SBI証券の「つみたてNISA」おすすめポイント!

更新日 2019年10月23日

SBI証券の「つみたてNISA」

ネット証券最多数の対象銘柄

「SBI証券のつみたてNISA」のイメージ画像

2018年度よりスタートした非課税制度「つみたてNISA(積立NISA)」。 つみたてNISAは、金融庁が定めた基準を満たした投資信託が購入対象となっています。 なかでもSBI証券は、購入対象の銘柄数がネット証券で最多数となっている、つみたてNSIA口座でおすすめのネット証券の一つです。

このページでは SBI証券のつみたてNISA(ニーサ) の取組をご説明します。

SBI証券のおすすめ「つみたてNISA (積立NISA)」

SBI証券の積立NISA

つみたてNISAは、対象の投資信託が最長20年・年間40万円が非課税で購入・積立できる制度です。 つみたてNISAで購入できる投資信託はすべてノーロード(買付手数料0円)ですが、各ネット証券によって購入できる銘柄数や、積立方式が異なります。 それでは、SBI証券のつみたてNISAのサービス詳細を記載します。

※ネット証券各社のつみたてNISA(積立NISA)サービスについては↓で詳細に掲載しています。 つみたてNISA(積立NISA)比較&おすすめランキング

ネット証券最多数の対象銘柄数

SBI証券の積立NISA対象購入投資信託数

SBI証券 のつみたてNISA口座で購入できる投資信託数は152銘柄と、ネット証券内では 楽天証券の「つみたてNISA」 と並び、最多数となっています。 費用や投資指標、運用方針などで細かく検索できるようになっており、投資先やインデックス・アクティブ、信託報酬率など、お好きな商品から選べるのはSBI証券のつみたてNISAの強みだと思います。

アプリで運用管理

SBI証券のつみたてNISAは、投信積立用のスマホアプリ「かんたん積立アプリ」で運用管理ができます。 自分に合った投資信託スタイルの診断、資産運用管理画面の見やすさ、積立日設定など、SBI証券で投資信託を購入すならおすすめのアプリです。

動画セミナー

SBI証券のサイトでは、つみたてNISAの活用動画セミナーが公開されています。つみたて投資攻略法や、外国株式インデックスファンドの解説など初心者におすすめの動画セミナーです。

つみたてNISAのサービスも充実しており、さすが ネット証券総合ランキング No.1の業者だと思います。
つみたてNISA以外でも、国内現物取引、 IPO などもおすすめの内容なので、SBI証券で口座を開けておけばオールマイティに対応する事ができると思いますよ。
評価担当: (著者)