マネックス証券のIPO(新規公開株)

更新日 2020年2月14日

完全抽選の公平性↑

「マネックス証券のIPO」のイメージ画像

「マネックス証券の新規公開株」と言えば、IPO狙いの投資家には有名です

取扱実績が多いと言うのも理由の一つですが何よりも「IPOに当選しやすい」ことが理由です。

マネックスのIPOはどのようなルールなのか、このページで説明したいと思います。

マネックス証券のIPO(新規公開株式)

マネックス証券のIPO取扱実績の推移(2011年~2019年)

マネックス証券IPO取扱数を年々増加させています。2019年はSBI証券の82銘柄に次いでネット証券2位のIPO取扱実績(45銘柄)がありました。
※PO(公募・売出)は除きます。

オンライン証券の年度別IPO取扱実績(2011年~2019年)
証券会社名 NISA口座 IPO(新規公開株)の取扱上場会社数
2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年
SBI証券 82社 86社 83社 76社 78社 65社 44社 37社 26社
楽天証券 × 26社 10社 7社 8社 8社 2社 2社 6社 15社
カブドットコム証券 24社 23社 14社 20社 16社 21社 16社 26社 18社
マネックス証券 45社 49社 49社 47社 50社 38社 34社 14社 10社
松井証券 21社 9社 8社 11社 14社 5社 2社 11社 14社
クリック証券 0社 1社 0社 1社 1社 2社
岡三オンライン証券 37社 45社 23社 6社 8社 11社 未調査 未調査 未調査
ライブスター証券 5社 4社 7社
DMM株 3社
ネオモバ 1社

IPOならマネックス証券」と言う個人投資家の声が徐々に浸透していることを受けて取扱実績を増やしているのかも知れませんね。マネックス証券のIPOは公平性が非常に高いルールですので取扱数を増やしているのは当選の可能性が上がりますので大変たすかりますね。

マネックス証券のIPO実績

次にマネックス証券の2019年IPO取扱実績を掲載します。

マネックス証券:2019年のIPO取扱実績まとめ

マネックス証券:2019年のIPO取扱実績一覧

2019年IPO取扱い実績(公募価格・初値・騰落率・損益)
上場日 上場銘柄名 発行価格 初値 騰落率 損益
2月22日 識学 1800円 4550円 153% 27.5万円
2月28日 フロンティアインターナショナル 2410円 2715円 13% 3.1万円
3月5日 日本国土開発 510円 624円 22% 1.1万円
3月13日 サーバーワークス 4780円 18000円 277% 132.2万円
3月15日 カオナビ 1980円 3970円 101% 19.9万円
3月18日 共栄セキュリティーサービス 2100円 2866円 37% 7.7万円
3月19日 ミンカブ・ジ・インフォノイド 1050円 1400円 33% 3.5万円
3月28日 日本ホスピスホールディングス 1000円 1466円 47% 4.7万円
3月28日 NATTY SWANKY 3270円 3930円 20% 6.6万円
3月29日 Welby 5200円 18030円 247% 128.3万円
3月29日 エードット 1110円 2453円 121% 13.4万円
4月24日 ハウテレビジョン 1210円 3745円 210% 25.4万円
4月25日 トビラシステムズ 2400円 5420円 126% 30.2万円
6月4日 大英産業 1,520円 1,330円 ▲13% ▲1.9万円
6月19日 Sansan 4330円 4760円 6% 2.6万円
6月27日 新日本製薬 1470円 1664円 13% 1.9万円
6月28日 リビン・テクノロジーズ 3900円 9000円 131% 51.0万円
7月5日 フィードフォース 1150円 2760円 140% 16.1万円
7月24日 ビーアンドピー 2000円 2400円 20% 4.0万円
7月29日 ブシロード 1890円 2204円 17 3.1万円
7月31日 ツクルバ 2050円 2050円 0% 0.0万
9月19日 サイバー・バズ 2300円 4000円 74% 17.0万円
9月20日 ギフティ 1500円 1880円 25% 3.8万円
9月24日 Chatwork 1600円 1480円 ▲8% ▲1.2万円
10月1日 パワーソリューションズ 2000円 5110円 156% 31.1万円
10月8日 HENNGE 1400円 2001円 43% 6.0万円
10月18日 ワシントンホテル 1310円 1462円 12% 1.5万円
10月24日 インティメート・マージャー 1900円 4000円 111% 21.0万円
10月28日 セルソース 2280円 6020円 164% 37.4万円
11月1日 ダブルエー 4690円 4680円 0% ▲0.1万円
11月21日 トゥエンティーフォーセブン 3420円 3800円 11% 3.8万円
12月11日 マクアケ 1550円 2710円 75% 11.6万円
12月16日 ベース 4700円 9050円 93% 43.5万円
12月16日 ランサーズ 730円 842円 15% 1.1万円
12月16日 JMDC 2950円 3910円 33% 9.6万円
12月17日 ウィルズ 960円 4535円 372% 35.8万円
12月18日 JTOWER 1600円 2620円 64% 10.2万円
12月18日 ユナイトアンドグロウ 1270円 3205円 152% 19.4万円
12月19日 SREホールディングス 2650円 2475円 ▲7% ▲1.8万円
12月20日 スペースマーケット 590円 1306円 121% 7.2万円
12月20日 INCLUSIVE 2110円 4535円 115% 24.3万円
12月23日 global bridge HOLDINGS 2690円 4020円 49% 13.3万円
12月23日 カクヤス 1600円 1866円 17% 2.7万円
12月25日 AI inside 3600円 12600円 250% 90.0万円
12月26日 スポーツフィールド 2730円 8500円 211% 57.7万円
合計 99430円 191944円 3867% 925.1万円
備考

※1:「発行価格×単元株」で計算

※2:「初値×単元株」で計算

(上記銘柄の上場時、単元株は全て100株単位)

参考:過去のマネックス証券のIPO取扱実績

2019年の実績では取扱45銘柄中、上場初値でマイナスになったのが4銘柄。平均騰落率が86%と利益を上げています。。取扱数も多く、これを見るだけでもIPOに応募する価値は十分ですね。

マネックス証券のIPOルール

マネックス証券は公平なIPOルール

マネックス証券の新規公開株式のルールは一言で言うと「公平」です。主要オンライン証券5社で新規公開時の「配分数量の振り分け」と「抽選方法」を下記します。

【証券会社のIPOルールのチェックポイント】

A.引受数に対しての配分先
-証券会社はIPO銘柄引受数を全て抽選で決めるとは限りません。各社独自に配分を決定できるため、各社によっては大口の投資家などに優先して配分する可能性があります。

B.抽選方法
-抽選方法についても各社の考えに違いがあります。マネックス証券・松井証券などは下記図の通り、申込「者」ごとに抽選を行うことに対してSBI証券・楽天証券は申込「数」に応じて抽選を行います。

主要ネット証券のIPO抽選ルール
証券会社 IPO実績
(2018年実績)
引受配分数に対しての配分先 抽選方法
SBI証券 86銘柄 1.抽選制での配分(70%)
2.ポイント制での配分(30%)
1.申込「数」ごとに抽選
2.抽選なし
楽天証券 10銘柄 引受配分数は「全て抽選」で配分 ・申込「数」ごとに抽選
カブドットコム証券 23銘柄 下記、1~3条件に合致する先に一定比率で配分
1.IPOに応募した個人投資家
2.カブコム側が選ぶ個人投資家
3.プロ口座保有者
※それぞれの配分比率は未発表
1.は申込「」ごとに抽選
マネックス証券 49銘柄 引受配分数は「全て抽選」で配分 ・申込「」ごとに抽選
松井証券 9銘柄 抽選制での配分(70%) ・申込「」ごとに抽選
【備考】 ・配分,抽選方法に関しましては諸条件が付く場合があります。詳細は各社の公式HPにてご確認ください。
・調査日:2019年9月

マネックス証券のIPOルールでは配分先に格差は設けず、抽選方法も申込者ごとの完全抽選制ですので正に「公平」なIPOルールと言えそうです。

また各社の配分数にもよりますが、仮に配分数が同じならマネックス証券や松井証券の当選確率は他のオンライン証券よりも高いと言うことを示してます。マネックス証券のIPOが人気となる秘密はこの「IPOルール」が理由のようです。

NISA(ニーサ)口座でもIPOが可能

マネックス証券では2014年11月よりニーサ口座でもIPO申込が可能となりました。大きな利益を得る可能性の高いIPO銘柄を非課税で取得できるのは大きなメリットですよ!

マネックス証券のIPOの始め方

マネックス証券でのIPOの購入方法は以下の手順になります。

マネックス証券でIPOを購入するには、まず銘柄一覧から目論見書の確認とブックビルディング(需要申告)への参加が必須となっています。また、この段階で申告額以上の残高が必要になりますので、ご注意ください。

ブックビルディング参加後は、募集・売り出し価格等を確認し、抽選結果を待ちます。結果はマネックス証券のwebサイト内「需要申告・購入申込状況」画面にて確認ができます。

当選であれば、期間中に申込をし購入ができます。購入のキャンセルや申込数量の一部のみ購入も可能です。

マネックス証券:IPOの口コミ・評判

証券会社比較.tokyo で収集した口コミ・評判の中から マネックス証券のIPO に関する クチコミ を抜粋します。

40代女性のクチコミ

・ 利用者の評価:★★★★★(4.5/5.0)

マネックス証券は, 手数料が安くて デイトレ向き だからと思い 口座開設しました。

IPOの当選確率を上げるために たくさんの会社の口座を作るのにあたり, 手間もかからずネットから簡単に出来るというのも利用するきっかけです。

IPOの当たる確率が大口優先ではなくて平等だからです。 箱物証券会社とは違い, 小口の投資家に目をむけた考えが好きです。

※1件を掲載 (全81件中)
「マネックス証券の口コミ・評判」をもっと見る

マネックス証券のIPOに関するQ&A

マネックス証券でIPOをするメリット・デメリットを教えて下さい

マネックス証券のIPOには以下のようなメリット・デメリットがあると思います。

マネックス証券IPOのメリット

マネックス証券IPOのデメリット

マネックス証券のIPO2019年度の実績を教えてください

マネックス証券のIPO2019年度実績は、取扱数45銘柄、公募価格が初値より+になった銘柄数41、勝率91.1%となっています。

具体的な銘柄などは マネックス証券:2019年のIPO取扱実績一覧 からご覧ください。

マネックス証券のIPO当選ルールを教えてください。

マネックス証券では、格差なく、完全抽選制となっているため、応募者全員に公平に当選権利があります。マネックス証券が IPOおすすめランキング で1位なのは、これが理由です。

この記事を書いた人

瓜生 勝(うりう まさる)

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
みんなの株式 ネット証券比較プロデューサー
みんなの株式,Yahooファイナンス,株探,株マップ,IFISの比較コンテンツ作成。その他 JPX,TFX,インヴァスト証券,マネックス証券,岡三オンライン証券などの特集記事作成も経験。