貸株サービスを利用した個別銘柄では配当は受け取れないのですか?

更新日 2017年12月22日

このページの概要

詳しく解説

貸株サービスを利用した個別銘柄では, 原則的に配当金は受け取れません。 ただし 配当金の権利が確定する前に貸株から外せば, 株主として登録された状態になるので受け取れます。

貸株サービスを利用している個別銘柄の中で配当金を受け取りたいものがあったら, 忘れずに手続きをしておきましょう。 配当金目当てで株式投資をしている場合, かなり大きな違いとなります。

マネックス証券では, 忘れがちな配当金取得をサポートする為に「株主優待・配当金自動取得サービス」があります。

配当金について自動取得サービスを設定しておけば, 証券会社のシステムが自動的に配当金を受け取れるようにしてくれます。 なお 設定するタイミングによっては機能しないケースもあるので, 注意事項をよく読んでから利用するべきです。

貸株サービスを利用したままでも配当金相当額を受け取れるから, 自分にとって有利な方を選びましょう。

マネックス証券の詳細ページ

SBI証券においては, 「優待権利自動取得」というサービスがあります。

貸株サービスの利用中は配当金相当額を受け取れますが, 税金の関係などで配当金として受け取りたい場合は手動で貸株から外さなくてはいけません。 配当金を希望するのならば, 貸し出している個別銘柄の権利付最終日について自分自身で管理しておく必要があります。

SBI証券の詳細ページ

情報展開のご協力をお願いします!

記事が役に立つと思ったらシェアして下さい

「貸株サービス」の関連リンク