一般信用と制度信用で何が違うのですか?

更新日 2017年12月22日

このページの概要

「一般信用取引と制度信用取引の違い」のイメージ画像

詳しく解説

一般信用と制度信用では, 取引におけるルールが違います

一般信用は 投資家 と 証券会社 の間で行われる取引なので, その証券会社が定めたルールに従うのが特徴です。 それに対して制度信用では, 各証券取引所が定めた共通ルールとなっています。 したがって 制度信用については, 証券会社自身も共通ルールを遵守しているのです。

制度信用は株式投資の促進が目的でありますが, 健全化の為に対象銘柄が制限されています。

証券取引所の判断は厳格であり, 信用取引に適している銘柄しか許可していません。 そのため この制度信用で取引できる銘柄は, 一般信用に比べて少ない状態です。 ライブスター証券 のように, 制度信用の手数料を安くして投資家を呼び込んでいる証券会社も見られます。

一般信用は証券会社がそれぞれルールを作っています。 ゆえに 制度信用では取引できなかった銘柄も対象になり, 他の投資家に比べて多くのチャンスを得られるのです。

オリジナルの一般信用としては 松井証券 が魅力的で, デイトレード専用のプランも利用できます。 それから 豊富な投資情報 と 取引ツール を提供している カブドットコム証券 でも, 逆日歩 が発生しない一般信用の信用売りを自由に行えます。

一般信用は管理コストなどがかかるので, どの証券会社でも扱っているとは限りません。 株式売買による差益をどんどん狙っていくのならば, 一般信用も取り扱っている証券会社に口座開設をしましょう。