SBI証券のIPO(新規公開株)

更新日

チャレンジポイントありマス

「SBI証券のIPO」画像

IPO(新規公開株式)は有望な注目銘柄をお得な価格で購入できる投資家に非常に人気のサービスです。

SBI証券は2019年のIPO実績でネット証券No1、 当選するチャンスも増えます!

このページではSBI証券のIPO(新規公開株)をご説明します。

SBI証券のIPO (新規公開株式)

SBI証券のIPO取扱実績の推移(2011年~2019年)

企業が取引所に上場する時に証券会社に株式を引き受けてもらいますが、SBI証券はネット証券のなかでも引受数が最も多い業者です。

オンライン証券の年度別IPO取扱実績(2011年~2019年)
証券会社名 NISA口座 IPO(新規公開株)の取扱上場会社数
2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年
SBI証券 82社 86社 83社 76社 78社 65社 44社 37社 26社
楽天証券 × 26社 10社 7社 8社 8社 2社 2社 6社 15社
auカブコム証券 24社 23社 14社 20社 16社 21社 16社 26社 18社
マネックス証券 45社 49社 49社 47社 50社 38社 34社 14社 10社
松井証券 21社 9社 8社 11社 14社 5社 2社 11社 14社
クリック証券 0社 1社 0社 1社 1社 2社
岡三オンライン証券 37社 45社 23社 6社 8社 11社 未調査 未調査 未調査
ライブスター証券 5社 4社 7社
DMM株 3社
ネオモバ 1社

新規公開株(IPO)は誰にでもチャンスがあり、初値が公募価格の数倍になることもあり、且つ負ける可能性が非常に少ないため、とても人気があります。IPO実績が多いSBI証券はそれだけチャンスが多いと言うことでもあるのです。

SBI証券のIPO実績

先の表の通り、SBI証券はIPO実績が一番多いネット証券ですが、どのようなIPO銘柄を取り扱っているのか、そしてその結果を調査してみました。
※調査は2018年にSBI証券引受したIPO銘柄と公募価格及び初値です。

SBI証券:2019年のIPO取扱実績まとめ

SBI証券:2019年のIPO取扱実績一覧

※取扱実績数が多く表が長くなってしまいました。

2019年IPO取扱い実績(公募価格・初値・騰落率・損益)
上場日 上場銘柄名 発行価格 初値 騰落率 損益
2月22日 識学 1800円 4550円 153% 27.5万円
2月26日 リックソフト 4000円 9050円 126% 50.5万円
2月27日 東海ソフト 1500円 2872円 92% 13.7万円
2月28日 スマレジ 1370円 3225円 135% 18.6万円
2月28日 フロンティアインターナショナル 2410円 2715円 13% 3.1万円
3月12日 ダイコー通産 1540円 1732円 13% 1.9万円
3月13日 サーバーワークス 4780円 18000円 277% 132.2万円
3月14日 エヌ・シー・エヌ 800円 1214円 52% 4.1万円
3月15日 カオナビ 1980円 3970円 101% 19.9万円
3月18日 共栄セキュリティーサービス 2100円 2866円 37% 7.7万円
3月19日 コプロ・ホールディングス 2090円 2395円 15% 3.1万円
3月19日 KHC 850円 832円 ▲2% ▲0.2万円
3月19日 ミンカブ・ジ・インフォノイド 1050円 1400円 33% 3.5万円
3月20日 ギークス 1930円 2900円 50% 9.7万円
3月25日 gooddaysホールディングス 2280円 5200円 128% 29.2万円
3月28日 日本ホスピスホールディングス 1000円 1466円 47% 4.7万円
3月28日 フレアス 1850円 4045円 119% 22.0万円
3月28日 NATTY SWANKY 3270円 3930円 20% 6.6万円
3月29日 Welby 5200円 18030円 247% 128.3万円
3月29日 エードット 1110円 2453円 121% 13.4万円
4月3日 東名 3290円 4205円 28% 9.2万円
4月8日 ヴィッツ 2650円 6100円 130% 34.5万円
4月24日 ハウテレビジョン 1210円 3745円 210% 25.4万円
4月25日 トビラシステムズ 2400円 5420円 126% 30.2万円
4月25日 グッドスピード 1400円 1750円 25% 3.5万円
5月30日 バルテス 660円 1820円 176% 11.6万円
6月4日 大英産業 1520円 1330円 ▲13% ▲1.9万円
6月12日 ユーピーアール 3300円 4000円 21% 7.0万円
6月19日 日本グランデ 750円 752円 0% 0.0万円
6月19日 Sansan 4500円 4760円 6% 2.6万円
6月20日 ピアズ 3620円 5500円 52% 18.8万円
6月21日 ブランディングテクノロジー 1740円 4825円 177% 30.9万円
6月25日 インフォネット 1490円 3430円 130% 19.4万円
6月26日 ヤシマキザイ 1280円 1450円 13% 1.7万円
6月27日 あさくま 1250円 1834円 47% 5.8万円
6月27日 新日本製薬 1470円 1664円 13% 1.9万円
6月28日 リビン・テクノロジーズ 3900円 9000円 131% 51.0万円
7月5日 フィードフォース 1150円 2760円 140% 16.1万円
7月18日 Link-U 2820円 5760円 104% 29.4万円
7月24日 ビーアンドピー 2000円 2400円 20% 4.0万円
7月29日 ブシロード 1890円 2204円 17% 3.1万円
7月31日 ツクルバ 2050円 2050円 0% 0.0万円
8月9日 ステムリム 1000円 930円 ▲7% ▲0.7万円
9月12日 ピー・ビーシステムズ 1380円 1950円 41% 5.7万円
9月19日 サイバー・バズ 2300円 4000円 74% 17.0万円
9月19日 アミファ 660円 910円 38% 2.5万円
9月20日 ギフティ 1500円 1880円 25% 3.8万円
9月24日 Chatwork 1600円 1480円 ▲8% ▲1.2万円
9月26日 HPCシステムズ 1990円 1870円 ▲6% ▲1.2万円
10月1日 パワーソリューションズ 2000円 5110円 156% 31.1万円
10月2日 レオクラン 2700円 2920円 8% 2.2万円
10月8日 HENNGE 1400円 2001円 43% 6.0万円
10月8日 AI CROSS 1090円 1800円 65% 7.1万円
10月9日 アンビスホールディングス 2800円 4260円 52% 14.6万円
10月18日 浜木綿 2120円 2950円 39% 8.3万円
10月18日 ワシントンホテル 1310円 1462円 12% 1.5万円
10月24日 インティメート・マージャー 1900円 4000円 111% 21.0万円
10月25日 BASE 1300円 1210円 ▲7% ▲0.9万円
10月28日 セルソース 2280円 6020円 164% 37.4万円
10月29日 ジェイック 4750円 10320円 117% 55.7万円
10月30日 恵和 770円 1026円 33% 2.6万円
11月1日 ダブルエー 4690円 4680円 ▲0% ▲0.1万円
11月21日 トゥエンティーフォーセブン 3420円 3800円 11% 3.8万円
12月2日 名南M&A 2000円 2900円 45% 9.0万円
12月10日 ALiNKインターネット 1700円 4020円 137% 23.2万円
12月11日 マクアケ 1550円 2710円 75% 11.6万円
12月16日 ベース 4700円 9050円 93% 43.5万円
12月16日 ランサーズ 730円 842円 15% 1.1万円
12月16日 JMDC 2950円 3910円 33% 9.6万円
12月17日 ウィルズ 960円 4535円 372% 35.8万円
12月17日 フリー 2000円 2500円 25% 5.0万円
12月11日 アルー 1370円 2010円 47% 6.4万円
12月18日 JTOWER 1600円 2620円 64% 10.2万円
12月18日 ユナイトアンドグロウ 1270円 3205円 152% 19.4万円
12月18日 BuySell Technologies 1930円 3720円 93% 17.9万円
12月19日 SREホールディングス 2650円 2475円 ▲7% ▲1.8万円
12月19日 ランディックス 1630円 3660円 125% 20.3万円
12月20日 スペースマーケット 590円 1306円 121% 7.2万円
12月20日 INCLUSIVE 2110円 4535円 115% 24.3万円
12月23日 カクヤス 1600円 1866円 17% 2.7万円
12月25日 WDBココ 1530円 3400円 122% 18.7万円
12月25日 AI inside 3600円 12600円 250% 90.0万円
12月26日 スポーツフィールド 2730円 8500円 211% 57.7万円
合計 170040円 312537円 6346% 1425.0万円
備考

※1:「発行価格×単元株」で計算

※2:「初値×単元株」で計算

(上記銘柄の上場時、単元株は全て100株単位)

参考:過去のSBI証券のIPO取扱実績

SBI証券が2019年に取り扱ったIPO 82銘柄中、公開価格が初値より低い銘柄は8銘柄。仮に全ての銘柄に当選し、上場後の初値で売りさばいた場合の利益は1,400万円以上になります。

ちなみに2019年のSBI証券が主幹事の銘柄は6銘柄でした。

新商品は注目があるため、価格が高騰するのは一般社会でもよく聞く話ですが、全く同じことが株式市場ではIPOで実現されているわけです。当選すれば約90%の勝率で利益を出すことができて且つ、人気が集まるIPO銘柄を当選できれば100万以上の利益が出ることもザラにあるIPOの人気が高まるのは当然の流れですね。

IPOの当選ルール_SBI証券編

SBI証券ではIPO銘柄の個人口座への配分予定数のうち、70%をブックビルディング方式、30%を独自のIPOチャレンジポイント方式で募集を行ないます。当選の流れはどのようになるのかをそれぞれでご説明します。

「ブックビルディング方式」とは?

ブックビルディング方式を一言で説明すると、

申込の口数に応じた「抽選制」

です。

上の条件で5口を応募した場合の当選確率は、

100口(募集数)÷4,000口(応募総数)×5口(応募数)= 12.5%
上記の計算に基づき「12.5%」となります。

つまり当選確率を上げたい場合は応募口数を上げることで確立を上昇させることができます。
※その分、資金が多く必要です。

「IPOチャレンジポイント」とは?

IPOチャレンジポイントとはSBI証券が提供する独自ポイントプログラムサービスです。

一言で簡単に言うと、

IPOに応募して外れた場合、IPOチャレンジポイントが加算されて以降のIPO募集時にそのポイントを使ってチャレンジポイント枠で当選できる(可能性が出る)

となります。

IPOチャレンジポイント枠(個人配分数の3割)はポイントが多い順に当選させる仕組みですのでまずブックビルディング方式で積極的に応募を行いチャレンジポイントを貯めて勝負どころで使うのが常套手段と言えます。

ちなみにチャレンジポイントを使ってポイントが足らずに当選しなかった場合でも使ったポイントは戻ってきますし、1回分(1pt)が加算されますのでご安心ください。

NISA口座でもIPOへの応募が可能!

SBI証券はNISA口座でもIPO銘柄への応募が可能です。「IPO実績」の欄で説明した表をご覧頂く通り、ほとんどのIPO銘柄はNISA枠の上限である120万円以下ですのでNISA口座を「新規公開株の応募専用口座」としてIPO+非課税を狙う先方も投資戦略の一つでは無いでしょうか。

SBI証券のIPOに関するQ&A

SBI証券でIPOをするメリット・デメリットを教えて下さい

SBI証券のIPOには以下のようなメリット・デメリットがあると思います。

SBI証券IPOのメリット

SBI証券IPOのデメリット

SBI証券のIPO2019年度の実績を教えてください

SBI証券のIPO2019年度実績は、取扱数82銘柄、公募価格が初値より+になった銘柄数74、勝率90.2%となっています。

具体的な銘柄などは SBI証券:2019年のIPO取扱実績一覧 からご覧ください。

SBI証券のIPO当選ルールを教えてください。

SBI証券では、申込の口数に応じた抽選制のブックビルディング方式と、独自のチャレンジポイント方式で募集を行っています。それぞれブックビルディング方式が70%、チャレンジポイント方式が30%という割合で当選確率が決められています。
参考:IPOの当選ルール_SBI証券編

この記事を書いた人

証券会社比較.tokyoの著者

瓜生 勝(うりう まさる)

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
みんなの株式 ネット証券比較プロデューサー
みんなの株式,Yahooファイナンス,株探,株マップ,IFISの比較コンテンツ作成。その他 JPX,TFX,インヴァスト証券,マネックス証券,岡三オンライン証券などの特集記事作成も経験。