証券会社を選ぶ4つのポイント|初心者向きの証券会社の選び方は?

更新日

「証券会社を選ぶ4つのポイント|証券会社の選び方」のイメージ画像

株取引を行う上で必ず必要となる証券会社への口座開設
証券会社によって「手数料」や買える株、商品などは大きく異なってきますが、では どこに注目して選べばよいのでしょうか?

このページでは 株取引の第一歩となる口座開設のために 「証券会社を選ぶポイント」 を解説していきます。

口座開設について

株式投資を始めよう!と思ったら まずは何をすればよいのでしょうか?

それは「証券口座」の開設になります。

東証などの取引所で取り扱っている株は 証券会社で注文・取引をすることができます。
直接 取引所で株を買うことはできず、証券会社を通して取引をしなければなりません。

そのため、株式投資を行うには証券会社で口座を開設することが必須となります。

総合証券とネット証券

証券会社といっても、証券会社には銀行のように店舗を構え 営業マンを介して株取引を行う「総合証券」と、店舗がなく インターネットで自分で判断して株取引を行う「ネット証券」の2種類があります。
※参考:「総合証券」と「ネット証券」の違いとは?

どちらにもメリット・デメリットはありますが 当サイトでは取引コストを最大限に抑えることができるという理由からネット証券をおすすめしています。

証券会社を選ぶ4つのポイント

では実際に証券会社を選ぶうえで抑えておきたい4つのポイントを解説していきます。

信頼性・安全性で選ぶ
手数料・取引コストで選ぶ
取扱商品で選ぶ
分析力・情報力で選ぶ

信頼性・安全性で選ぶ

ネット証券 といっても安全性は大丈夫なの?という方は 口座開設数や自己資本規制比率など信頼性を参考にしてみましょう。

口座数や自己資本規制比率は 各証券会社のホームページで公開されています。

当サイトの初心者おすすめランキング1位の SBI証券 は、500万口座とネット証券最大の口座数とシェアを誇り、多くの投資家に愛用されているのがわかります。
※参考:証券口座のシェアが多いネット証券は?

手数料・取引コストで選ぶ

例えば 短期で利益を上げるには こまめに売り買いするため、どうしても取引回数が多くなってしまいます。
このため手数料が高いと 手数料分損をしてしまうので なるべく安い手数料の業者で取引を行うことをおすすめします。

ネット証券では 現物株の取引手数料から信用取引の手数料・金利、米国株手数料など 常に手数料競争が行われています。ネット証券の手数料を比較・ランキング

取扱商品で選ぶ

取引できる商品数も証券会社によって違います。

「東証のみ」の取扱や「東証・名証・福証・札証」の4取引所の銘柄を取引できる証券会社もあります。

国内の個別銘柄だけでなく、投資信託や米国株・中国株などの海外株、金や先物といった商品も取り扱う証券会社を選択肢に入れておくべきです。
特にIPO(新規上場株)は証券各社によって取扱実績も大きく異なります。ネット証券の総合力を比較

分析力・情報力で選ぶ

長期で運用を考えている方は、分析力で選ぶのもポイントの一つ。

短期トレーダーに比べ、長期保有がメインとなるので取引回数が少ないため 手数料はそこまで気にする必要はないと思います。
手数料よりも、企業銘柄が今どのような業績なのか・今後どうなるのかを分析するため「分析力」に優れたツールや情報量で選んでみましょう。

証券会社によってチャート分析機能や、情報の配信量、銘柄検索機能などが異なります。専用のツールやアプリを提供している業者や、中には証券独自のレポートも配信している業者もあります。ネット証券のトレードツールを比較&おすすめランキング

ネット証券を選ぶポイントで比較

当サイトに掲載しているネット証券を、それぞれ上記の項目で比較してみました。※各評価(◎◯△×)は著者の私感です

ネット証券を選ぶポイントで比較
証券会社名 信頼性・安全性 手数料・取引コスト 取扱商品 分析力・情報力

SBI証券


ネット証券最多の口座数とシェア率!
【 〇 】
1日定額制なら50万円まで手数料0円!

国内4取引所の銘柄に、投信、外国株、金、先物など多くの金融商品を取扱!IPO実績も豊富
【 〇 】
スマホアプリ、PCツールとも高機能かつ初心者でも使いやすい

楽天証券


SBI証券に次ぐ口座数!
【 〇 】
1日定額制なら50万円まで手数料0円!
【 〇 】
投資信託数が豊富
【 〇 】
スマホアプリ、PCツールとも高機能かつ無料で使える

auカブコム証券


MUFJ系列の大型証券
【 〇 】
信用取引が一律0円!
【 △ 】
信用取引売り銘柄は多いが、外国株の取扱がない

スクリーニング機能が秀逸!詳しい銘柄検索が可能

GMOクリック証券

【 〇 】
GMOグループによる証券
【 〇 】
信用取引が一律0円!
【 △ 】
現物株は東証のみの取扱
【 〇 】
取引ツールの他、チャートツール、検索ツールなどサブツールが充実

マネックス証券

【 〇 】
主要ネット証券の一つ
【 △ 】
取引手数料は他の証券と比べるとやや高め
【 〇 】
総合的な商品の取扱は少ないが、米国株の取扱数がネット証券最多

ファンダメンタル系の銘柄検索機能が充実しており、アナリスト評価なども検索できる、スクリーニングはおすすめ

松井証券


老舗証券!
【 〇 】
50万円まで手数料0円!(1日定額制のみ)
【 △ 】
国内4取引所の銘柄を取扱。ただし外国株の取扱はなし

描写・テクニカル種・比較などチャートツールが有能

ライブスター証券

【 〇 】
手数料特化のネット証券

ネット証券最安の手数料
【 △ 】
現物株は東証のみの取扱。投信も厳選された2本のみ。
【 〇 】
無料で使えるPCツール,スマホアプリあり。

岡三オンライン証券

【 〇 】
岡三証券傘下のネット証券
【 〇 】
1日定額制なら50万円まで手数料0円!
【 〇 】
現物株は国内4取引所の銘柄を取扱。

取引ツールが高機能。分析からスクリーニングまで 多くの投資家が愛用するトレードツールが使える。また、アナリストも豊富で情報力にも力を入れている印象。

DMM株

【 〇 】
DMMグループによるネット証券

ネット証券最安の手数料
【 〇 】
現物株国内4取引所の銘柄と米国株を取扱
【 〇 】
無料で使えるPCツール,スマホアプリあり。どちらのツールも米国株取引にも対応している点はおすすめ

SBIネオモバイル証券

【 〇 】
SBIグループによるスマホ特化・少額投資向きの証券

月220円(税込)で取引手数料0円(月間計50万円まで)。Tポイントも利用可能
【 △ 】
国内株式のみ
【 × 】
分析ツールなどは無し

複数口座を開設してみよう

証券会社にはそれぞれ特色があります。
メイン口座の場合はしっかりと比較して開設しましょう。

サブ口座としていくつか口座をもつのもおすすめです。※管理人も複数証券口座を持っています。

複数口座を持つメリットとしては「ツールの使い分けができる」「IPOに当選しやすくなる(※参考:IPOの当選確率を上げる方法)」といった点が挙げられます。
サブ口座はメイン口座とは違った色をもつ口座を開けてみましょう!

ただし ほとんどの証券会社で口座開設・維持費は無料なので あまり慎重にならなくても大丈夫です。

当サイトでは、その他にも 株取引の各サービスごとの比較&ランキング調査を行っています。
口座開設の際に ぜひ参考にしてみてください!

「ネット証券のサービス比較&ランキング」の関連リンク

「証券会社の選び方,口座開設」に関するQ&A

証券会社はどこを選んでも同じですか?

証券会社によって「手数料」や「取扱商品」,「取引ツールに力を入れているか(分析力)」「どういった情報を配信しているのか」など 各業者によって大きく異なります。

特に手数料は株取引をするうえで必要な取引コストになるので 各社の手数料は事前に確認しておきましょう。

おすすめの証券会社はどこですか?

当サイトの初心者ランキングで1位の SBI証券 がおすすめです。

国内4取引所の銘柄、投資信託数、外国株などの取扱商品数から、スマホアプリやツール、NISA/積立NISAといったサービスまで どれも充実した内容で ネット証券最大の口座数・シェア率を誇っています。

ちなみに当サイトでは以下のランキングでSBI証券が1位を獲得しています。

【当サイト内のSBI証券ランキング】
ネット証券ランキング:総合1位
NISA比較ランキング:1位
つみたてNISA比較ランキング:1位
スマホアプリランキング:1位
ニュース・アナリストレポート比較ランキング:1位

口座開設に必要なものは何ですか?

マイナンバー+本人確認書類(免許証など)があればスマホもしくはPCから口座開設が行えます。
マイナンバーカードがあれば その1枚のみで申し込み可能です。

※参考:SBI証券の口座開設の手順・流れ

早く取引がしたいです。すぐ口座が開設できる証券会社はありますか?

マイナンバーカードとスマホがあれば以下の証券会社で最短翌営業日に口座開設・取引が可能です。

最短 翌日に取引可能なネット証券

マイナンバーカードの写真と自分の顔写真を撮影して本人確認をすれば 郵送物の受け取りなく オンラインのみで申し込みを完結することができます。

この記事を書いた人

証券会社比較.tokyoの著者

瓜生 勝(うりう まさる)

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
みんなの株式 ネット証券比較プロデューサー
みんなの株式,Yahooファイナンス,株探,株マップ,IFISの比較コンテンツ作成。その他 JPX,TFX,インヴァスト証券,マネックス証券,岡三オンライン証券などの特集記事作成も経験。

「株式投資」全般についての関連リンク