投資用の資金を用意しておく必要性

更新日 2019年11月28日

このページの概要

「投資資金の作り方」のイメージ画像

詳しく解説

投資運用では、お金を使ってお金を増やしていきます。それゆえ少額の資金だけでは、好成績を収めてもあまり増加しないのが特徴です。

株式の購入にしても、東証一部の大手企業の銘柄となれば20万円程度は必要となります。 ミニ株(単元未満株)でコツコツ積み立てていく方もいますが、できるだけ大きな資金を用意してから始めましょう。
※参考:ミニ株・単元未満株とは?

投資資金の考え方

毎月の家計を見直して投資用の資金を少しずつ貯めていくべきです。退職金のようにまとまった資金が手元にある場合、そのうちの一部のみ投資運用に回しましょう。

投資運用がどういうものなのかを理解してからでも、投資資金を増やすことは十分に間に合います。リスク管理をしっかり習得してからでなければ、投資した資金を大幅に減らしてしまう恐れがあるのです。

長期投資を始める為の資金としては、100万円が1つの目安となります。それだけの大きな金額を貯めるのは大変ですが、ボーナスの一部を取っておくなど工夫してみましょう。

保険の見直しによっても、毎月の支出を減らせる可能性があります。

証券会社を利用して上手に投資資金を作ろう

現在のネット証券会社は、どこかのグループに属していることが多いです。投資運用を含めた包括的なサービスを提供することで 顧客の囲い込みを行っています。日々の買い物でも貯まり、それを投資にもまわせるポイント投資は、まさにいい例だと思います。

「楽天証券」で上手に投資資金を貯める方法

楽天グループの楽天証券 に口座開設をすれば、そのグループ内の企業を利用する際に有利になります。

楽天グループによる楽天ポイントは使い勝手が良く、他の支払いの一部に使用できたりするお得なものです。また、現物株・投信の購入にも使用でき、投信の保有だけでもポイントが貯まるという点は、楽天証券で投資をはじめる大きなメリットだと思います。

「カブドットコム証券」で上手に投資資金を貯める方法

日常生活で馴染み深いメガバンクに関係した証券会社といえば、三菱UFJフィナンシャル・グループの カブドットコム証券 です。

グループ内の豊富な投資情報があり、「顧客投資成績の重視」の経営理念に見合った内容となっています。

三菱東京UFJ銀行との連携サービスを利用することで 入出金のスピードアップといった 数々の特典 を受けられます。

ネット証券で口座開設をして賢く投資のお勉強

大きな資金があると、大型銘柄を取り扱えるようになります。レバレッジを効かせた信用取引も余裕を持って行えるので、10万円以下の投資運用とはまったく違うフィールドになるのです。

しかし元本保証がない金融商品を売買する為、仮になくなっても日常生活に支障がない資金でなくてはいけません。

投資用の資金を貯める間も証券会社が提供している投資情報によって勉強できます。口座開設をすることで 投資情報の閲覧などが可能になるので、限られた時間を有意義に使ってみましょう。

今まさに動いている株式市場の分析レポートなので、読んでいくことで株式投資の知識が身につきます。

「株式投資」全般についての関連リンク

「業者のサービス比較&ランキング」の関連リンク