手数料は現物取引と信用取引で違いますか?

更新日 2018年9月4日

このページの概要

「現物取引と信用取引で手数料は変わりますか?」のイメージ画像

詳しく解説

株式投資には ”自分の資産を対象とした現物取引” と, ”証券会社から資金などを借りてくる信用取引” の2種類があります。

現物取引は自分の資産の範囲内なので, 約定代金によってカテゴライズされた 手数料 を支払って完結します。 しかし 信用取引では 借入金の金利 や 貸株料 も支払わなくてはいけません。 自分の資産を超えた金額を取り扱うので それだけ多くの手数料が発生するのです。

信用取引については, 各社独自のルールが定められた 一般信用取引 もあります。

老舗の証券会社として有名な 松井証券 では, 投資家にとって有利な 一般信用取引が豊富 です。 金利などを節約する為の短期売買についても, この業者なら手数料を気にせずに取引できます。※松井証券の一般信用取引については↓
松井証券の一般信用:無期限信用取引
松井証券の一般信用:一日信用取引

様子を見ながら少しずつ信用取引を行うつもりならば, 1回あたりの手数料がお得ライブスター証券 です。 デイトレードのように1日に多くの取引をしない方にとっては, 1回の手数料が安い業者が向いています。 デバイスに応じた取引ツールが用意されているので, 空き時間にスマートフォンで取引を済ませることも可能です。

SBI証券 は, 現物取引と信用取引の両方において魅力的 です。 様々な投資家に対応できるだけの 手数料プラン が設定されており, 初心者からプロの投資家まで幅広く利用しています。 取り扱っている金融商品の数も多く, 状況に応じた投資運用を行えます。
※SBI証券の手数料の詳細は⇒ SBI証券の手数料ページ