670円 3850円 131% 21.8万円
9月22日 PKSHA Technology 2400円 5480円 128% 30.8万円
9月28日 ロードスターキャピタル 1820円 2501円 37% 6.8万円
9月29日 マネーフォワード 1550円 3000円 94% 14.5万円
10月5日 MS&Consulting 1280円 1250円 ▲2% ▲0.3万円
10月5日 ウェルビー 2580円 3305円 28% 7.3万円
10月25日 シルバーライフ 2500円 4630円 85% 21.3万円
10月25日 テンポイノベーション 3100円 6000円 94% 29.0万円
10月26日 SKIYAKI 3400円 8400円 147% 50.0万円
10月31日 Casa 2270円 2331円 3% 0.6万円
11月15日 シー・エス・ランバー 1480円 2724円 84% 12.4万円
11月21日 サインポスト 2200円 8530円 288% 63.3万円
12月12日 一家ダイニングプロジェクト 2450円 6700円 173% 42.5万円
12月12日 カチタス 1640円 1665円 2% 0.3万円
12月13日 グローバル・リンク・マネジメント 2620円 6130円 134% 35.1万円
12月13日 ヴィスコ・テクノロジーズ 4920円 15000円 205% 100.8万円
12月14日 エル・ティー・エス 680円 2810円 313% 21.3万円
12月15日 イオレ 1890円 5100円 170% 32.1万円
12月15日 HANATOUR JAPAN 2000円 2200円 10% 2.0万円
12月18日 ナレッジスイート 2000円 5010円 151% 30.1万円
12月18日 すららネット 2040円 4345円 113% 23.1万円
12月19日 みらいワークス 1840円 6080円 230% 42.4万円
12月21日 プレミアグループ 2320円 2220円 ▲4% ▲1.0万円
12月22日 ミダック 1300円 2000円 54% 7.0万円
合計 86915円 200586円 5497% 1063.5万
備考

※1:「発行価格×単元株」で計算

※2:「初値×単元株」で計算

(上記銘柄の上場時、単元株は全て100株単位)

参考:過去のマネックス証券のIPO取扱実績

2017年の実績では取扱49銘柄中、上場初値でマイナスになったのが4銘柄。平均騰落率が60%と約1.5倍以上の利益を上げています。。これを見るだけでもIPOに応募する価値は十分ですね。

マネックス証券のIPOルール

マネックス証券の新規公開株式のルールは一言で言うと「公平」です。主要オンライン証券5社で新規公開時の「配分数量の振り分け」と「抽選方法」を下記します。

【証券会社のIPOルールのチェックポイント】

A.引受数に対しての配分先
-証券会社はIPO銘柄引受数を全て抽選で決めるとは限りません。各社独自に配分を決定できるため、各社によっては大口の投資家などに優先して配分する可能性があります。

B.抽選方法
-抽選方法についても各社の考えに違いがあります。マネックス証券・松井証券などは下記図の通り、申込「者」ごとに抽選を行うことに対してSBI証券・楽天証券は申込「数」に応じて抽選を行います。

オンライン証券別IPOルール

マネックス証券のIPOルールでは配分先に格差は設けず、抽選方法も申込者ごとの完全抽選制ですので正に「公平」なIPOルールと言えそうです。

また各社の配分数にもよりますが、仮に配分数が同じならマネックス証券や松井証券の当選確率は他のオンライン証券よりも高いと言うことを示してます。マネックス証券のIPOが人気となる秘密はこの「IPOルール」が理由のようです。

NISA(ニーサ)口座でもIPOが可能

マネックス証券では2014年11月よりニーサ口座でもIPO申込が可能となりました。大きな利益を得る可能性の高いIPO銘柄を非課税で取得できるのは大きなメリットですよ!
評価担当: (著者)

マネックス証券:IPOの口コミ・評判

証券会社比較.tokyo で収集した口コミ・評判の中から マネックス証券のIPO に関する クチコミ を抜粋します。

40代女性のクチコミ

・ 利用者の評価:★★★★★(4.5/5.0)

マネックス証券は, 手数料が安くて デイトレ向き だからと思い 口座開設しました。

IPOの当選確率を上げるために たくさんの会社の口座を作るのにあたり, 手間もかからずネットから簡単に出来るというのも利用するきっかけです。

IPOの当たる確率が大口優先ではなくて平等だからです。 箱物証券会社とは違い, 小口の投資家に目をむけた考えが好きです。

1件を掲載 (全71件中)
「マネックス証券の口コミ・評判」をもっと見る