松井証券のIPO(新規公開株)

更新日

事前入金が不要!

松井証券のIPO画像

松井証券もIPO(新規公開株)を取扱うネット証券会社の1社です。

同社のIPO当選ルールは公正明瞭、応募者に行き渡るように整理されています。

ここでは松井証券のIPO取扱銘柄・実績や当選ルールなどを詳しくご紹介いたします。

松井証券のIPO実績 (取扱数・勝率・抽選ルール)

松井証券のIPO取扱実績の推移(2011年~2019年)

松井証券含めネット証券では総合証券と同じくIPOを取り扱っています。まず下記に2011年から2019年のIPO取扱実績の推移を下記します。

オンライン証券の年度別IPO取扱実績(2011年~2019年)
証券会社名 NISA口座 IPO(新規公開株)の取扱上場会社数
2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年
SBI証券 82社 86社 83社 76社 78社 65社 44社 37社 26社
楽天証券 × 26社 10社 7社 8社 8社 2社 2社 6社 15社
auカブコム証券 24社 23社 14社 20社 16社 21社 16社 26社 18社
マネックス証券 45社 49社 49社 47社 50社 38社 34社 14社 10社
松井証券 21社 9社 8社 11社 14社 5社 2社 11社 14社
クリック証券 0社 1社 0社 1社 1社 2社
岡三オンライン証券 37社 45社 23社 6社 8社 11社 未調査 未調査 未調査
ライブスター証券 5社 4社 7社
DMM株 3社
ネオモバ 1社

SBI証券マネックス証券などと比べると決して取扱数は多い方ではありませんが、2019年は取扱数21社の実績があります。ちなみに各社のIPO特設ページも作成していますのでそちらもご参照ください。

松井証券のIPO実績

次に初値や勝率など、松井証券の2019年IPO取扱実績を掲載します

松井証券:2019年のIPO取扱実績まとめ

松井証券:2019年のIPO取扱実績一覧

2019年IPO取扱い実績(公募価格・初値・騰落率・損益)
上場日 上場銘柄名 発行価格 初値 騰落率 損益
2月22日 識学 1800円 4550円 153% 27.5万円
2月26日 リックソフト 4000円 9050円 126% 50.5万円
3月19日 ミンカブ・ジ・インフォノイド 1050円 1400円 33% 3.5万円
3月28日 日本ホスピスホールディングス 1000円 1466円 47% 4.7万円
4月24日 ハウテレビジョン 1210円 3745円 210% 25.4万円
6月12日 ユーピーアール 3300円 4000円 21% 7.0万円
6月25日 インフォネット 1490円 3430円 130% 19.4万円
9月20日 ギフティ 1500円 1880円 25% 3.8万円
9月24日 Chatwork 1600円 1480円 ▲8% ▲1.2万円
10月1日 パワーソリューションズ 2000円 5110円 156% 31.1万円
12月2日 名南M&A 2000円 2900円 45% 9.0万円
12月16日 ベース 4700円 9050円 93% 43.5万円
12月16日 ランサーズ 730円 842円 15% 1.1万円
12月17日 ウィルズ 960円 4535円 372% 35.8万円
12月17日 フリー 2000円 2500円 25% 5.0万円
12月18日 ユナイトアンドグロウ 1270円 3205円 152% 19.4万円
12月18日 BuySell Technologies 1930円 3720円 93% 17.9万円
12月19日 SREホールディングス 2650円 2475円 ▲7% ▲1.8万円
12月20日 スペースマーケット 590円 1306円 121% 7.2万円
12月23日 global bridge HOLDINGS 2690円 4020円 49% 13.3万円
12月26日 スポーツフィールド 2730円 8500円 211% 57.7万円
合計 41200円 79164円 2064% 379.6万円
備考

※1:「発行価格×単元株」で計算

※2:「初値×単元株」で計算

(上記銘柄の上場時、単元株は全て100株単位)

参考:過去のIPO取扱実績

2019年の取扱実績は21銘柄と、近年に比べ増えてきています。このまま取扱が増えればIPO投資での狙い目の証券になるかもしれませんね。2020年の実績に期待です。

松井証券のIPOルール

まず証券会社各社のIPOの取組で注目するポイントは2つあります。

一つは前項でご説明した「IPO取扱数(取扱実績)」、もう一つがここでお話する「IPOのルール」です。

IPOルールを比較する意味で主要オンライン証券5社で新規公開時の「配分数量の振り分け」と「抽選方法」を掲載します。

【証券会社のIPOルールのチェックポイント】
A.引受数に対しての配分先
-証券会社が取扱うIPO銘柄はその引受数を全て抽選で決めるとは限りません。証券会社によっては大口の投資家などに優先して配分する可能性があります。このページを見られる方にとっては抽選での配分を望まれる方が大半だと思います。

B.抽選方法
-抽選方法についても各社の考えに違いがあります。マネックス証券・松井証券などは下記図の通り、申込「者」ごとに抽選を行うことに対してSBI証券楽天証券は申込「数」に応じて抽選を行います。当選確率が高いのはもちろん抽選「者」を対象とした抽選方法です。

事前入金が不要

多くのネット証券のIPOでは、応募時に買付余力・購入代金が必要となりますが、松井証券のIPOは事前入金が不要となっています。購入代金は、抽選後の購入申込期限最終日までの入金が必要です。

NISA(ニーサ)口座でもIPOが可能

松井証券はNISA口座でもIPO銘柄に申込可能です。大きな利益を得る可能性の高いIPO銘柄を非課税で取得できるのは大きなメリットですよ!

松井証券:IPOの口コミ・評判

証券会社比較.tokyo で収集した口コミ・評判の中から 松井証券のIPO に関する クチコミ を抜粋します。

30代女性のクチコミ

・ 利用者の評価:★★★★☆(4.0/5.0)

※1件を掲載 (全81件中)
「松井証券の口コミ・評判」をもっと見る

この記事を書いた人

証券会社比較.tokyoの著者

瓜生 勝(うりう まさる)

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
みんなの株式 ネット証券比較プロデューサー
みんなの株式,Yahooファイナンス,株探,株マップ,IFISの比較コンテンツ作成。その他 JPX,TFX,インヴァスト証券,マネックス証券,岡三オンライン証券などの特集記事作成も経験。