新規上場株狙いならココは外せない!?IPO向きのおすすめネット証券ランキング

更新日 2019年2月25日

IPO(新規公開株)向きのおすすめ証券会社ランキング

IPOランキング

IPOランキングのトップ画像

IPOの取扱銘柄は証券会社で違いますのでたくさんの証券口座をもっている人のほうがIPO銘柄を獲得できるチャンスが広がります。

ただ証券会社によっては機関投資家や個人でも取引量の多いいわゆる「お得意様優先」でIPO銘柄を配分する業者もあることは事実です。
※総合証券ではまだまだそれが一般的なようですね。

ですので、「これからIPOをやりたい」と思っている方や「公平な抽選をしてくれる証券会社を選びたい」と思っている方はネット証券で口座開設しましょう!

このページでは『IPO(新規公開株)比較』ページで比較した取扱実績や抽選ルールと元にIPO狙いの皆さんにオススメしたいネット証券をランキング形式でご紹介します。

IPO(新規公開株)ランキングの評価ポイント

管理人が各社HPのIPOに関する運営指針まで詳細に調査し「IPOやるならこの証券口座を開けておきましょう」と言うネット証券を厳選しました。

冒頭お伝えしたとおり、「IPOは多くの口座を持っている方が有利」ですので1位~3位の証券口座を全てを開設する気持ちでランキングをご覧ください。

IPOおすすめランキング

マネックス証券のバナー

IPO向きの証券会社として有名

評価ポイント

公平・明瞭な抽選ルール

知る人ぞ知るIPO向きのおすすめネット証券がマネックス証券。取扱数も多めで且つ、主幹事実績もあるネット証券です。完全公平な抽選方式でファンから絶大な人気を博しています!

<MONEX:IPO取扱・抽選方法>
IPO取扱実績(2016年) NISA口座での
IPO可否
47銘柄
抽選方式 当選確率
1人1票制 公平
マネックス証券のIPOページの画面サンプル

40代女性のクチコミ (一部抜粋)

IPOの当たる確率が大口優先ではなくて平等です。 小口の投資家に目をむけた考えが好きです。

今すぐ口座開設
マネックス証券:詳細
  • ネット証券会社のIPOおすすめランキング第2位
  • SBI証券
  • 【抽選】信用口座開設でamazonギフト券プレゼント

SBI証券のバナー

IPO取扱実績がネット証券No1!

評価ポイント

IPOならSBI証券

IPO狙いの個人投資家に外せない証券会社がSBI証券。何よりIPOの取扱実績がネット証券では圧倒的!今年もIPOにかなりの力を入れているようです。絶対外せない1社

<SBI証券:IPO取扱・抽選方法>
IPO取扱実績(2016年) NISA口座での
IPO可否
76銘柄
抽選方式 当選確率
ブックビルディング方式
(1口1票制)
公平
SBI証券のIPOページの画面サンプル
今すぐ口座開設
SBI証券:詳細
  • ネット証券会社のIPOおすすめランキング第3位
  • 松井証券
  • 新規口座開設で全員に200ポイントプレゼント

松井証券のバナー

マネックスと同じく完全公平

評価ポイント

NISA口座でもIPO

マネックス証券と同じく完全公平なIPO抽選ルールがあるのが松井証券。業界のパイオニアとして個人投資家の期待は裏切りませんね。願わくばもう少しだけ取扱数が増えてくれればなぁと個人的に思います。

<松井証券:IPO取扱・抽選方法>
IPO取扱実績(2016年) NISA口座での
IPO可否
11銘柄
抽選方式 当選確率
1人1票制 公平

30代女性のクチコミ (一部抜粋)

IPOは 誰でも公平な抽選 で, はじめてIPOに当選しました。

今すぐ口座開設
松井証券:詳細

まとめ

IPOランキング1位はやはりSBI証券、抽選ルール等で考えると口座を持っていれば誰でも公平なマネックス証券松井証券の方が優れていると言えますが、やはりIPO取扱数の多さがそれを凌駕しています。

まあ何度も言いますが、「IPO当選確率は証券口座を沢山持っていたほうが有利」。
※なぜ証券口座を沢山持っていた方がIPOに有利なのかは『IPOが当選しやすくなる方法』をご覧ください。

少なくても狙っているIPO銘柄に応募できない!?、、なんてことが無いように今回ご紹介した口座を複数開設しておきましょう!