老後の生活の為に今できること

更新日 2017年3月29日

このページの概要

「老後に備えた株式運用」のイメージ画像

詳しく解説

高齢化社会となりましたが, 高齢者に対する生活支援 などは整備されている途中です。

それでいて, 後期高齢者医療制度に見られるように 今後は高齢者にも応分の負担を求める流れになっています。 若いうちに貯金をしていないと, 適切な治療を受けることすら困難になりつつあるのです。

定年退職の概念についても 同様に変化しつつあります。 公的年金の受給開始年齢の引き上げに伴い, 実質的な 定年退職の年齢 も上がってきたのです。

しかし 企業に定年退職の年齢を引き上げる義務はなく, 限られた雇用を大勢で奪い合う形になっています。 従来の 定年退職時に退職金を受け取れる 構図も崩れた為, 退職金と公的年金がアテにならない老後の生活に備えなければいけません。

老後に備えた投資運用

老後の生活の為に今できることは, 投資運用の経験を積んでおくことです。 高待遇の職場に雇われるのは難しくとも 証券会社に口座開設をすることなら誰にでもできます。

自己責任で投資運用を行って, 少しずつでも自分の資金を増やすノウハウを蓄積していくべきです。 頭が柔らかいうちに色々な投資運用を経験しておけば, 自分でお金を稼げる手段を持つことができます。

老後の備えでいま投資を始める理由

老後になってから始めれば十分だと考えていると, いざ投資運用を始めた時にうまくいかない恐れがあります。

なぜなら 自分でリスク管理をしていく行為は簡単ではなく, マスターするまでにそれなりの時間を要するからです。 それに あまり高齢になると 口座開設時の審査で断られてしまうケース もあります。

情報収集のためにも証券口座開設が重要

投資運用と一口に言っても, 金融商品によってまったく内容が異なります。 どのような金融商品があるのかを知るだけで時間がかかりますし, 自分のライフプランとのすり合わせもしなければいけません。

口座開設者しか閲覧できない投資情報を得る為にも, この機会に興味がある証券会社に口座開設をしておきましょう。(ネット証券会社の比較&ランキングはこちら

老後の備え、やるなら「今!」

平均寿命が伸びた現代社会では 老後の生活をどうするのかが大きな問題です。 そのため 勤務先での仕事に慣れてきた頃から, 自分の老後の生活について準備をしておく必要があります。

副業としても有効な株式投資を勉強するなどして 自分の人生を豊かにする方向へ舵を切るべき です。

生涯続けていける投資運用ならば, 誰にでも可能性があります。 公平な仕組みに基づいた取引環境があり, 証券会社に口座開設 をするだけでチャレンジできるのです。

自分自身でリスク管理をしなければいけない社会構造には, 投資運用によって 可能性を広げていくことで対処しましょう。

情報展開のご協力をお願いします!

記事が役に立つと思ったらシェアして下さい

「業者のサービス比較&ランキング」の関連リンク