老後の生活の為に今できること|投資と資産運用

更新日

このページの概要

「老後に備えた株式運用」のイメージ画像

詳しく解説

高齢化社会となりましたが、高齢者に対する生活支援などは整備されている途中です。

それでいて、後期高齢者医療制度に見られるように、高齢者にも応分の負担を求められます。 若いうちに貯金をしていないと、適切な治療を受けることすら困難になりつつあるのです。

定年退職の概念についても同様に変化しつつあります。 公的年金の受給開始年齢の引き上げに伴い、実質的な定年退職の年齢も上がってきたのです。

しかし企業に定年退職の年齢を引き上げる義務はなく、限られた雇用を大勢で奪い合う形になっています。従来の 定年退職時に退職金を受け取れる構図も崩れた為、退職金と公的年金がアテにならない老後の生活に備えなければいけません。

それでは、どのようにして老後の生活費を蓄えていけばいいのでしょうか。老後のお金と暮らしを考える上で、その資金の貯め方の一つとして「投資運用」があります

老後に備えた投資運用

「老後2000万円問題」に続き2020年3月の「コロナ禍」による影響で 若年層の口座開設が相次ぎました。資産運用として 老後の生活の為に今できることは、投資運用の経験を積んでおくことです。 高待遇の職場に雇われるのは難しくとも証券会社に口座開設をすることなら誰にでもできます。

自己責任で投資運用を行って、少しずつでも自分の資金を増やすノウハウを蓄積していくべきです。 頭が柔らかいうちに色々な投資運用を経験しておけば、自分でお金を稼げる手段を持つことができます。

老後の備えとして いま投資を始める理由

老後になってから始めれば十分だと考えていると、いざ投資運用を始めた時にうまくいかない恐れがあります。

なぜなら、自分でリスク管理をしていく行為は簡単ではなく、マスターするまでにそれなりの時間や経験を要するからです。それに あまり高齢になると口座開設時の審査で断られてしまうケースもあります。

そして、「投資」と聞いて身構えたり、リスクを考える方も多くいるはずです。しかし、それらは経験や様々な方法で最小限に抑えることも可能です。

初心者で 経験を身に着けたいのであれば、1株から購入できるミニ株(単元未満株)での投資などの、リスクを抑えて少額から始められる投資方法、現金を使わずポイントを使った投資など様々な方法があります。
さらに現在ではネオモバ(SBIネオモバイル証券)や、LINE証券といった初心者でもスマホだけで気軽に始められる証券会社も増えてきました。

こういった方法や証券会社を選択して、まずは投資知識を身につけるのも手だと思います。

また、投資といっても、事前に準備した資金を使って行うものだけではありません。投資信託などといった、毎月数千円から(なかでは100円から)コツコツと積立てていく投資運用方法もあります。

仮に、30代や40代で投資にまわす貯蓄がなくても、積立方式だと少ない資金からでも老後の資産として運用することができます。中でも、後述のiDeCo(イデコ)や、つみたてNISAといった口座はこの積立に特化した制度となり、老後の資産運用をお考えの方にはぴったりの内容となっています。

iDeCo(イデコ) , つみたてNISA(積立NISA)を活用しよう!

iDeCo(イデコ)つみたてNISA という言葉を聞いたことがありますか?これらは長期にわたる投資運用を大いに支援してくれる制度です。

個人型確定拠出年金とよばれるiDeCo(イデコ)は、自分で積立運用を行い、それを60歳以降に年金として受け取る私的年金制度の事です。もちろん公的年金とは別に支給され、さらに積立中の掛金はすべて所得控除の対象になることから、節税効果になるという面もあります。
※参考:iDeCoとは?メリット・デメリットを解説

一方で、つみたてNISAも、長期の積立投資を支援する制度です。こちらの対象商品は金融庁選定の投資信託のみで、投資枠年間120万/最長20年間まで投資利益が非課税対象となっています。

どちらにもメリット・デメリットがありますが、老後の資産運用を考えている方には、ぜひ知っておいてほしい制度となっています。
※参考:つみたてNISA/NISAとiDeCoの違いを比較

老後の備え、やるなら「今!」

平均寿命が伸びた現代社会では老後の生活をどうするのかが大きな問題です。 そのため 勤務先での仕事に慣れてきた頃から、自分の老後の生活について準備をしておく必要があります。

副業としても有効な株式投資を勉強するなどして自分の人生を豊かにする方向へ舵を切るべきです。

生涯続けていける投資運用ならば、誰にでも可能性があります。 公平な仕組みに基づいた取引環境があり、証券会社に口座開設をするだけでチャレンジできるのです。

自分自身でリスク管理をしなければいけない社会構造には、iDeCoなどの制度を利用し、投資運用によって可能性を広げていくことで対処しましょう。
iDeCoを始めるにはどこの証券会社がおすすめでしょうか?イデコを比較

iDeCo(イデコ)についての関連リンク

「ネット証券のサービス比較&ランキング」の関連リンク