ネット証券のトレードツールを比較&おすすめのランキング

更新日 2019年12月13日

トレードツールはネット証券会社の大事な差別ポイント!

取引ツール比較&ランキング

トレードツール比較&ランキングのトップ画像

店頭証券とは違い、インターネット取引がメインのネット証券にとってはトレードツールは各社のWebサイトと同じく、投資家と株式をつなぐ数少ない接点です。

そのため、ネット証券各社ではより使い勝手が良くより豊富な機能・情報を持つ取引ツールになるように開発を行っています。

トレードツールは各社独自性が出やすく、注文機能や板情報、チャート機能など様々な比較要素があります。当サイトではご自分にあったトレーディングツールを選んで頂けるようにネット証券各社のツールを詳細に比較&ランキング致します。

是非、今後のトレードに役に立つツールをお探し下さい。

証券会社のデスクトップ型取引ツール比較一覧

COMPARISON

ここで紹介しているツールは、発注からチャート・板情報・ニュースなどを全て搭載したトレーディングツールです。
※各証券のホームページでみれるWebサイト(ブラウザ)型のものではなく、ダウンロード型のツールを比較しています

トレードツール比較 _ HYPER SBI (SBI証券)

SBI証券の「HYPER SBI」

「HYPER SBI(ハイパー SBI)」の特徴の一つが板情報の使いやすさ。板画面から新規注文、注文訂正、取消のいずれもドラッグ&ドロップのマウス操作をするだけで実行できるのはアクティブトレーダー向けと言えそうです。ちなみにSBI証券曰く、「ネット証券で初導入された機能」とのことです。

また、「HYPER SBI」では個別銘柄の20年分のチャートを見ることができます。過去どのようなチャートの動きをしていたかで株価の動きを推理するのに役に立つと思います。またニュースも個別銘柄ごとに分類していますのでそこもメリットですね。

「銘柄登録」機能が1,000銘柄までできる点も便利です。気になる銘柄はどんどん登録してウォッチしておきましょう!

HYPER SBI : ツール機能を比べる

SBI証券の「HYPER SBI」
会社名
SBI証券
SBI証券
Webチャート名
「 HYPER SBI 」
利用料 無料利用条件
550円/月 ■1ヶ月無料利用条件
1)前月の第1営業日〜前月末の最終営業日(約定日ベース)に国内株式(PTS取引(SBI PTS)、単元未満株含む)の約定が合計1回以上
2)前月末の最終営業日、17時時点で円貨建取引の電子交付サービスをご選択、ご利用。
※1)2)全ての条件を満たした方。
■無期限利用条件
「信用取引口座」or「先物・オプション取引口座」を開設している方。
チャート注文 板注文
× 板の画面に注文状況が表示され、ドラック&ドロップで訂正が可能。マウスだけで新規注文・訂正・取り消しのいずれも行うことができてとても便利。
個別銘柄以外の指数レート
■指数先物:日経225先物、ミニ日経225先物、TOPIX先物、長期国債先物
■オプション:日経225オプション(コール/プット)
■海外指標:NYダウ・NASDAQ・英FTSETM100・独DAX30・香港ハンセン・SGX日経平均先物・フィラデルフィア半導体指数・インターネット指数/AMEX・CRB指数
■コモディティ系:WTI原油先物・金、銀、銅先物(COMEX)
■為替通貨:33通貨ペア
チャートタイプ
ローソク足・4本足・ラインチャート・P&F・逆時計曲線・新値足(三本)・価格帯別出来高チャート
テクニカル指標 描写ツール
40種類 19種類
比較チャート 同時比較可能銘柄
個別銘柄・株式指数・為替の比較可能(最大3つまで) 海外指数や為替の各通貨、金・原油等のコモディティのチャートとも比較可能
サブツール1 サブツール2
SBI証券にはサブツール(デスクトップ用)が見つかりませんでした。 SBI証券にはサブツール(デスクトップ用)が見つかりませんでした。

トレードツール比較 _ MARKET SPEED (楽天証券)

指数レート表示数が非常に豊富で先物オプション系、エネルギー系、コモディティ系、通貨ペアなど多種多様な指数レートを表示できます。

最短2クリックで発注ができる「スーパークイック注文」は株の取引ツールでは最短と言って良いと思います。アクティブトレーダーの方にとっては注文の早さは利益に直結する問題ですので非常にメリットがあると思います。

チャート上にコメントやアイコンを設置することが出来ますので過去のニュースや一言メモなどに活用できます。過去の情報は忘れがちですが、投資家にとってトレードの振り返りは非常に重要です。

MARKET SPEED : ツール機能を比べる

楽天証券の「MARKET SPEED」
会社名
楽天証券
楽天証券
Webチャート名
「 MARKET SPEED (マーケットスピード) 」
利用料 無料利用条件
無料
チャート注文 板注文
チャート上で右クリックして発注画面へ選択可能 板画面をダブルクリックで注文画面へ遷移
個別銘柄以外の指数レート
■指数先物オプション系:日経225先物(円建・ドル建)、ミニ日経225先物、E-mini S&P、E-mini S&P MidCap400、E-mini S&P SmallCap600、E-mini NASDAQ-100、E-mini Dow、SGX S&P CNX Nifty Index Futures、SGX MSCI Taiwan Index Futures、SGX FTSE China A50 Index Futures
■エネルギー:Light Sweet Crude Oil(WTI)、E-mini Light Sweet Crude Oil(WTI)、Natural Gas(Henry Hub)、E-mini Natural Gas(Henry Hub)
■コモディティ系:Gold、miNY Gold、E-micro Gold、Silver、miNY Silver、Copper、E-mini Copper、Corn、Mini-Sized Corn、Wheat、Mini-Sized Wheat、Soybeans、Mini-Sized Soybean
■海外指数:NYダウ・NASDAQ指数・NASDAQ100・S&P 500・S&P100
■為替通貨:52通貨ペア
チャートタイプ
ローソク足・平均足・ポイント&フィギュア・新値足・逆ウォッチ曲線
テクニカル指標 描写ツール
21種類 5種類
比較チャート 同時比較可能銘柄
個別銘柄・株式指数の比較可能(最大4つまで) 海外指標や為替の各通貨のチャートとも比較可能
サブツール1 サブツール2
■MARKET SPEED NANO(マーケットスピードナノ)
コンパクトなガジェットツール。個別銘柄の現在値、前日比を確認でき且つ、注文も可能なツール。
■リアルタイムスプレッドシート
RSSで「市況情報」「先物OP市況情報」をエクセルに取り込めるツール

トレードツール比較 _ kabu STATION (auカブコム証券)

auカブコム証券の「kabu STATION(カブステーション)」

「kabu STATION」の非常に特徴的な機能として取引所と同等の板寄せ処理をリアルタイムで行い実現した「リアルタイム株価予測」と言うサービスです。寄り前には予想値上がり率、予想売買高等、立会中には高安乖離率等、引け前には予想引値上がり率等をの各種ランキングが見れる機能です。特に寄り前の成行数量買差分なんかはとてもとても気になる情報ですね。 ※「リアルタイム株価予測」はフル板オプションの申込が必要です。

また、「四季報」を閲覧することができます。このサービスは素直にうれしいです。

その他にも、事前に複数の注文をバケットにいれておいて一括して発注する「バケット注文」があります。これは特徴的な機能だと思います。

kabu STATION : ツール機能を比べる

auカブコム証券(旧カブドットコム証券)の「kabu STATION」
会社名
auカブコム証券
auカブコム証券
Webチャート名
「 kabu STATION (kabuステーション) 」
利用料 無料利用条件
990円/月額 ■無料利用条件
1)当社全取引における約定回数が1回以上で翌月無料
2)お申込日の前営業日(継続は前月末)のお預り資産100万円以上で翌月無料
3)先物オプション、FX、取引所CFDいずれかの口座を新規開設すると翌月無料
■原則無期限無料利用条件
「信用取引口座」を開設している方。
チャート注文 板注文
チャート上でのレート部分をクリックすることでその値段で指値注文が発注できる。慣れると便利な機能 発注したい板価格をクリックして数量入力で即発注が可能。スピード重視のアクティブトレーダーにオススメ
個別銘柄以外の指数レート
■先物/オプション:日経225先物、ミニ日経225先物、日経225オプション、TOPIX先物、TOPIX先物ミニ、東証REIT指数先物、TOPIX Core30先物
■海外指数:NYダウ
■為替通貨:11通貨(レートのみ)
チャートタイプ
ローソク足・新値足・P&F・ライン
テクニカル指標 描写ツール
27種類 3種類
比較チャート 同時比較可能銘柄
サブツール1 サブツール2
■kabuカルテ
登録した銘柄と相性の良いテクニカル指標を判別してくれる診断ツールです。わたし含め、テクニカルを好きの個人投資家には嬉しいサービスですね。その他「ロスカット診断」「シグナルチャート」機能などもあります。「kabuカルテ」は口座開設すると無料で利用できます。
■kabuスコープ
テクニカル指標(13種類)、条件設定(22通り)を選択してバックテストすることでパフォーマンスの良い銘柄を表示してくれるツール。こちらも口座開設すると無料で利用できますので「kabuカルテ」と合わせてどうぞ!
GMOクリック証券の「スーパーはっちゅう君」」

トレードツール比較 _ スーパーはっちゅう君 (GMOクリック証券)

GMOクリック証券の「スーパーはっちゅう君」も板注文機能は強化しているようです。やはり積極的にトレードをしてくれる投資家向けにサービス拡充してるのでしょうね。

「信用スピード注文」は信用取引がワンクリックだけで発注できる点がメリットです。成行注文ですので若干注意が必要ですが、スピード感を持って信用取引が出来るため、これもオススメです。

板情報は各社用意していますが、ツール含めて完全無料で利用できる点が最大のメリットとも言えます。口座開設して「スーパーはっちゅう君」をダウンロードすればすぐに利用可能ですよ!

スーパーはっちゅう君 : ツール機能を比べる

GMOクリック証券の「スーパーはっちゅう君」
会社名
GMOクリック証券
GMOクリック証券
Webチャート名
「 スーパーはっちゅう君 」
利用料 無料利用条件
無料
チャート注文 板注文
× 注文条件を設定しておけば、板画面からダブルクリックだけで発注可能。また訂正もドラック&ドロップで完了。一括取り消しボタンもあり。
個別銘柄以外の指数レート
■先物/オプション:日経225先物、ミニ日経225先物、日経225オプション(コール/プット)
チャートタイプ
ローソク足、ローソク足-変形、バーチャート(始,高,安,終)、バーチャート(高,安,終)、ラインチャート、ローソクボリューム、エクイボリューム、ポイント・アンド・フィギア、カギ足、練行足、新値足、逆ウォッチ曲線
テクニカル指標 描写ツール
30種類 14種類
比較チャート 同時比較可能銘柄
個別銘柄の比較可能(最大5つまで)
ただチャートが重なって比較するタイプではなく、下に表示するタイプのため、少し比較しづらい
個別銘柄のみ(別ウィンドウでは日経225先物や各種指数が確認可能)
サブツール1 サブツール2
■レーザートレード
ブラウザ型の取引ツールでIEだけでは無くMACでも利用可能な点が特徴。レート、チャート、注文など取引ツールとしての基本機能を有しているツール。口座開設していれば利用料無料

トレードツール比較 _ マネックストレーダー (マネックス証券)

マネックス証券の「マネックストレーダー」

おすすめは、マネックストレーダーの「Trading One」機能。この機能は、一画面に銘柄情報(板・チャート・ニュースなど)を表示させる機能で、ページを移動することなくすべての情報を一目で得られます。この画面上から注文できる点も、大変便利です。

板からのワンクリックで発注可能な「スピード注文」や「2WAY注文」ももちろん可能。

他にもおすすめポイントはありますが、やはりマネックス証券の口座開設ユーザにはツール利用料が無料なのが最大のメリットでは無いでしょうか。

マネックストレーダー : ツール機能を比べる

マネックス証券の「マネックストレーダー」
会社名
マネックス証券
マネックス証券
Webチャート名
「 マネックストレーダー 」
利用料 無料利用条件
無料
チャート注文 板注文
Trading one機能でチャートを表示させて注文が可能 Trading one機能で板情報を表示させて注文が可能
個別銘柄以外の指数レート
現物:日経225、TOPIX、JPX400、2部指数、大型株指数、中型株指数、小型株指数、マザーズ、REAT、旧TPX、コア30、ラージ70、TX100、TX400、TX500

先物/オプション:日経225先物、ミニ日経225先物、日経225オプション
※先物については「板情報」「先物気配」も閲覧可能
※オプションについては、コール/プットの取引状況・板情報も閲覧可能
チャートタイプ
ローソク足(通常・変形)・バーチャート(4本値・高安終)・ラインチャート・ローソクボリューム・エクイボリューム・P&F・カギ足・練行足・新値足・逆ウォッチ曲線
テクニカル指標 描写ツール
42種類 14種類
比較チャート 同時比較可能銘柄
銘柄・指数を比較可能(最大4つまで) 指数や為替情報も可能
サブツール1 サブツール2
■日本版トレードステーション
米国株トレードツール「トレードステーション」日本版。
■MONEX ViSION β
金融工学理論での資産管理ツール。マネックス証券以外の資産も管理可。

トレードツール比較 _ ネットストック・ハイスピード (松井証券)

松井証券の「ネットストックハイスピード」

他のネット証券会社でも導入している「スピード注文」、最短1秒間隔で更新できる「自動更新機能」、信用取引の建玉を一括で成行返済できる「一括返済注文機能」などは専業トレーダー向けのサービスでしょう。

上で専業向けと言いつつもそこは松井証券、初心者ユーザにもフォローを忘れていません。「ネットストック・ハイスピード」にはシンプルな取引画面に変換できる「株式Trading Center」と言う機能があります。さすが松井証券ですね。

他にもおすすめポイントはありますが、やはり松井証券の口座開設ユーザには利用料が無料なのが最大のメリットと言えます。

ネットストック・ハイスピード : ツール機能を比べる

松井証券の「ネットストック・ハイスピード」
会社名
松井証券
松井証券
Webチャート名
「 ネットストック・ハイスピード 」
利用料 無料利用条件
無料
チャート注文 板注文
× 注文条件を設定しておけば、板画面からダブルクリックだけで発注可能。また訂正もドラック&ドロップで完了。一括取り消しボタンもあり。
個別銘柄以外の指数レート
■先物/オプション:日経225先物、ミニ日経225先物、日経225オプション
■海外指数:ハンセン指数・H株指数・上海総合指数・上海B株・台湾加権・レッドチップ指数・深センB株・H株指数・DAX(独)・CAC40(仏)・NYダウ工業株30種・S&P500・ナスダック総合・ブラジルBOVESPA・豪AORD指数・ベトナムVN指数
チャートタイプ
ローソク足(通常・変形)・バーチャート(4本値・高安終)・ライン・ローソクボリューム・エクイボリューム・ポイント&フィギア・カギ足・練行く足・新値足・逆ウォッチ曲線
テクニカル指標 描写ツール
28種類 26種類
比較チャート 同時比較可能銘柄
個別銘柄の比較可能(最大5つまで)
ただチャートが重なって比較するタイプではなく、下に表示するタイプのため、少し比較しづらい
個別銘柄のみ(別ウィンドウでは日経225先物や各種指数が確認可能)
サブツール1 サブツール2
■無料ツール
※松井証券には多数のツールを提供していますので一口メモ的に記載します。こちらは全て口座開設で無料利用可能です。
・ネットストック・スマート:注文発注・情報収集が可能な初心者向けのブラウザツール
・株touch:スマートフォン向けの、株取引、先物・オプション取引用アプリ
・株価ボード:登録した銘柄の株価情報を自動更新で一覧できるツール
・上場投信ガイド:希望の投資対象を選択すると上場投信(ETF)、不動産投資信託(REIT)の銘柄が自動的に抽出されるツール
・株価教えて! by 松井証券:スマートスピーカーで使える、株価、銘柄ランキング、レポートなどを音声で教えてくれるサービス。
■有料ツール
※松井証券には多数のツールを提供していますので一口メモ的に記載します。こちらは有料のツールです。
・ネットストックトレーダー:リアルタイム株価情報の更新機能が特徴の取引ツール
・ネットストックトレーダー・プレミアム:ネットストックトレーダーの高機能版トレードツール
・松井証券ディーリング・ブラウザ:「ネットストックトレーダー」、「ネットストックトレーダー・プレミアム」とは別の多機能トレードツール

トレードツール比較 _ 岡三ネットレーダープレミアム (岡三オンライン証券)

岡三オンライン証券の「岡三ネットトレーダー」

岡三のトレードツールは、何よりも投資に必要な情報がこれでもかと詰め込まれているという点です。国内は当然、海外のマニアックな株価指数、株式ランキングの充実など他社には無いようなランキングが多いです。

岡三ネットレーダープレミアム : ツール機能を比べる

岡三オンライン証券の「岡三ネットレーダープレミアム」
会社名
岡三オンライン証券
岡三オンライン証券
Webチャート名
「 岡三ネットレーダープレミアム 」
利用料 無料利用条件
無料
チャート注文 板注文
   日本株・先物とも、ダブルクリックなどの操作ですばやく注文・取消・訂正が可能。 マウスジェスチャ設定も可。
個別銘柄以外の指数レート
現物:日経225、TOPIX、JPX日経平均400、マザーズ、REAT、JASDAQ、Jストック、日経平均VI、TOPIX-CORE30、TOPIX100、NYダウ、NASDAQ、CRB指数、香港ハンセン指数、香港H株指数、香港レッドチップ指数、台湾加権指数、ジャカルタ総合指数、ベトナムVN指数、ブラジルボヘスパ指数、ロシアRTS指数、ムンバイSENSEX指数、豪AORD指数、トルコISE100指数、CAC400、テルアビブ100指数、ヨルダンアンマン指数、サウジアラビアタダウル全株指数、クウェイト株式市場指数、オマーンマスカットMSM30指数、バーレーン全株指数、エジプトヘルメス指数、モロッコCFG25種指数

先物/オプション:日経平均先物 期近、ダウ先物 期近、長期国債先物 期近、超長期国債先物 期近、日経225先物取引、ミニ日経225先物取引、CME日経平均先物(USD建)、CME日経平均先物(円建)、WTI原油先物
※先物については「板情報」「先物気配」も閲覧可能
※オプションについては, コール/プットの取引状況・板情報も閲覧可能

] 為替:33通貨
チャートタイプ
ローソク足・Tick・P&F・新値足・逆ウォッチ曲線
テクニカル指標 描写ツール
21種類 9種類
比較チャート 同時比較可能銘柄
銘柄・指標・為替の比較可能(最大4つまで比較可能) 海外指標・為替情報も可能
サブツール1 サブツール2
■岡三ネットトレーダーWEB2
PC・スマホ・タブレット対応の取引ツール。情報収集から注文機能まで、「使いやすさ」追求のシンプルなツールです。
■岡三かんたん発注
文字が大きく見やすい画面、操作しやすい大き目なボタンなど「とにかく簡単に注文できる」という点において特化したツール。

トレードツール比較 _ livestar R2 (ライブスター証券)

ライブスター証券の「livestar R2」

「livestar R2」は、板発注に加え、チャート上からの右クリック発注なども便利で使いやすい機能をもつトレードツール。OCO注文やIFDO注文などの特殊注文もでき、発注機能が便利な印象です。

livestar R2 : ツール機能を比べる

ライブスター証券の「livestar R2」
会社名
ライブスター証券
ライブスター証券
Webチャート名
「 livestar R2 」
利用料 無料利用条件
無料
チャート注文 板注文
1画面にて発注枚数登録から板値段をダブルクリックで発注可
個別銘柄以外の指数レート
現物:日経225、TOPIX、2部指数、大型株指数、中型株指数、小型株指数、マザーズ、REAT、旧TPX、コア30、ラージ70、TX100、TX400、TX500、スモール、T1000、日経JQ平均、JQ指数、Jストック、Jスタンダード、Jグロス、JQT20、業種別指数

先物/オプション:日経225先物、ミニ日経225先物、日経225オプション
※先物については「板情報」「先物気配」も閲覧可能
※オプションについては、コール/プットの取引状況・板情報も閲覧可能
チャートタイプ
ローソク足・ローソク足-変形・バーチャート(始,高,安,終)・バーチャート(高,安,終)・ラインチャート・ローソクボリューム・エクイボリューム・ポイント・アンド・フィギア・カギ足・練行足・新値足・逆ウォッチ曲線
テクニカル指標 描写ツール
9種類 9種類
比較チャート 同時比較可能銘柄
× 個別銘柄のみ(別タブで日経225先物や各種指数が確認可)
サブツール1 サブツール2
■livestar Quick情報
株価指数一覧、ニュース、個別銘柄の基本データが閲覧可能。ポートフォリオ機能やスクリーニング機能もあり、livestar R2と同時に起動も可。
■株価ボード
最大100銘柄の銘柄登録が可能。4本値、気配版形式で株価の一覧、発注画面の表示もできます。

■先物・OPボード
日経225先物の直近2限月、日経225miniの直近5限月の価格情報、日経225オプションの気配一覧の確認が可能。

トレードツール比較 _ DMM株 PRO (DMM株)

DMM株の「DMM株 PRO」

国内株・米国株対応のスタイリッシュかつ取引特化のトレードツール。取引画面のカスタマイズや2,000銘柄まで登録できるお気に入り機能が便利。

DMM株 PRO : ツール機能を比べる

DMM株の「DMM株 PRO」
会社名
DMM株
DMM株
Webチャート名
「 DMM株 PRO 」
利用料 無料利用条件
無料
チャート注文 板注文
× 1画面にて発注枚数登録から板値段をダブルクリックで発注可
個別銘柄以外の指数レート
現物:日経平均、TOPX、マザーズ、JASDAQ総合、ジャスダック平均、2部指数
チャートタイプ
Tick・ローソク足・ライン
テクニカル指標 描写ツール
27種類 1種類
比較チャート 同時比較可能銘柄
× 個別銘柄以外にも国内主要指数も選択可能
サブツール1 サブツール2

初心者でもすぐわかる!「株のトレードツール(PC)」に関するQ&A

株の取引ツールとはどのようなものですか?

取引ツールとは、注文から銘柄情報、ニュースまで、株取引の情報収集から発注が行えるトレードツールの事です。各証券会社では、それぞれ特徴のあるツールを提供しています。

このページでは、PCでダウンロードして使用するリッチクライアント型のトレードツールを、それぞれの機能・利用条件などを比較して掲載していますので、口座開設の際にぜひ参考にしてみてください。

取引ツールは無料で使えますか?

ネット証券によって異なりますが、無料で利用できるツールも多いです。

楽天証券の「MARKET SPEED(マーケットスピード)1,2」、GMOクリック証券の「スーパーはっちゅう君」、マネックス証券の「マーケットステーション」、松井証券の「ネットストック・ハイスピード」などは、口座開設だけで無料で使用できます。

また、SBI証券の「HYPER SBI」は月額550円、auカブコムの「kabuステーション」は月額990円で利用可能となっていますが、どちらも無料条件があり、それを満たすと0円で使用できます。

株のトレードツールとは?|株取引の様々なツールを整理しよう

その他にも、株式のツールと一口に言っても色々な種類があります。大きく分類するだけでもA~Dの分類ができると思います。なお当サイトではこの分類ごとに比較ページを用意していますのでそれぞれリンクも設置します。ご自分が探したいツールをまずはここでご選択下さい。

A.デスクトップ(PC)用のトレードツール

発注、チャート、板情報、ニュースなどを全て搭載したトレーディングツールになります。ここではWebサイト(ブラウザ)型のものでは無く、リッチクライアント(ダウンロード)型の取引ツールを指します。

デスクトップ(PC)用の取引ツールをお探しの方は引き続き同ページをご利用下さい。
トレードツール比較に戻る

B.スマートフォンorモバイル向けアプリ

スマホやモバイル系のアプリです。これはデスクトップ用の取引アプリと同じく、注文、チャート、ニュースなど機能一式がつめ込まれたアプリです。最近は入出金までこのアプリで完了できる証券口座もあります。

スマートフォンorモバイル向けアプリをお探しの方はこちら
スマホ比較&ランキング

C.Webチャート特化系のソフト

こちらはA、Bとは違いチャート機能に特化した別ソフトです。各種のテクニカル表示や比較チャート、描写ツールなど銘柄チャートを分析する際に利用するソフトになります。ソフトとは書いていますが、ほとんどの証券口座ではWebブラウザ上で利用します。

Webチャート分析ソフトをお探しの方はこちら
株のチャートソフトを比較&ランキング

D.銘柄検索・スクリーニング特化型のツール

これは各種のオススメの銘柄や有望銘柄を探す機能に特化したツールになります。各社により機能が違いますが、大まかには各種の個別銘柄検索機能とランキング機能の2つが合体したツールになります。こちらもC.と同じくWebブラウザ上で利用するタイプが多くあります。

銘柄検索・スクリーニングツールをお探しの方はこちら
スクリーニング・銘柄検索比較&ランキング