株式を購入するまでの手順

更新日 2017年3月29日

株を購入するまでの4つのステップ

このページの概要

「株の買い方」のイメージ画像

ステップ1.まずは証券会社HPでログインをしましょう

株式を購入するまでの手順は, まず取引画面へのログインから始まります。 証券会社のホームページでIDとパスワードを入力して 自分専用の取引画面にログインしましょう。 ログインが成功すると 自分の資産状況などを確認できる画面に切り替わります。

しかし 取引開始の前には登録されている個人情報が正しいかどうかを確認しておくべきです。 特に 振込先の銀行口座が間違っていると, 余分な時間と手数料がかかってしまうので注意しなければいけません。

ステップ2.銀行口座から証券口座への投資資金の振込

個人情報の確認が終了したら, 次に銀行口座から資金移動を行います。 具体的には その証券会社が指定した口座へ直接振込むか, 提携しているネットバンク経由で振込むかのどちらかです。

手動での振込は反映されるまでのタイムラグがあるので, ネットバンク経由で振込む方が すぐに取引開始できます。 証券会社によって提携しているネットバンクの種類が違う為, 事前に確認しておきましょう。

ステップ3.銘柄を探す

証券会社の総合口座に金額が反映されたら, いよいよ銘柄検索です。 ログインしたまま株式投資の画面に移動して 検索ボックスに銘柄の名称などを入力します。

通称では検索結果に出てこないケースもあるので 正式名称か, 一部分のキーワードでも検索してみましょう。 事業毎に分社化していることも多く, その銘柄の詳細情報を確認してから注文を出す必要があります。

ステップ4.買い注文を出す

購入したい銘柄が決まったら 実際に買い注文を出します。 その銘柄が表示されている画面上から買い注文を出せるのですが, 実際に約定するのは東京証券取引所の立会い時間中となります。 つまり 平日の午前9時から午後3時までならば, すぐ約定する注文を出しやすいのです。

リアルタイムで注文を出せなくても, 一定の条件を満たした時点で 自動的に購入してくれる注文方法があるので問題ありません。 豊富な注文方法があることも, 株式投資が人気である理由の1つです。

強気の値段で買い注文を出してみたい場合でも 当日の立会い時間の終了直前まで約定しなかったら 成行注文に切り替える条件付けができます。 これならば 自分にとって有利な値段で約定するチャンスを逃しません。

その他にも「 株価 が, 一定以上に上昇したら購入する」といった買い注文で, 上昇トレンドが発生した銘柄を掴まえる戦略もあります。 高くなった状態で購入するのは不利に思えるかもしれませんが, さらに上昇していくのであれば収益チャンスとなるのです。

株式投資のスタイルにもよるので, 様々な注文方法があることだけ覚えておきましょう。

情報展開のご協力をお願いします!

記事が役に立つと思ったらシェアして下さい

「株取引」についての関連リンク

「業者のサービス比較&ランキング」の関連リンク