IPOが当選しやすくなる方法

更新日 2017年12月22日

このページの概要

「IPOの当選確率を上げる方法」のイメージ画像

詳しく解説

一昔前まで IPO (新規公開株式) が当選しやすくなる方法は, その証券会社において多額の取引を行うことが 一般的でした。 人気があるIPOを優先的に配分することで, お得意様が他社に移ることを防止していたのです。 しかし オンライン取引が主流になった関係から 公平な抽選を行う証券会社が増加しました。

IPOが当選しやすくなる方法

同じ上場銘柄に複数のネット証券から申し込む

IPOの当選率を上げる一番の必勝法は 同じ上場銘柄に複数のネット証券で申し込むこと です。 それだけで当選する確率を飛躍的に上昇させることができます。

この方法に適した証券会社

口座開設数が多い SBI証券 では IPOの取り扱い数も豊富です。 さらに なかなか当選しない方の為に 外れた回数の分だけIPOチャレンジポイントを付与しています。 IPOチャレンジポイントを使用すると 通常の申し込みよりも IPOの当選確率が高くなる のです。 継続していくだけで当選しやすくなる仕組みなので 早めに口座開設をしておきましょう。
※関連リンク:SBI証券のIPO(新規公開株)

楽天証券 では 独自のIPOカテゴリによって当選確率が変わってきます。 月間の支払手数料などによって上位のIPOカテゴリに位置づけられ 通常の申し込みより2倍以上の当選確率になる証券会社です。 従来のお得意様優遇の仕組みに近いものの, 通常の2倍程度のIPOカテゴリなら誰でもなれる可能性があります。

その他でも マネックス証券松井証券 は 応募者による完全抽選制をとっていますので 一番当選確率が高いネット証券 と言っても良いかと思います。

IPOは各社で違うため, どれだけのIPO銘柄を取り扱っているのかも 証券会社を比較する時の重要なポイントです。 証券会社によって申し込めるIPO銘柄が異なるので 併せて確認しておきましょう。(ネット証券のIPO比較はこちら

情報展開のご協力をお願いします!

記事が役に立つと思ったらシェアして下さい

「IPO(新規公開株)」の関連リンク