信用取引が出来る銘柄はネット証券会社ごとに違うのですか?

更新日

このページの概要

「ネット証券による信用取引の取り扱い銘柄の違い」のイメージ画像

詳しく解説

信用取引には, 制度信用取引と一般信用取引があります。この2つの制度での取扱銘柄について説明していきます。
※関連:制度信用取引と一般信用取引の違いは?

制度信用取引の取扱銘柄

制度信用取引については, どの証券会社でも同じ銘柄 となります。

制度信用取引は、各証券取引所によって定めらたルールで行う取引のため 取引所選定の銘柄が対象となっています。
また、返済期間も6ヵ月と決められてるのも 制度信用の特徴です。

制度信用は銘柄は限られるものの、金利などのコストが安い といったメリットがあります。

一般信用取引の取扱銘柄

逆に一般信用取引は 証券会社各社によって定められたルールに従って行う信用取引の事です。つまり証券各社によって大きく違いがあります

特に 信用取引の売建て可能銘柄 は一般信用取引に力を入れているネット証券会社 と そうではない会社 によってかなり違います。 対象銘柄が多いという事は つまり ”他の人が信用売りできない銘柄を信用売り出来る” わけですから, 投資の選択肢が広がる という事に繋がります。
※参考:信用取引銘柄が多い証券会社はどこ?

さらに SBI証券の「HYPER空売り」, 楽天証券の「特別空売り」, 松井証券の「プレミアム空売り」, マネックス証券の「スペシャル空売り」は 一般信用取引でも 新興市場銘柄や上場したての銘柄など 通常信用売りできない銘柄を空売りできるサービスを行っています。

投資運用として株式売買を行っていく場合, 信用取引も織り交ぜていくことになります。 信用取引のメリットである信用売りによって株価下落でもポジションを取れるようになれば, 株式市場に振り回されない投資スタイルができるのです。

初心者でもわかる!信用取引に関するQ&A

各証券会社で 信用取引できる銘柄はなぜ違うのですか?

一般信用取引の場合、証券各社が定めたルールにのっとって信用取引を行うため 各社によって銘柄が異なります
東証など 取引所によるルールで行う制度信用は 各証券会社での銘柄の違いはありません。

信用取引できる銘柄が多い証券会社はどこですか?

SBI証券楽天証券auカブコム証券が信用売りできる銘柄が多いです。特にSBI証券の「HYPER空売り」などといった上場したての銘柄や新興市場銘柄など 他社では空売りできない銘柄を取り扱うサービスをもつ業者もあります。

各社の信用取引サービスについてはネット証券の一般信用取引をサービス・コストで比較で詳しく解説しています。