元本保証がされていない投資運用の注意点

更新日 2017年3月29日

このページの概要

「株式投資の注意点」のイメージ画像

詳しく解説

投資運用では 自分の資産の一部によって 金融商品を購入します。 原則的には 金融商品が値上がりした時に売却する ことで, 購入金額との差額が利益になるのです。

そのため 運用実績によっては 投資資金より減少してしまうケースもあります。

こういった金融商品のことを「元本保証がない」と表現しており, 証券会社 の口座開設でも リスク説明として提示されます。

銀行の定期預金とは違うので, どういった状況になると損益が発生するのかを 必ず理解しておきましょう。

電子交付書はちゃんと読みましょう

金融商品取引法によって 金融商品を取り扱っている 証券会社 などには 投資家への説明が義務づけられています。 したがって 知らないうちに 元本保証がない金融商品を購入させられる心配はありません。

どういったリスクがあるのかを説明した書類については 全て読んでから同意しましょう。

証券会社の口座開設時においても 複数の電子書類が表示されます。 オンライン上での同意なのですが, 紙の書類に押印したのと同等の効力があるので慎重に行うべきです。

「元本保証が無いこと」を正しく理解する

証券会社で販売している金融商品は 元本保証がないものが中心です。 しかし, 比較的リスクが低い金融商品もあるので, 投資家側が正しく内容を理解していれば問題ありません。

株式投資では 多くの方が知っている大手企業の銘柄を売買する選択肢もあります。 その企業の決算日などを持ち越すことで, 配当 や 株主優待 を受け取れるのも大きなメリットです。

取引に関する判断は投資家本人の責任(自己責任の原則) となりますが, 証券会社が原因である損失については, 補償される可能性があります。

具体的なケースについては口座開設時の規約によるので, しっかり読んでおきましょう。 なお 規約は法律改正によって変更されることが多く, その都度同意しなければ取引を継続できません。

インターネットの普及により オンライン取引が主流となりました。 営業マンに連絡しなくても 株式の売買などが可能になったので, 幅広い年代の方が投資運用を始めています。

証券会社のホームページだけではなく, 丁寧に応対してくれるヘルプデスクもあるので安心です。 取引画面については, システムが稼働していれば 24時間いつでもアクセスできます。

元本保証がないということは 自分の成長によって パフォーマンスを向上させられる ことでもあります。

証券会社の総合口座では, 銀行では扱っていない 投資信託 なども購入できるのでお得です。 臨機応変な投資運用が可能になるので, 口座開設によって本格的な投資家デビューをしてみましょう。

総合力で選ぶ人気のネット証券ランキング

情報展開のご協力をお願いします!

記事が役に立つと思ったらシェアして下さい

「株取引」についての関連リンク

「業者のサービス比較&ランキング」の関連リンク