口座保有に費用は発生しますか?

更新日 2019年10月30日

このページの概要

「口座保有に費用は発生しますか?」のイメージ画像

詳しく解説

原則的に、口座保有に費用は発生しません。証券会社では取引時の手数料が主な収入源となっており, 口座保有については費用がかからないケースが多く見られます。 証券会社比較.tokyo でご紹介している証券口座も もちろん口座保有は無料です(※ネオモバ除く)。

予め証券会社に口座開設をしておけば、余剰資金ができた時にすぐ投資運用にチャレンジできます。口座開設の手続きには1週間程度の時間がかかるので、余裕がある時に行っておきましょう。

複数の証券会社に口座を持っておくのも、いざという時のリスクヘッジなどで有効です。メイン口座として人気のSBI証券(or楽天証券)に特徴的なサービスを持っている松井証券(orマネックス証券)と高機能ツールを持つカブドットコム証券(or岡三オンライン)などそれぞれ違った組み合わせがオススメです。

証券会社の口座は、金融商品の種類によって複数存在しています。初回の口座開設によって得られる総合口座では、国内株といった一般的な金融商品を幅広く取り扱っています。米国株などの高いリスクがある金融商品については、規約を理解した上で外国証券取引口座のような別口座を開設しなければいけません。

総合口座の画面上から簡単に手続きができるので、必要に応じて専門的な口座を開設しましょう。

保有費以外では、取引の際に手数料が発生します。それぞれの証券会社によって手数料が異なるため、口座開設の際は手数料を比較して開設することをおすすめします。
ネット証券の手数料を比較

なお、手数料については変更される可能性があるので、口座開設時には忘れずに確認しておくべきです。

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)の口座保有について

基本的にネット証券の口座保有は無料の業者が多いですが、SBIネオモバイル証券(ネオモバ)については、口座保有費用について抑えておくべき注意点があります。

ネオモバでは、通常の株取引手数料が月額制になっており、月額料金で取引し放題という他のネット証券とは異なるサービスを展開しています。月額料金だけで取引し放題というのはネオモバの最大のメリットなのですが、ここで注意しておくことは、取引がなくても月額料金がかかってしまうという点です。つまり、ネオモバだけは口座保有に費用が掛かるという事になります。

ただ、あらかじめ取引がないとわかっていれば、事前にサービスの一時停止ができ、それにより月額料金の発生を防ぐこともできます。
参考:SBIネオモバイル証券(ネオモバ)の月額料金制度