銀行連携サービス「SBIハイブリット預金」で お得に株式投資♪

更新日

SBI証券の「SBIハイブリット預金」

ハイブリット預金で取引を有利に!

「SBI証券の銀行連携」のイメージ画像

銀行業のグループ会社「住信SBIネット銀行」と連携することでそれぞれの口座に対してのメリットを受けれるサービスをSBI証券では実施しています。

ここでは銀行口座-証券口座の連携サービスである「SBIハイブリット預金」の嬉しいメリットをご紹介します。

SBI証券のおすすめ「SBIハイブリット預金」

「 SBIハイブリット預金 」とは?

SBIグループには証券業をメインとするご存知「SBI証券」と銀行業をメインとする「住信SBIネット銀行」があり、それぞれの口座を連携させることで単独で口座保有する以上の独自サービスが受けれる「SBIハイブリッド預金」と言うサービスがあります。

これは大小様々なサービスを含んだ複合サービスの総称で銀行口座側・証券口座側のどちらにもメリットが複数存在するありがたいサービスです。

どんな嬉しいメリットがあるのか、公式HPで調べて見ましたのでここで一部ご紹介したいと思います。

「SBIハイブリット預金」のメリット:【銀行口座】が嬉しくなるポイント

最初は「SBIハイブリット預金」を活用することで住信SBIネット銀行の口座(銀行口座)が嬉しくなるポイントです。主なポイント・メリットとしては以下の3つがあります。

1.通常より預金金利が高い
-直接的に嬉しいポイントとしてまずSBIハイブリット預金の年利は普通預金と比べ、円普通預金が0.001%であればSBIハイブリッド預金では0.010%と、約10倍高い年利が設定されています。
超低金利時代とは言え、長年預金することを考えるとこの金利差はかなり嬉しいのではないでしょうか。

2.利払いが毎月
-利払いも通常は年2回ですが、毎月払いとなっています。毎月 第三土曜日に計算され、翌日に入金されます。利払いが年2回から年12回になるのは大きなメリットの一つです。

3.他行宛の「振込手数料」が最大月15回まで無料
-個人の方への限定サービスのようですが、月の利用状況によりランク付けされ、ランクに応じてATM・振込手数料の無料回数が決まります。最大月15回までATM利用手数料と振込手数料が無料になります。もちろん自社間の振込はいつでも無料です。

「SBIハイブリット預金」のメリット:【証券口座】が嬉しくなるポイント

SBIハイブリット預金では銀行口座に続いて証券口座にも嬉しいメリットがあります。いずれも万が一の時に助けてくれると言うありがたいサービスです。

1.預かり金自動スィープサービス
-SBIハイブリット預金は証券口座としても利用することができますので当然、株式購入時には買付余力として使うことが出来ます。

2.アグリゲーションサービス
-住信SBIネット銀行でSBI証券の株式などの残高を表示させることができるサービスです。銀行口座と証券口座を同時に管理できるのは、連携サービスならではの内容です。

3.追加保証金等自動振替サービス
-事前申込みが必要ですが、信用取引において追加保証金が必要となった場合にSBIハイブリット預金を利用しておくと自動的に住信SBIネット銀行代表口座からSBI証券の証券口座に入金できます。もしものときのサービスとして重宝しますね。

SBI証券:銀行連携サービスの口コミ・評判

証券会社比較.tokyo で収集した口コミ・評判の中から SBI証券の住信SBIネット銀行連携サービス に関する クチコミ を抜粋します。

・ 利用者の評価:★★★★☆(4.0/5.0)

40代男性のクチコミ

系列のSBI銀行と入出金がスピーディでわかりやすい。

また、株式を含む合計資産管理もSBI銀行と連携できるので、便利です。

40代男性のクチコミ

SBI証券 は 住信SBIネット銀行 も併せて開設して, ハイブリッド口座を作るのがオススメです。

ハイブリッド口座に預けておくと, SBI証券での買い付けに残高が利用出来るだけでなく, 預金口座としては結構高めの利息も付きます。 平時には 流動資金をハイブリッド口座に置いて利息をもらいつつ ジックリ機会を伺って, 急落時に優良銘柄に買いを入れるのが良いでしょう。

「SBI証券の口コミ・評判」をもっと見る

この記事を書いた人

証券会社比較.tokyoの著者

瓜生 勝(うりう まさる)

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
みんなの株式 ネット証券比較プロデューサー
みんなの株式,Yahooファイナンス,株探,株マップ,IFISの比較コンテンツ作成。その他 JPX,TFX,インヴァスト証券,マネックス証券,岡三オンライン証券などの特集記事作成も経験。

SBI証券の評判へ戻る