サラリーマンが株式投資を副業にする方法

更新日 2017年12月22日

このページの概要

「サラリーマンが副業で株式投資を始める方法」のイメージ画像

詳しく解説

世界基準の資本主義的な考え方が主流となった現在では, サラリーマンにとっても今までと同じ 「働いているだけで良い」スタイルでは, 先行きの不安感から払拭できない時代になりました。

そんな時代だからこそ, 給与収入以外に収入を得られる 株式投資に目を向けて見ましょう。 ここでは サラリーマンが副業として株式投資を行う 考え方 や メリット を解説します。

副業としての株式投資

まず副業について考える

一言に副業と言っても色々あります。

サラリーマンは本業を持ち, 営業職でも, 技術職でも, 総務・事務職でも, それぞれ一定の能力をもっていますので リスクのある株式投資では無く, それらを活かせる 副業 を行うことも一つの方法です。

あまり意識はされませんが, 投資と投資以外の副業には大きな違いがあります。 「利益を上げるために何を投じるか」 の違いです。

投資は言葉の通り 「資産・資金を投じて利益を上げる」 もの。
アルバイトなどの投資以外の 副業 は本業と同じく 「労力・時間を投じて利益を上げる」 もの。

この点に大きな違いがあります。

副業の目的は どちらも本業外収入を獲得すること が目的ですので どちらを投じても良いですが, 投資にはサラリーマンにとって 他の副業には無い 大きなメリット があります。

副業として考える株式投資のメリット

これから上げる 投資のメリット は 株でも, FXでも, 共通のメリットですが 当サイトは 株をメインに扱っているサイト ですので, ここでは株式投資のメリットとして 一つづつ説明していきます。
※FXは兄弟サイト「FX比較.tokyo」をご覧ください。

株式投資のメリット:リターンが大きい

何度もご説明している通り, 株式投資には 資金・資産 が 投資額より下がってしまう 下落リスク があります。 会社の経営陣は当然お分かりですが, 会社の価値と言うのは 時価総額 (株価×発行株式数) で決まるからです。

ただ一方で 資本主義の中では, 労力よりも価値の高い資本を投じていますので 利益を上げた場合の収益額も大きい点は注目ポイントです。

以下は 日経平均・ドル円 の5年チャートです。

日経平均・ドル円のチャート

ご覧の通り, この3年の間に日経平均は2倍以上, ドル円は1.5倍以上 になっています。 もし 日経平均を1万円のときに投資を行うと 3年で2倍になったということです。 投じる資金が多ければ多いほど 利益も大きくなります。 この点も 投資以外の副業には無い点 です。

なお 日経平均などの代表的な経済指数は ETF (上場投信) などを通じて購入することができます。

株式投資のメリット:時間・場所の拘束が無い

サラリーマンは 本業で時間の拘束を受けていますので 時間的拘束の少ない副業の方が 長く続けられると思います。 また アルバイトのような就業地を限定した副業の場合, 本業の転勤などで副業が続けられなくなるようなケースもあるかも知れません。

株式投資では 上記のような時間的, 場所的な拘束はありません。 株式投資はいつどこでやるのも自由です。 これは サラリーマンにとっては大きなメリット です。

サラリーマンにオススメの証券会社は?

サラリーマンが 株式投資をするにあたって 大きなネックが取引時間です。 東京株式市場は 平日の9時~15時 と 一般の社会人の勤務時間 に取引が行われます。

そのため スマホなどを使って発注できる 取引アプリがある証券会社 が良いと思います。 証券会社比較.tokyo でご紹介しているネット証券は 端末に合わせた取引アプリを準備していますが, その中でも 松井証券 の 「株touch」 は完成度が高くオススメです。

また SBI証券PTS と呼ばれる時間外取引があり, 株式市場が開いていない 朝8:20 から 夜23:59 までの時間帯で取引できるため, サラリーマンには大変助かりますので サラリーマンの方には必需の証券口座 です。

情報展開のご協力をお願いします!

記事が役に立つと思ったらシェアして下さい

「株の投資スタイル」についての関連リンク

「業者のサービス比較&ランキング」の関連リンク